あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
ひきつづき2012年度総会報告です。
史料館設立の[呼び掛け文」詳細の前に、先に議案の最後の「日常活動」の方に進みます。

3.日常活動
こちらは、今年度の予定のみです。

○映画上映・展示イベント(8月 中野 他)
(株)ユニモトの映画『大本営最後の指令』の上映会が、中野と調布で予定されています。以前少しだけ紹介しましたが、まだ詳細情報は入ってきていません。
戦場体験放映保存の会は映画の共同制作に名前を連ねています。
上映会の際に、展示イベントや講師のアレンジで参加することになると思います。

○交歓会(8月)
史料館設立集会と記者会見の際、大交歓会を開催します。
日程としては、お盆時期に入る前の8月9日(木)を予定しています。

○つうしん発行(4月、6月、9月、12月)
イベント等に合わせて不定期発行している「戦場体験史料館つうしん」、今年度は4回の発行を予定しています。
まずはこの総会の報告として、4月に「つうしんNo.10」を発行します。総会での決議を受けて、史料館設立の呼びかけも、この号から本格的に開始します。
全国キャラバンと8月の史料館設立イベントを中心に、会員の皆様に戦場体験放映保存の会の活動をお知らせしていきます。

当ブログは保存の会「公認」ですが、個人による「戦場体験放映保存の会ボランティア体験記」です。
保存の会会報である「戦場体験史料館つうしん」が、保存の会事務局からの公式発表となります。
年会費が千円ということも改めて議決されました。皆様、ぜひご入会の上「つうしん」をお読みください。
スポンサーサイト
ひきつづき2012年度総会報告。
2.史料館運動のつづきです。

2.史料館運動
(イ)本年の活動
 ①保存資料校正をお願いします!
  ・証言概要の校正
  ・アンケートへの回答
体験者の方に証言概要の文章を送付し、手直しをしていただきます。
また、今後の保存資料の活用の方法について、ご本人の意向を伺っていきます。

 ②本年8月、皆で「史料館設立の呼びかけ」を発表しましょう!
●「戦場体験史料館 設立宣言」発表への日程
3月 総会で呼び掛け文を採択
4月 全会員の皆様へのご説明と「呼びかけ人」登録用紙の配布
4月~7月 「呼びかけ人」登録期間。呼びかけ人は千人を目指します。
7月 マスコミ宛てにプレスリリース
8月9日(木) 設立集会と記者会見

まだ仮の日程ですが、今年の終戦の日までには一応の形を作る方向で動いていきます。
設立集会の際、大交歓会を行いたいと考えています。
 ※[呼び掛け文]については、また後述します。

 ③インターネット上で、資料の公開を段階的にはじめます!
本年8月時点では、昨年の「百人展」で展示した方の[証言概要]からインターネット上での公開を始めます。
もちろん、ゆくゆくは証言映像の全体を見ることのできるデジタルアーカイブスにしていきますが、今年の8月までに、まず、どういう証言があるのかがわかるデータベースをつくります。
[証言概要]の公開後段階的に、映像、手記、日記、絵画、現地の写真等あらゆる媒体を公開していきます。

 ④戦友会の活動記録も保存します!
自身の体験を語ろう・残そうという取り組みの記録も、史料館で後世に伝えます。
具体的には、戦友会の活動記録、戦跡や遺物の保存活動の記録、体験者による講演・出版・寄稿等。
戦場体験放映保存の会の活動も記録していきます。日比谷公会堂での証言集会、浅草千人展等、これまで行ったイベントについても改めてまとめて保存します。
2012年度総会の報告2です。

2.史料館運動
(ア)昨年の状況
 「元兵士・戦場体験・百人展」を開催(9月)
(イ)本年の活動
 ①保存資料校正をお願いします!
 ②本年8月、皆で「史料館設立の呼びかけ」を発表しましょう!
  ・「戦場体験史料館 設立宣言」発表への日程
  ・呼び掛け文
  ・呼びかけ人募集
 ③インターネット上で、資料の公開を段階的にはじめます!
 ④戦友会の活動記録も保存します!

(ア)昨年の状況
2011年9月に、6日間の日程で「元兵士・戦場体験・百人展」を開催しました。
保存の会が目指すとおり、老若(男女)いろいろな層の方にご来場いただきました。お客さんとして一番若かったのは高校生です。ニューギニアでの戦争を伝える演劇をするということでした。
ただ、やはり年齢層は高い傾向にあったといえます。もちろん、体験者の方は主役ですので別枠ですが。
中島裕さんによるシベリア抑留の絵と解説は好評でした。また、中島さんだけでなく、展示されている体験のご本人が多数会場にいらっしゃったことで、直接お話を聞くことができるという状況だったのは、保存の会ならではだったと思います。
100件の展示を一枚一枚丁寧に読まれるお客さんが多かったのが印象的でした。

この展示で手ごたえを得て、今年度、いよいよ戦場体験アーカイブス始動への動きへとつながります。
戦場体験放映保存の会2012年度総会で決定したこと等を、昨日掲載した議案沿って報告します。

1.戦場体験の聞き取り
(ア)昨年の状況
  キャラバン中心。関東圏の聞き取りが停滞気味になるのが課題。
(イ)本年の活動
 ①関東圏の聞き取り(全国キャラバン方式で)
 ②戦場体験を放映保存する老若の全国キャラバン隊(3カ年の集中期間の最後の年)
 ※それぞれだいたいの場所と日程が決定。参加者募集。

(ア)昨年の状況
書いているとおりですが、キャラバン中心の1年となりました。
1年目のキャラバンは夏スタートでしたが、2011年に入ってからは2月から12月までフル稼働でした。
参加メンバーから集めた全国の写真が相当あり、例年よりカラフルなパワーポイントになっていたのではないでしょうか。(例年を知らないのですが・・・)
関東圏の聞き取りが停滞気味になったというのは、昨年度と同じ反省です。
しかし、個人を見ると、関東圏でも聞き取りを継続していたメンバーもいました。総会報告といいつつ私見をはさみますが、前の年よりは聞き取りができていた気がします。

(イ)本年の活動
反省をもとに、今年度は、関東圏も全国キャラバンと同じ方式で行うことになりました。
あらかじめだいたいの時期を決め、参加できるメンバーを募り、体験者の方を探して一気に決行、という形です。
キャラバンを行うと、平均1日2名の方の聞き取りを行う日がまとまった日数続くということになりますので、後でびっくりするほどの方とお会いできるものです。
沖縄キャラバンでは、メインは4日間でしたが、30名以上の方とお会いしました。これは今年度の活動に大きな弾みをつける結果です。
この勢いを関東圏でも、ということです。
引き続き、他の地域のキャラバンも続行です。これまでのキャラバンで訪れていない県を中心に、来年のこの時期までフル稼働となります。
お話してくださる方がいらっしゃれば、全国どこへでも、来年3月までに必ず行きます!

年内のキャラバンの予定は以下のとおりです。
●大分・熊本 4月28日(土)~5月5日(土)
●沖縄 6月30日(土)~31日(日)前後
●山陰 8月20日~
●北陸 8月27日~
●奈良・京都・滋賀 11月23日(金)~25日(日)
●岐阜・和歌山・三重 12月8日(土)~13日(木)

戦場体験をお話しくださる方、体験者の方を紹介してくださる方を大募集します。
キャラバンに参加できるボランティアも募集しています。
よろしくお願いいたします。
3月25日(日)に開きました戦場体験放映保存の会2012年度総会報告、まずは議題を掲載します。

1.戦場体験の聞き取り
(ア)昨年の状況
  キャラバン中心。関東圏の聞き取りが停滞気味になるのが課題。
(イ)本年の活動
 ①関東圏の聞き取り(全国キャラバン方式で)
 ②戦場体験を放映保存する老若の全国キャラバン隊(3カ年の集中期間の最後の年)
 ※それぞれだいたいの場所と日程が決定。参加者募集。

2.史料館運動
(ア)昨年の状況
 「元兵士・戦場体験・百人展」を開催(9月)
(イ)本年の活動
 ①保存資料校正をお願いします!
 ②本年8月、皆で「史料館設立の呼びかけ」を発表しましょう!
  ・「戦場体験史料館 設立宣言」発表への日程
  ・呼び掛け文
  ・呼びかけ人募集
 ③インターネット上で、資料の公開を段階的にはじめます!
 ④戦友会の活動記録も保存します!

3.日常活動
○映画上映・展示イベント(8月 中野 他)
○交歓会(8月)
○つうしん発行(4月、6月、9月、12月)