あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
8月も最終日となりました。
戦後70年の8月が終わります。

あんまりいいことではないかもしれませんが、新聞も取っていないしテレビも持っていない私の場合、この夏の戦争報道に世間一般程触れていないはずです。
常にそれらに囲まれている事務局メンバーは、「吐くほど戦争特集をやっている」と表現していました。
もっとも、私も、チラシを置いてもらうためにいろいろな市区の資料館や公民館を回って戦争展を見たので、そういう方面では自ら戦後70年の発信に踏み込んでいった面はあります。当ブログを書いているために、毎日必ず戦争のことを思い出す生活ではありますが、この夏は何かものすごいものを抱え込んだような気がします。

あの大戦を、様々なところで見つめなおした年。
それだけ取り上げられて然るべきだというのは間違いありません。
ただ・・・と、言わんとすることはおそらくわかると思いますが。
これが夏の終わりとともにすーっと引いていくのではないかと、私は危惧しています。
戦後70年は確かに大きな節目の年であり、分岐点であるでしょう。
それが、「最後の花火」のようになってはならない。そう思います。

そういう意味もあって、日比谷証言集会は9月に設定しているのですが、これさえも、「最後の花火」に見えるようなことがあってはいけません。
おそらく、日比谷公会堂でこれだけの体験者の方が集まる証言集会を行うことは、最後になるでしょう。
しかし、だからこそ、ここから先のことを、体験者の方々といろいろな世代の若手が一緒に考えていく。そのための場だと思っています。
戦後の何かから脱却するとかそういうことではなく、どうやってもあの戦争の経験を土台に現在が作られているということを認めて、ことあるごとに向かい合うことが必要なのではないかと思います。吐くほど毎日山ほどでなくていいから。

昨日、登壇予定の方と原稿をつくるためにお会いしましたが、その方は「ご飯を食べようとするとき、必ずあのときのことを思い出します」とおっしゃっていました。
若手の多くは、そういうことを身をもって体験することはないでしょう。少なくとも、ご飯を炊く煙を狙って爆撃されることを恐れるようなことはないはずです。
だから、本当にその体験をわかることはできないけれども、少なくとも、その隔たりに向かい合うべきではないかと思うのです。
その方はまたおっしゃいました。「戦後70年特集をたくさん見たけれど、なんであんな戦争をしないといけなかったのかはどうしてもわからなかった」「あんな戦争をしたというのは世界中みんなわかってるのに、なんで今も戦争をするかね」と。
それは、日比谷公会堂で語られることはおそらくないだろうと思うけれども、その方の奥底から出てくる思いなのだと思います。
それに対して、歴史についての知識から少しは答えるけれども、そのどうしようもない軽さに気分のほうは重くなりました。
それでも、そのかんじを受け止め続けなければ。

個人的な感覚ですが、そう思いました。
なんだかんだ言って、結局この8月の終わりに感きわまっているのでしょうか。
スポンサーサイト
保存の会公式twitterで、日比谷証言集会の登壇者の方々の紹介が始まっています。
これは、当日までの残り日数が登壇者の方の人数並になったということでもあります。
司会の中島裕さんを皮切りに、毎日お1人ずつ(ときにはお2人)、登壇される戦場体験者の方々のプロフィールをつぶやいていくということです。

当ブログ右サイドにも最新ツイートが表示されるようになっていますが、新しいものほど上になりますので、公式twitterを開いてそれぞれの方の紹介の最初から読まれることをお勧めします。

保存の会公式twitter
https://twitter.com/JvvapJP

日比谷証言集会の檀上では、「一番話したい体験」に絞ってお話しいただくため、大戦全体を通したその方の体験は別のところでお伝えします。
当日配布資料にもそれぞれの方の略年表のようなものは掲載します。
公式twitter版は、保存の会メンバーが「今日はこんな話を聞いてきた」と報告するときのような形になっています。保存の会の日々の一コマも感じていただければと思います。

ぜひ予習をしながら、当日にご期待ください。
保存の会の会報『戦場体験史料館つうしん』、随時発送しております。
一昨日のラジオ「新聞の戦争責任」を聞いて、フライングはいかんと思ったので、あえてぶっちゃけますが、「発送完了」ではありません。すみません。
昨日も第一便が出た後、まだ三つ折り作業をしていましたが、なぜかBGMが映画『野火』(※1959年、市川崑監督のほう)でした。
小説版は高校時代に読みましたが、私が一番気になったシーンは、映画にはなかったような?
一緒に作業していた日比谷証言集会実行委員長に、今年発表のほうの『野火』(塚本晋也監督)を勧めまくられました。
そんな現状です。
それでも来週中には皆様のお手元に届くはずです。

そんな略して「つうしん」第19号は、日比谷証言集会のご案内と、6月に開催した沖縄戦展の報告が全てです。
当初の発行予定から1ヶ月以上遅れましたが、ついに会員の皆様と、今年の2大イベントのことを共有できることになります。
日比谷証言集会登壇予定の方々が、「つうしん」にはお名前も載っています。
沖縄戦展でパネルにした証言のとても大まかな内容に加え、ご覧になった方々の感想を一部紹介させていただきました。
日比谷証言集会への激励メッセージも一部掲載させていただいています。どうしても参加できない方も熱い応援をしてくださっています。こうした方々の分まで、参加できる方はぜひご参加いただきたいです。
日比谷証言集会は当日までほぼあと3週間となっています。
千人以上のご来場をいただいた沖縄戦展の熱気を再び思い出しつつ、日比谷証言集会の成功に全力をあげていきましょう。

日比谷証言集会まで あと22日
日比谷証言集会でご登壇いただく方々を紹介します。
お名前の公表はまだ控えさせていただき(登壇順等決定してから発表予定です)、どういう体験の方々かということをお知らせします。年齢とどちらからお越しかということも、併せてお伝えします。年齢は当日付です。

・91歳 学徒出陣、内地、戦中の日比谷公会堂の思い出、大阪より参加
・94歳 太平洋戦争開戦時タイに上陸、ビルマ、徳島よりお孫さんと参加
・95歳 ビルマ(北部)
・96歳 ニューギニア、戦闘と飢餓
・94歳 フィリピン・ミンダナオ、飢餓とジャングルの彷徨
・88歳 パラオ・コロール島、パラオ高等女学校、野戦病院の手伝い
・93歳 中国北部、八路軍との戦闘
・90歳 中国北部、敗戦後に八路軍の攻撃で負傷、八路軍の野戦病院で治療復員
・93歳 中国中部~南部、静岡より参加
・90歳 中国、行軍・徴発の話
・92歳 中国北部、満州、トルクメニスタン抑留
・92歳 偵察員、ラバウル、トラック
・91歳 偵察員、特攻
・91歳 陸士出身、フィリピン、台湾、最前線に行きたがった自分
・89歳 海兵出身、特攻
・87歳 少年兵について、満州、シベリア抑留
・88歳 駆逐艦・磯風、レイテ沖海戦、沖縄特攻作戦
・86歳 少年飛行兵志願、爆雷特攻
・81歳 沖縄戦、当時国民学校4年生、沖縄より参加
・92歳 仙台空襲で片足を失う、傷痍軍人としての活動
・91歳 東京大空襲訴訟団原告

なお、中島裕さん(89歳 満州、シベリア抑留)に司会をお願いしています。
保存の会公式twitterより

1:11 - 2015年8月27日
本日22時40分ごろからTBSラジオで「新聞の戦争責任」。朝日の上丸洋一さん(「新聞と戦争」著者)と毎日の栗原俊雄さんが話をされます。以前のシンポジウムでお世話になった上丸さんと、9月20日のシンポでお世話になる栗原さんの競演。観覧席はないんですか?!

◆◆◆

直前も直前の当日告知ですが、保存の会公式twitter、記念すべき100個目のツイートは以上のようなものでした。
本日=8月27日(木)です。

以前のシンポジウムというのは、戦後65年の年の第1回全国キャラバン報告会の後のシンポジウムです。
ちょうど5年の時を経て、パネリスト同士がたまたま対談でラジオに登場という奇跡の瞬間です。

ぜひ聞いてみてください。

なお、番組は「荻上チキ・Session-22」。もうお一人ゲストが加わった鼎談のようです。

○朝日新聞編集委員で共著書『新聞と戦争』などがある 上丸洋一 記者
○毎日新聞学芸部で8月15日の「新聞は「戦争」をどう報じたか」を担当した 栗原俊雄 記者
○ジャーナリストで静岡県立大学名誉教授で著書に『太平洋戦争と新聞』などがある 前坂俊之 さん