FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
戦場体験放映保存の会公式サイト「戦場体験史料館・電子版」に、沖縄戦特設ページが開設されました。
沖縄戦展in大阪直後、6月23日の沖縄慰霊の日に合わせたスタートです。

こちら↓から直接特設ページを開けます。
http://www.jvvap.jp/exlist_okinawa.html

沖縄戦展で展示したパネルをほとんどご覧になることが出来ます。
パネルはかなりのダイジェスト版です。証言の全体をもっと詳しくまとめた詳細ページ(こちらは通常の証言者ごとのページです。)も随時整備していきます。

展示で壁に貼ってあるものを全部読むのは大変という方、こちらをごらんください。
展示パネルの貸出も行っていますので、ご希望の方は戦場体験放映保存の会事務局までお問い合わせください。
もとのパネルはA2縦サイズです。
こちらも開催中の展示です。

長年にわたり沖縄で遺骨収集を続けてこられた国吉勇さんが2016年3月で引退されることになりました。
これまでの活動の成果の一端が見える展示が行われます。
先月関西沖縄文庫で行われた展示が、今週いっぱいまで立命館大学国際平和ミュージアムでご覧になれます。

◆◆◆

立命館大学国際平和ミュージアム 第101回ミニ企画展示
遺品の語る沖縄戦 ―遺骨収容家・国吉勇

【会期】
2016年6月4日(土)~6月26日(日)
9:30~16:30(入館は16:00まで)
※月曜休館

【会場】
立命館大学国際平和ミュージアム2階 ミニ企画展示室

【参観料】
大人500円、中・高生300円(250円)、小学生200円(150円)
※上記( )内は20名以上の団体料金です。 ※常設展もあわせて見学いただけます。
※立命館で学ぶ人、働く人は無料です。
※特別展「世界報道写真展2016」の期間中は、大人の参観料が500円となります。(団体料金適用はありません)

【主催】
国吉勇応援会

【共催】
灘校生徒会有志
立命館大学国際平和ミュージアム

立命館大学国際平和ミュージアムHP
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/index.html
今日は沖縄慰霊の日です。
大阪に来てくださったゲストのお2人はじめ、たくさんの方が、戦没者追悼と明日に向けての誓いを分かち合われることと思います。

沖縄戦展in大阪の熱も冷めやらぬところ、保存の会は次の山を登り始めます。
6月の拡大事務局会議を、今週末に行います。

事務局からのメールを転載します。

◆◆◆

早速ですが次の週末の拡大事務局会議のご案内です。
◆拡大事務局会議
【日時】 2016年6月26日(日) 13時半より2時間程度
【場所】 戦場体験放映保存の会 事務所
【議題】
 沖縄戦展の振り返り
 中之島集会について
  ・登壇候補者について
  ・シンポジウムについて
   パネリストがまだ具体的になっていませんが
   今回の沖縄戦展をつうじてシンポの方向性が固まってきました
  ・今後のスケジュール作成と役割分担
   特に広報について、および登壇者の原稿作成について相談したいと思います

特に参加資格はないのはいつもどおりです。
議題に興味のある方はどなたでもご参加下さい
5月からやっているのになかなかお知らせできずにすみません。

ピースあいちで、今年も沖縄に関する展示が開催されています。
最近聞いたお話の内容と近いところがあるようで、とても気になります。

「企画展」 2016年沖縄展
ー 辺野古から沖縄・日本を考える ー

【期間】  5月24日(火)~7月2日(土) 11:00~16:00 ※日・月は休館日。
【会場】  ピースあいち 展示室 (3F)
【入館料】  大人 300円 、小中高生 100円(通常の入館料金です。)  
【展示構成】
 第1部  辺野古基地問題ってなに ?
 第2部  なぜ沖縄にたくさんの米軍基地があるの ?
 第3部  日米安保条約と沖縄
 第4部  沖縄経済と米軍基地
 第5部  国家権力が沖縄に強いてきた犠牲と差別
 第6部  沖縄の平和な未来を展望して

【同時開催】   
石川文洋写真展・辺野古
開場  ピースあいち 2階 プチ・ギャラリー

ピースあいち
HP:http://peace-aichi.com/
保存の会とtwitter相互フォロー中
@peaceaichi
沖縄慰霊の日をひかえたこの時期、沖縄はもちろん、本土でも沖縄戦関連のイベントがいろいろと行われています。

全ての女子学徒隊と異例の旅をした広島経済大学岡本貞雄ゼミナールは、昨日6月20日から、江田島市立江田島中学校で「オキナワを歩く」の展示を行っています。
慰霊の日の23日には、岡本先生と学生たちによる講演会が行われるようです。

毎年ゼミの卒業旅行として沖縄へ行き、カロリーメイトとポカリスエットのみで歩いて慰霊巡拝をする「オキナワを歩く」。今年で10回を数えました。
これまで、東京、広島、沖縄で展示と講演が行われています。本土の人たちが沖縄で沖縄戦のイベントをやれるというのはすごいことだと思います。
今年は、地元であり、海軍兵学校のあった江田島での展示。これもまたすごいことだと思います。
中学校なので、そんなにオープンなものではなさそうですが、ひとまず日程を紹介します。

「オキナワを歩く」写真展
 6月20日(月)~25日(土)

講演会
6月23日(木)11:45~12:35(4限目)
対象:3学年47名
ゲストティーチャー:広島経済大学岡本貞雄教授と学生3名

講演会というより、出前授業のようなものでしょうか。
取材はOKのようですので、地元の新聞やテレビには出るのだろうと思います。

大学のゼミだからというのはありますが、自主的・手弁当のボランティアといえる活動です。
注目していきたいところです。