FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。

上映会場スクリーン

「元兵士・戦場体験・百人展」5日目、9月26日(月)の様子です。
ブログ係はこの日は入っていなかったため、現場スタッフからの報告を元にレポートします。

平日は映画上映を行わないので、上映会場でも体験証言映像を流していました。小さなモニターで見るのとは、だいぶかんじが違います。
ちなみに、今映像に映っているのが、この日の「元兵士解説員」安田誠さん。フィリピンの体験者の方です。

お客さんの数は、3連休に比べると少なかったようですが、戦争を語りつぐ活動をされているいろいろな団体の方が来てくださっていました。
東京大空襲資料館の説明員の方、ラモウ作戦研究者の方等。わりと最近新聞に掲載されてお互い気になっていたという方に来ていただけたかんじです。
福島県白河市の「表郷戦争回顧展」主催者の方も、はるばる来てくださっていました。

本日9月27日(火)で、「百人展」もいよいよ最終日。
今日はシベリア抑留特集です。絵を使った解説が聞けます。
最終日は15:00までとなっています。お早めにお越しください。

いしとびたまさんトーク

「元兵士・戦場体験・百人展」4日目、9月25日(日)の様子です。
映画上映は、この日が最後。やはり会場は一杯でした。戦場体験者の方も、ご覧になっています。

上映に先立ち、『帰還証言~ラーゲリから帰ったオールドボーイたち』の監督いしとびたまさんからご挨拶。
映画に登場された方が、すでに数名亡くなっていること等話されました。

映画の後も、談話スペースや、今日の解説員、シベリア抑留体験者の中島裕さんの絵とお話のコーナーで、引き続き盛り上がっていました。


シベリア抑留の絵を解説する中島さん

連休が終わり、イベントも中締めのような雰囲気が漂いますが、27日(火)まで、しっかり続きます。
体験者の方は平日も日替わりで解説に来てくださいます。26日は、フィリピンのお話中心に聞けます。
また、映画上映をしていた会場のスクリーンで、証言映像を流します。

まだまだたくさんの方のご来場をお待ちしております。ぜひ一度はお越しください。


「元兵士・戦場体験・百人展」3日目、9月24日(土)の様子です。

前日のオープニングセレモニーから、会場中央に談話スペースを設置しました。お茶やお菓子を置いて、交流の場に。
映画の空き時間を中心に、なかなかの盛況ぶりです。体験者の方から、若者まで、世代間交流の様相です。

映画の方は、どちらも監督又は制作の中心の方に来ていただいています。映画上映は連休の3日間です。
本日25日(日)もやっております。ぜひお越しください。

乾杯

中田事務局長よりご挨拶

「元兵士・戦場体験・百人展」2日目、9月23日(金・祝)の夕方より、オープニングセレモニーを行いました。
体験者の方5名を含む約20名ほどの方にご参加いただきました。
乾杯の後、体験者の方それぞれからの自己紹介とご挨拶。お互いに体験を聞くのは初めてという方もいらっしゃるのが、当たり前なのですが、なんだか不思議なかんじです。
戦場体験放映保存の会の中田事務局長より、今後この展示物の貸し出しや展示会キャラバンも行いたいという話も出て、将来に向けての展望も見える一時でした。




「元兵士・戦場体験・百人展」2日目です。お昼の時点で、昨日の来場数は超えたと思います。この写真ではわかりませんが、現在、映画の会場に大勢の方がいらっしゃっています。
体験者の方も、解説と映画を行ったり来たり。
なかなか盛り上がっています。