あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
ちょっと前にお知らせしたばかりですが、直前告知です。
ドキュメンタリー映画『陸軍登戸研究所』明日3月1日(土)は、2ヶ所で上映されます。
そして、どちらも入場無料になっているようです。
お近くの方はチャンスですので、ぜひこの機会に足をお運びください。

[神奈川]

◎秦野
第33回平和を考えるフォーラム
日時:3月1日(土)13:00開演(12:30開場)
場所:秦野市文化会館小ホール
    秦野市平沢82
    0463-81-1211
定員480名先着順。
入場無料
※午前中は、『はだしのゲン』が上映されます。
http://www.city.hadano.kanagawa.jp/shimin/event/heiwa_20140301.html
↓の方が分かりやすいかもしれません。
http://www.city.hadano.kanagawa.jp/koho/shise/koho/mahoroba/h26/0214_0301.html
お問い合わせ
市民自治振興課 担当:佐藤
電話番号:0463-82-5118
お問い合わせ先も出ていましたが、直前なので、問い合わせるとしたら会場のほうがよいのかもしれません。


[京都]

◎立命館大学生存学研究センター
映画「陸軍登戸研究所」上映会―楠山忠之監督を迎えて
日時:3月1日(土)13:00~18:30
場所:立命館大学衣笠キャンパス 充光館301教室
参加無料、申し込み不要(定員170名)

プログラム
12:30 開場
13:00 開会挨拶
13:10 映画「陸軍登戸研究所」上映(180分)
16:10 休憩
16:30 楠山忠之監督講演
17:00 質疑応答とディスカッション
18:00 閉会挨拶

お問い合わせ:
立命館大学生存学研究センター事務局
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL:075-465-8475 FAX:075-465-8245
http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/549


映画『陸軍登戸研究所』公式HP
http://www.rikugun-noborito.com/
スポンサーサイト
来月の終わりに2014年度総会を開催するのに先立ち、事前の話し合いを行います。
総会の議案書を練るための確認のようなもので、基本的には保存の会事務局とボランティアメンバーが中心の集まりです。元兵士役員の方にもご参加いただきます。
主な内容は、2013年度の振り返りと、2014年度の活動計画です。

【日時】3月9日(日)13:30~
【場所】戦場体験史料館
【議題】2014年度活動方針

特に2014年度のキャラバンや展示に関わりたいメンバーは、参加してください。
一応、ボランティアメンバー以外でも参加はできますが、これまでの活動を知らないと厳しいと思います。

なお、話し合いを行っていますので、この日午後は戦場体験史料館は満員状態です。
普通にご来館をお考えの方は、別の日程でよろしくお願いいたします。
戦場体験放映保存の会2014年度総会&交歓会について、公式のご案内が発送されましたので、ここでもお知らせします。
以下メーリングリストからの転載です。
保存の会会員の皆様には、案内状が送られていますので、ご確認ください。

◆◆◆

【戦場体験放映保存の会 2014年度総会】
〇日時 3月30日(日) 11:00~12:00過ぎ
〇場所 文京シビックセンター26F スカイホール ※昨年と同じ会場です
  東京都文京区春日1-16-21
  文京区役所の入っている大きな建物です
 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.45.19.5N35.42.16.5&ZM=9
〇交通 東京メトロ丸の内線、南北線 後楽園駅徒歩3分
     都営地下鉄三田線、大江戸線 春日駅徒歩3分
  共に地下鉄改札口からシビックセンターに直結する連絡口(地下2F)があります

※会場の一階下(25F)は展望台になっていて、スカイツリーがよく見えます(無料)。


【交歓会】
〇日時 3月30日(日) 12:15頃~
〇場所 北海道 後楽園メトロ・エム店 (※こちらも昨年と同じ会場です)
  文京区春日1-2-3 メトロ・エム後楽園6F
  総会会場から徒歩2~3分、後楽園駅の駅ビル内、個室の会場です
〇会費 3000円
〇申込み〆切 3月22日(着)

そろそろこれまで来られた体験者の方々が来られなくなるのではないかと、 この数年はハラハラドキドキなのですが、一方楽しみにして下さっている方も多く、集まって下さる方々のお顔を見ながらボランティアも力を貰いたいと思っています。
是非皆様ご参加ください!

なお出欠のご連絡は、メールや郵送物に同封のハガキ・FAX用紙をご利用下さい。
交歓会は予約人数分の支払いが必要な会場ですので、ご協力宜しくお願いします。
外部イベントのお知らせです。
ドキュメンタリー映画『登戸研究所』、今週末3月1日(土)には、2ヶ所で上映されます。

[神奈川]

◎秦野
第33回平和を考えるフォーラム
日時:3月1日(土)13:00開演(12:30開場)
場所:秦野市文化会館小ホール
    秦野市平沢82
    0463-81-1211
定員480名先着順。
入場無料
※午前中は、『はだしのゲン』が上映されます。
http://www.city.hadano.kanagawa.jp/shimin/event/heiwa_20140301.html


[京都]

◎立命館大学生存学研究センター
映画「陸軍登戸研究所」上映会―楠山忠之監督を迎えて
日時:3月1日(土)13:00~18:30
場所:立命館大学衣笠キャンパス 充光館301教室
参加無料、申し込み不要(定員170名)

プログラム
12:30 開場
13:00 開会挨拶
13:10 映画「陸軍登戸研究所」上映(180分)
16:10 休憩
16:30 楠山忠之監督講演
17:00 質疑応答とディスカッション
18:00 閉会挨拶

お問い合わせ:
立命館大学生存学研究センター事務局
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL:075-465-8475 FAX:075-465-8245
http://www.ritsumei-arsvi.org/news/read/id/549


映画『陸軍登戸研究所』公式HP
http://www.rikugun-noborito.com/
一昨日、倉庫の引越し作業が一段落したところで、今後の展望を少々話し合いました。
話し合い、といっても雑談のようなかんじなのですが。

きたるべき戦後70年の来年は、やはりそれなりのイベントを行うというのは決定事項のようで。
その際、移転作業に参加していたメンバー(=キャラバン主力)は、1人1企画出すように、という指令がくだりました。
約1年半の間の宿題です。

今年度については、もっと現実的な計画を3月の総会で決定することになりますが、そちらも多少なりとも「戦後70年」を意識しながらのものになると思われます。
そして、当ブログはそういうちょっと特別な2年間のドタバタが反映されることになるのでしょうか。
その前に、戦後70年いっぱいは、このまま毎日書くことになるんだろうかというのに少々めまいがします。

来年は、史料館充実の3ヵ年の最後の年でもあり、「集大成」という空気も漂っています。保存の会の活動はその後もまだまだ続くわけですが。
「1人1企画」は、実際にどうなるのかわかりませんが、こういう無茶ぶりがあったということは、いかにも保存の会らしい逸話として記録しておきます。