あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
2014年もいよいよ終わりです。
保存の会10周年を迎え、そして来年の戦後70年をひかえての年の瀬。
すでに日比谷集会をはじめ、来年の準備を始めながらの年末です。

忘年会で日比谷公会堂での証言集会を「ご提案」したとき、静かなどよめきとあまりにあっさりした満場一致におののいたのですが。
体験者の方のその反応を見た瞬間、恐ろしいことに気づきました。
保存の会のイベントで、主役は体験者の方々ですが、その方々が「こんなところで話をしたい」などということを言い出されることはありません。
事務局中心とした若手の発案によるイベントに乗ってくださるだけです。
ということは、活動の規模を決めるのは若手なのです。
様々な貴重なお話のできる体験者の方々にどんな舞台を用意できるかは、すべて若手にかかっているのです。

ゆえに、最初から無難なことを行っていては、最低限のことしかできません。
体験者の方にも自分たちにも無茶ぶりしまくってこそ、戦場体験放映保存の会なのだということに、年末と10周年を前にして気づいてしまったのでした。

そういうわけで、来年からも大風呂敷を広げまくるであろうことを確認して、今年を締めたいと思います。

皆様、今年も一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2014年12月に行った聞き取りを、2014年末キャラバンとしてまとめます。

◆◆12月7日(日)◆◆
東京都葛飾区
体験者の方
◎パラオの女学生。空襲、野戦病院での手伝い等。

◆◆12月12日(金)◆◆
福島県伊達市
体験者の方
◎ビルマ

◆◆12月13日(土)◆◆
山形県東根市
体験者の方
◎占守島の少年戦車兵

◆◆12月27日(土)◆◆
福島県白河市
体験者の方
◎ミンダナオ島

静岡県
体験者の方
◎中国

◆◆12月29日(月)◆◆
埼玉県さいたま市
体験者の方
◎障害者としての戦中体験
本日、2014年最後の聞き取りです。

12月29日(月)
埼玉県
体験者の方
◎障害者としての戦中体験

年の瀬ぎりぎりな時期までありがとうございます。
昨日12月27日(土)の静岡での聞き取りの様子について、事務局からの速報がきました。

体験者の方は独立歩兵第56大隊機関銃中隊所属で中国へ。
途中から幹部候補生となり、内地に戻り、小隊長になって終戦。
野戦の経験は少なめながら、重機関銃での戦闘方法、部隊内の役割分担、馬の手入れの方法等、だいぶ詳しく話をしてくださったそうです。

ご近所に同い年の飲み友達が2名いらっしゃるそうで、年が明けたらご紹介いただくことになるようです。
来年早々からまたよろしくお願いしますという出会いでした。
本日、2014年最後の遠征です。

12月27日(土)

●福島県白河市
体験者の方
◎ミンダナオ島

●静岡県
体験者の方
◎中国

お忙しいところお邪魔します。よろしくお願いいたします。