FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
「第4回 あの戦場体験を語り継ぐ集い」登壇者特集です。
第1部登壇順に、登壇者の方を紹介しつつ、日比谷証言集会を振り返ります。
登壇者2人目は、元偵察機パイロット青木蔵男さんです。

青木蔵男さん

青木蔵男さん

スクリーンの画像です。
青木蔵男さんスライド

1938(昭和13)年、海軍に志願。横須賀海兵団に通信兵として入団。
海軍通信学校卒業後、駆逐艦「潮」に乗艦。
1940(昭和15)年1月、第49期偵察練習生として鈴鹿海軍航空隊に入隊。9ヶ月間射撃、爆撃、通信、航法などの教育を受けました。
偵察練習生を卒業後、館山海軍航空隊、大村海軍航空隊を経て同年12月、第11期中攻講習員として木更津海軍航空隊へ。96式陸上攻撃機に搭乗。
1941(昭和16)年12月に南鳥島へ進出。ここで12月8日を迎え、真珠湾攻撃後の哨戒にあたります。
1942(昭和17)年10月、第6海軍航空隊の所属でラバウルに進出。当初陸上偵察機に乗っていましたが、96陸攻の輸送機型が配属されてこれに電信員として乗ることになりました。
1943(昭和18)年4月18日、山本五十六長官機撃墜。このとき、長官機に乗り切れなかった人員を乗せ、長官機に続いてブインに飛んでいました。しかし、先に飛んだはずの長官機は着いておらず、やがて撃墜されたという情報が入ります。長官機の生存者も乗せてラバウルへ戻ると、山本長官撃墜の件は決して口外しないようにと緘口令が出ます。
1944(昭和19)年4月、希望を聞かれ第一線残留希望を告げたところ、逆に内地へ転勤することに。
1945(昭和20)年、三沢基地で終戦を迎えた後、8月29日、大湊の参謀長を乗せて三沢から横須賀まで飛んだのが最後の飛行となりました。

熟練の航空兵という経歴。さらに山本五十六長官撃墜のとき、最も近いところにいらっしゃったことになります。
当日の証言は、やはり全体を通した内容。入りきれなかったエピソードがまだまだたくさんあるはずです。
壇上でも、さすがの堂々としたお話ぶりでした。
一方、開演前の舞台裏では、若手ボランティア相手にニコニコお話されていたようです。

青木さんの経歴やエピソードは、保存の会公式twitterにつぶやきがありますので、そちらもご覧ください。
「第4回 あの戦場体験を語り継ぐ集い」登壇者特集です。
第1部登壇順に、登壇者の方を紹介しつつ、日比谷証言集会を振り返ります。
いよいよ本来の意味での登壇者の方々に入ります。
トップバッターはシベリア抑留体験者の猪熊得郎さんです。

hibiya5-1.jpg

hibiya5-2.jpg

以下はスクリーンの画像です。
pawapo-inokuma.jpg 若き日の猪熊さん

司会のところでも書きましたが、猪熊得郎さんは過去3回の日比谷証言集会では司会を務めてくださっていました。
(株)ユニモトの映画『語らずに死ねるか』の主演格ともなっておられるように、「語らずに死ねるか」という言葉を最も頻繁に使われている方でしょう。

猪熊さんの略歴です。
●1944年(昭和19年)
 旧制中学3年の時に15歳で陸軍特別幹部候補生に志願
●同年4月8日、水戸陸軍航空通信学校長岡教育隊に入隊。陸軍特別幹部候補生陸軍一等兵となる。
 同年12月、教育課程修了。
●1945年(昭和20年)2月、日立常陸教導飛行師団の水戸東飛行場に配属
  同年2月16、17日、米海軍戦闘機の空襲を受ける。
●同年4月、関東軍の第二航空軍第22対空無線隊(中国の新京)に転属
 新京~吉林省の敦化飛行場にて陽動無線の任務に就く。新京~敦化~新京~8月15日 公主嶺飛行場に到着。
● 8月17日、2日遅れてようやく停戦命令を傍受。
  ソ連軍の侵攻、直前八路軍と満州軍の反乱、そして日本軍内の混乱を体験。
▼ 武装解除、ソ連軍の管理下入り、9月17日、シベリア鉄道でアムール州シワキ収容所で2年、その後ポシエット~クラスキノ~ウオロシーロフ~ナホトカと沿海州の収容所に移動。
●1947年(昭和22年)11月28日、ナホトカを出航。12月2日に舞鶴に着。
父親は前年に亡くなり、兄は「回天特攻隊員(人間魚雷)」白龍隊員として戦死。
出撃前のお兄さんと会って、お兄さんは海軍式の、猪熊さんは陸軍式の敬礼をして別れた、というエピソードがあります。
シベリアに抑留される過程でアムール川を渡ったのが、17歳の誕生日のことでした。

当日は、全体を通した内容をお話しいただきました。
水戸東飛行場で空襲で四散した同年兵の死体を確認する様子や、シベリアで抑留された仲間が亡くなっていく様子・・・
4分間という時間制限がないときには、敗戦直後の混乱の様子やシベリア抑留中死んだ仲間や危篤になった仲間の持ち物を争うように分けたこと等もお話しになります。

3年ほど前脳梗塞で倒れられてから、以前のように保存の会や様々な集まりに参加することは難しくなられましたが、しっかりとした口調は衰えていないようです。
8月23日のシベリアデーの式典でもご挨拶されています。
壇上につきそってくださった息子さんはじめ、ご家族がいらっしゃっていました。

保存の会発足のころから長く支えてきていただいており、当日は締めの呼びかけも務めていただきました。

ご自身で、ブログ「少年兵兄弟の無念」を書かれています。
http://shounen-hei.blogspot.jp/
猪熊さんの証言概要は「戦場体験史料館・電子版」に掲載されています。併せてご覧いただければと思います。
今日は戦場体験史料館で収録会が行われました。
登戸研究所のもの他のイベントもあったのですが、私も結局収録会に参加しました。

体験者の方は、長野県松本市から、息子さんとお孫さんの送迎でお越しくださいました。それぞれ別々にお住まいですが、とても仲がよさそう。
中学校卒業後東京に出て、仕事をしながら大学まで出られています。
1943(昭和18)年10月、本来の大学卒業の半年前に、陸軍特別操縦見習士官第1期に志願。約1年で一通りの訓練を受けて、少尉に任官とほぼ同時に特攻隊の命も受けます。
1944(昭和19)年11月、フィリピン方面の特攻としてマニラに向かうことになります。
鹿児島から沖縄方面に飛行中、機体が故障し、エンジンも止まってほぼ墜落状態となりながら命を取りとめました。
しばらく沖縄の病院(医務室)にいた後、日赤病院へ。その後、船橋の病院を経て、翌1945(昭和20)年11月に原隊復帰予定で自宅療養中に終戦。
特攻としては初期のころで、特攻隊を希望するかの調査をする上官や送り出す側も「敵と共に死ね」と言うことにためらいがあったようだということでした。
貴重なお話をありがとうございました。

保存の会のほうは、日比谷証言集会でボランティア希望表明のあった女性2人が参加。こちらも「見習い」です。質問等にも参加してもらいました。
終了後、聞き取りのポイント、注意すること等ざっと説明。
今後は、体験者の方のご自宅での聞き取りメインでおつきあいいただくことになります。

証言の内容については、報告が上がる予定ですので、改めて掲載したいと思います。
直前告知です。
昨日書いたお知らせと完全にダブルブッキングですが、キャパ等を考慮の上予定を立てられることをお勧めします。(戦場体験史料館のほうは、収録会の場合はがんばって10人ぐらいまでだと思います。)

元登戸研究所関係者による証言会

【日時】
 2015年10月24日(土)13:00~14:30
【会場】
 明治大学生田キャンパス中央校舎6階メディアホール(定員280名)
【証言予定者】
 ◎會津保進氏:元第四科所属。1944年~45年に少年工員として爆弾 を製造。敗戦後の登戸での証拠隠蔽作業にも携わる。
 ◎栗山武雄氏:元第四科所属。1941年~45年春まで機械工場に勤務。 兵庫県小川村への疎開作業にも携わり、小川村にて終戦 を迎えた。
 ◎正地次男氏:元第三科所属。1939年~45年に登戸研究所に勤務し、 敗戦後の偽札製造の証拠隠滅作業にも携わる。
 ◎三上峰緒氏:1942年~45年に元陸軍兵器行政本部制式課所属タイ ピスト。1945年5月以降、登戸研究所の場所に疎開した。
【インタビュアー】
 渡辺賢二文学部講師、山田朗館長

明治大学平和教育登戸研究所
http://www.meiji.ac.jp/noborito/index.html

明治大学生田キャンパスにある「明治大学平和教育登戸研究所史料館」では、「NOBORITO1945―登戸研究所 70年前の真実―」という企画展が行われています。
その関係イベントとして、登戸研究所で勤務されていた方々による証言会が開催されます。
この情報は10月7日発行の『平和教育登戸研究所資料館だより』第12号をもとにしています。

登戸研究所資料館には、日比谷証言集会のチラシをけっこうな枚数置かせていただきましたので、勝手に宣伝しております。
記念講演会や展示解説会等も開催されるようですので、またお知らせしたいと思います。
昨日は日比谷証言集会登壇者特集について少々語りましたが、今日はお知らせを書きます。

今週末10月24日(土)、久しぶりに戦場体験史料館での収録会です。
メーリングリストに流れた情報は以下のとおりです。

日時:10月24日(土)13:00~
場所:戦場体験放資料館
緒言者:小野 正(おの・あきら)さん
    1921年6月生
略歴:陸軍飛行士団・少尉
   戦闘機・隼に搭乗してB29を迎撃

沖縄方面への特攻にも出られているようです。
状況はわかりませんが、長野県からお越しくださるとのこと。

日比谷証言集会でボランティア希望して来られた新人さんにも聞き取り体験してもらいます。
けっこう大所帯になるようなので、参加したい方は一度保存の会事務局に電話を入れてみたほうがよいかもしれません。

日比谷証言集会から早1ヶ月以上。
すっかり日常の活動に戻って来たなあというかんじがします。