あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
7月31日(日)の関西キャラバン第1弾の日程です。

午後、2手に分かれて取材

●1班
取材場所:大阪府羽曳野市
13:30~体験者の方のお宅にお邪魔しての取材。
体験者の方
◎海軍。呉海兵団。インドネシアの島々で電気機器管理等に従事。

●2班
取材場所:兵庫県川西市
14:00~体験者の方のお宅にお邪魔しての取材。
◎体験者の方の体験内容は不明。

第1弾は今日までです。
現地でキャラバン隊と会いたい方、戦場体験放映保存の会事務局までお問い合わせください。
8月下旬の第2弾で証言・ご協力くださる方、ぜひご連絡ください。
スポンサーサイト
2011年夏の関西キャラバン第1弾、本日スタートしました。
明日までの2日間です。

7月30日(土)日程

取材場所:京都府丹波町
13:30~体験者の方のお宅にお邪魔しての取材。
体験者の方
◎昭和17年1月10日現役、京都37部隊。
 18年4月、第62師団独立歩兵第13大隊、北支派遣山西省太原、京漢作戦。
 昭和19年部隊が沖縄に移動、国頭に孤立無援となる

関西のメンバーと東京のメンバーがそろってお邪魔します。
よろしくお願いします。
7月30日(土)~31日(日)の2日間の日程で、この夏の関西キャラバンの第1弾が行われます。

7月30日(土)
午前中京都入り
取材場所:京都府丹波町
体験者の方のお宅にお邪魔しての取材。

7月31日(日)
午後2手に分かれて取材
●1班
取材場所:大阪府羽曳野市
体験者の方のお宅にお邪魔しての取材。
●2班
取材場所:兵庫県川西市
体験者の方のお宅にお邪魔しての取材。

土日利用の2日間の日程ですが、京都・大阪・兵庫を回る充実コースです。
東京から参加のメンバーと、関西の現地メンバーが一緒に活動する機会でもあります。
成果を期待したいと思います。
現地の皆様、よろしくお願いします。
9月に開催の戦場体験史料館「百人展」の企画の一環として、戦場体験の絵画の展示を行う予定となりました。
3月にいたばしピース芸術祭でも展示させていただいた元兵士会員中島さんのシベリア抑留体験の絵のコーナーができます。
場所は、映画上映会場又は百人展会場とおざわゆきさんの原画展会場をつなぐ通路部分を考えています。
6日間の日程のうち3日ほどは、ご本人が説明をしてくださるということです。
おざわさんの原画・いしとびたまさんの映画と併せて、シベリア抑留の様子を感じていただきたいと思います。

もちろん、メインの証言コーナーには、様々な戦地の体験者の方がいらっしゃっており、直接体験を伺うことができるようになっています。
見て読んで聴いて直接話せるイベントになります。

まだ会場全体のレイアウトが決まっていませんので、状況がはっきりするのは8月中旬以降になると思われます。
詳細が決まりましたら、またお知らせします。
8月に予定している福島キャラバンが少しだけ決まりました。

8月28日(日)に、6月11日に戦争展にお邪魔した白河市表郷を再訪し、今度は元兵士の方の聞き取りを行うことになりました。
今のところ、戦争展のときにお会いしたお2人の方にお話しいただく予定になっています。
うちお1人は、ご自宅以外での取材を希望されているため、公民館での取材になる見込みです。公開収録会の形になる可能性があります。

前後の27日(土)~30日(火)ぐらいの期間で、もう少し福島県内の体験者の方の取材を行えるように、引き続き調整中です。
元兵士の方の情報をお待ちしています。戦場体験放映保存の会事務局まで、ぜひお知らせください。ご本人様からのご連絡ももちろん大歓迎です。

福島県以外の戦場体験者の方の情報も、常にお待ちしています。よろしくお願いいたします。