あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
四国チーム1班が、5月5日(木・祝)に伺った証言の概要です。

◎吉川格郎さん

1927(昭和2)年5月6日生

1944(昭和19)年
 当時徳島師範学校の生徒であった。
 7or8月に直島(瀬戸内海)の三菱の銅製錬所に勤労動員される。

1945(昭和20)年4月
○勤労動員から自宅に帰れるのは2~3ヶ月ごとだったが、偶々帰宅していた折、同じ在所の3~40軒が警察に集められ、軍人から「飛行場を建設するので○月○日までに立ち退くように」と言い渡された。期限まで5~6日、1週間もなかったと思う。
○吉川さん一家は、家屋は軍施設として接収、1町5反の田畑は3反が滑走路予定地となり、残りは検問所内の耕作可能地域となった。
○晴天の霹靂の出来事で呆然としたが、イヤだなんだと言える時代ではなく、とにかく慌ただしく準備をした。
○引っ越しの日は自分は学校に戻っていられなかったが、遠方からも沢山の人が車を持って手伝いに来てくれ、家財道具を運んでくれた。
○親戚の家に行く人が多かったが吉川さん宅は大家族だったため木納屋(材木や薪を入れる納屋)を引き倒して河原(水が出れば浸かって仕舞うところだったが)に移設しここで暮らした。

○明け渡した家の母屋には兵隊が40人ほど寝起きをしていた。
○牛屋は下をさらえて弾薬庫となった。
 自宅には近づけなかったが、お父さんが用水路に隠れて家を見に行き、手榴弾の箱が積み上げられているのを目撃した。

○学校から戻っている土曜か日曜、滑走路の両脇に30mごとに人が並んでいるのを見た。“赤とんぼ”が5~6機離陸し飛行士がマフラーを振っていて、哀れだった。
 特攻機なんだなと感じた。
 市場飛行場から特攻が出撃している事は、皆誰言うと無しに知っていた。

1945(昭和20)年8月15日 敗戦
同年8月20日頃 飛行部隊はいなくなった。
○飛行機は銘々が勝手に故郷に乗っていったようで、飛行場には殆ど残らなかった。

●【自宅の爆破】
 代わって後始末に青木部隊という部隊が入ってきた。
 この部隊が、爆弾の処理が面倒だったため手榴弾庫ごと爆破処理し、延焼で母屋も含め家は全て焼けてしまった。
 このように敗戦後焼かれた家は吉川さんの家ただ1軒である。

○食糧は食糧倉庫として接収された家にそのまま残っていた。
 最初は遠慮がちだったが、次第に大胆に皆持って行くようになった。
○乾パンが千枚入った箱が2mぐらいまで倉庫一杯に積み上げられていた。
 阿波中学の生徒達は通行証のチェックが厳しくなかったので、自転車の後ろに荷物を積み、カバン一杯に乾パンを詰め込んで、行きは学校へ、帰りは自宅へと持って行った。
 吉川さんは検問所の外に持ち出すのは難しそうだったので、めかごの草の中に箱を入れ、唯一焼け残った元の自宅の風呂釜にそれを隠して、田畑に作業に行っては食べていた。
 (※師範学校は空襲で焼けたため敗戦後5~6ヶ月授業が無かった)
 乾パンの山は2ヶ月ぐらいで全部無くなった。
○他にもかぼちゃの千切りを乾燥させたものや通信機も何十台も置いてあった。
 このバッテリーを持ち出し、お祖父さんと川で通電してウナギをとった。

○2本の横穴式防空壕があり中に高射砲の弾薬があった。
 これを米軍が水深2mほどの貯水池に放り込んだが、田植えの時期には50センチほどに干上がってしまう。
 吉川さんが2~3年後タニシ取りに行ってこれを発見した。

○250キロ爆弾の処理のため1軒に1人出すことになり、4人で一つの爆弾を担いだ。
 信管を抜いておらず生きた心地がしなかった。 

○飛行機の修理工場がありここには飛行機が残っていた。
 米軍が工場ごと焼却したが、ジープがガソリンをホースで撒き、ライターで火を付けるだけ付けて居なくなって仕舞った。
 山まで5~6mしかないところで住民総出で火を消した。
 焼け跡にはエンジンが4~5個、固まりになって転がっており、お父さんと埋めた。

1946(昭和21)年1月 自宅の再建。
 焼けたのは1軒だけだったから、材料や機材は全部軍がくれた。

~1948(昭和23)年 田んぼの復元。
 道具がなかったため、滑走路に埋められた田を再建するのは大変で、掘り返し、20~30センチ上土を足すことも必要だった。
 一反を戻すのに一冬ずつかかった。

〈直島での勤労奉仕に関する証言〉
○直島は精錬所から出る亜硫酸ガスがマスクをしても効果が無く、植物一切が枯れ果てて仕舞っていた。
○敗戦前自殺用にどすが配られ柄をつけて腹に入れていた。
 自殺の仕方の講習会まであった。
○仕事の行き帰り海辺で潮が引いた時に、イナ(ボラの子供)やケタエビ、打ち上げられたイカなどを取って食べた。
○週末に交代で帰宅した者がリュックに米やおちらし(炒った麦などの粉)を持ち帰った。皆で群がって食べるのであっという間に無くなった。
○帰宅出来ない週末は岡山・宇野に買い出しに出た。
 農家のお祖母さんが、勤労動員にでているうちの子もこんな風に苦労しているんだろうかとキュウリを食べさせてくれたのが忘れられない。
スポンサーサイト
四国チーム1班が、5月4日(水・祝)に伺った体験の概要です。
キャラバンから帰って間もないころに四国チームのリーダーによって書かれたレポートですので、そのときの状況レポートもついています。メーリングリストに流れたものに、一部手を加えています。

◆◆◆

昨晩(※5月5日)、高松空港から東京に戻りました。

4日と5日の午前中は徳島市から鈍行で1時間の阿波市で聞き取り。2人で手分けをして1日半で一挙10名の聞き取りを行いました。
全体のアレンジをして下さったのは、「市場飛行場を語り継ぐ会」事務局長の二條和明さん。

敗戦近い昭和20年4~5月、突然市場地区の民間の土地が海軍により接収され、市場飛行場が建設されました。
その地域にあった家や田畑は、滑走路に埋め立てられたり各種軍施設になりました。

今回お話しを伺った10名は、通常の元兵士の方4名の他にこの市場飛行場関係のお話しをしてくださった5名、そして銃後の体験(戦中の小学校の先生)1名となります。

◆◆◆

4日にお話し頂いた大塚唯士さん(「市場飛行場を語り継ぐ会」会長)は青年学校の2年生の時、この飛行場の建設に動員されました。
旧市場町の町史編纂室に勤務していた1994年、町史の中でこの出来事にどれだけ重きを置くかを巡って意見が対立し辞職して独自で調査、聞き取り、アンケートを行い一冊の本にまとめました。
これが、現在この出来事の全容を知る礎となっています。

丁度10日前に肺炎を罹患されたばかりで、話しは伝えたいので15分だけ話しますから病院に来て下さいと言われお邪魔したのですが、結局点滴が来るまで1時間一気にお話しをしてくださいました。

以下がお話しいただいた、大塚さんが調べた市場飛行場を巡る概要です。
後で報告する個々の体験と組み合わせて見て頂ければと思います。

***

◎大塚唯士さん
1929(昭和4)年3月12日生まれ

松茂町にあった徳島海軍航空隊の第2基地としてより内陸で山中にあり見つかりにくい飛行場の建設が決定された。

1944(昭和19)年11月or12月
 測量技師が農民に化けてテープをひかずに目測と歩数で測量。
 買収用地が決まった。

1945(昭和20)年4月~
【通告】
○役場などに関係者が集められ憲兵と警察官が立ち会って用地接収を伝え、印か母音を今日押して帰れ、従わない者は非国民だ、投獄されるぞと判を押させた。
○夫も息子も兵隊に行っており私独りの一存では押せないという女性もいたが、投獄するぞと言われ泣く泣く押さされた。
○家や田畑が対象になったのは127世帯、約500名。
 
【接収】
○立ち退きまでに許された期間は1週間。
○滑走路予定地は家の取り壊し、新築5年目の家も“ひっくりこかされた”。
23軒が引き倒された。
○滑走路になるところは、1週間以内に立ち退かなかったら火を付けて焼くぞと言われ、嘘かと思っていたら10件ほど焼かれた。
○周囲の家も27軒が軍事施設や兵の宿舎として接収された。
○立ち退きをした人は親戚の家に行く者が多かった。
 納屋で4畳に6名が住むといった具合、母乳がでなくなる母親もいた。
 
【建設】
○東西1300m×南北100mの滑走路が造られた。
○建設は主に勤労報国隊により進められた。
 ブルトーザーは2台のみ(1台は故障ばかり)、大部分は千人ほどがつるはしで手掘りし、西高東低の土地を平らにならした。
○朝鮮人軍属も80名働いていた。
○大塚さんはトロッコに乗るのが面白くて働いていた。
○敗戦まで滑走路を延長するため東の端にあった溜池の埋め立てが続いた。
 これは戦後この地域の灌漑用水の不足を招いた。

【利用】
○同年5月27日 一番機が来る。
○白菊(機上作業練習機)による第1~6次の特攻隊がここから編成された。
 白菊は市場飛行場を飛び立ち串良(くしら)を経て特攻に出た。
 47名が戦死した。
○東西南北に検問所がおかれ区域に田畑があるものは通行証を持って耕作に出入りした。

【補償】
○家や田畑の広さに応じて補償は行われたが、戦後1万円以上を貰っていた者は戦争協力者とされ、1万円を越えた金額を返金させられた。
○1万円を超えない家も戦後元の土地に戻るときに9割を返金した。
今年の祖父の命日は、たまたま必要があって「通信隊」について調べていました。
うちの祖父は「通信隊」ではなかったと思うのですが、通信兵でした。タイミングが合った偶然をおもしろいと思いながら、個人的にも通信兵に興味がわきました。

「通信隊」といっても、師団の下に入っている「通信連隊」もあれば、司令部付の通信隊もあるようで、なかなか複雑なものだと思いました。
うちの祖父の場合は、通信兵ですが戦闘もしていたようで、地元の人物名鑑のようなものに「射撃が得意で活躍した」ような記述がありました。実戦で敵を殺したことがあるという話も、母は聞いたことがあるようです。
父方の祖父なのですが、入院中よく話をしていたため、母もこの祖父の戦争の話を多少聞いたことがある模様。しかし、「天皇陛下に出す手紙等も書いていたそうだ」という、意味がよくわからない話もあります。母も戦後生まれなので、軍隊については知識がないため、詳細がわかりません。
母の話によると、祖父は生前、全国の通信兵仲間と連絡をとっていたのだそうです。通信兵のネットワークというのがどういうものなのか、大変気になるところです。

本来なら、こういった兵種のこと等に詳しくなければならないのかもしれませんが、戦場体験記録を本職とするわけではない素人ですので、今現在知らないものは仕方ないとあきらめて、これから勉強していこうと思っています。
当ブログでは、各地の師団や聞き取りのための知識等ぼちぼちまとめていますが、兵種の方面からもまとめてみようかと思い始めました。

そもそも、祖父が生きている間に話を聞いていれば、手っ取り早かったわけで、いろいろと悔やまれることばかりなのですが、周りを調べることから祖父の戦場体験を浮かび上がらせていけたら、と考えています。進展があれば、ブログ係の特権として、ここでつぶやいていく予定です。
もちろん、普段の聞き取りは、特に祖父に関係のありそうな方限定ということはまったくありません。普段の聞き取りは幅広く行いつつ、なんとなく1つテーマを持ってみるという方向です。
聞き取りのために勉強したことも、(どうまとめればいいのか、まだよくわかりませんが)公開していきたいと思います。同じく戦場体験の聞き取りをされている方等のお役に立つことがあれば幸いです。
昨日は祖父の命日でした。
数日前、職場の方のおじい様が亡くなられたということがあり、うちもこの時期だったな、と意識していたのですが。昨日の夕方、母から「南無阿弥陀仏を何回か唱えておいてくれ」という電話がかかっていました。
実際、何回か唱えました。
昨年も、祖父の命日について書いており、それでタイトルに「2」をつけました。こういうときには、全国キャラバンが2年目に入っているのを改めて実感します。

昨年が3回忌だったので、次はしばらく間が空きますが、家族は命日を意識しているものなのだということを確認することにもなりました。
戦死された方のご遺族にとっては、命日はさらに忘れられない日なのだと思います。戦後どれだけ時が過ぎても、戦争中のその日のことを思わずにはいられない。
その方の死とセットで、戦争というものがついてくるのだともいえそうです。
正確な命日がわからない場合もあり、そういう方にとっては、終戦の日や大きな空襲が起こった日、平和祈念の日等が、命日の代わりを果たすのでしょうか。
終戦とともに戦争が終わるわけではないのだということは、ご遺族や生還された体験者の方のお話を伺うたびに感じることです。
しかし、戦後生まれの大多数の人にとっては、あの大戦は自分たちの生活とは関係のない世界の話のように、意識されることさえないのではないでしょうか。戦場体験放映保存の会に思いっきり関わっているような私たちの方が、おそらく特異な存在なのでしょう。
それを思う時、戦場体験を残すことの意味を、改めて考えることになります。

まあしかし、個人的見解として言うならば、この先の時代には家族が戦死した日など存在しない方がよいのだと思います。
2度とそういう日がこない世界の中に、あの大戦の体験証言が継承されていくというのは、なんだか不思議な気もします。
「戦争」というものが記録の中にだけ存在することになったとき、その記録を見て、それをリアルに想像できるように。
私がこういう活動をしているのは、もしかしたら、そういうことをどこかで考えているからなのかもしれません。
あくまで、個人的な考えです。
南九州チームが、5月6日(金)に宮崎で伺った証言の概要です。
この日のお2人目のこの方は、兵隊ではなく、満鉄職員です。

◎金丸幸輔さん
昭和5年1月17日生

昭和19年4月
満鉄職員に就職。
11ヶ月の訓練。

昭和20年3月
チチハル鉄道局へ。
3ヶ月駅関係の訓練。
5月 現地で旅客案内係りに従事。

昭和20年8月終戦
昭和21年9月18日チチハル最後の引き上げ開始。
昭和21年10月帰国。

【概要】
戦争後期に満鉄職員に。昭和20年の8月18日からの内地に帰るための奮闘が始まります。
8月18日、終戦で列車は動かないが、職員は駅で出勤をしていた。朝の8時に日本人の使用人として働いていた中国人が郷里に帰るために列車がきていた。ホームに中国人が溢れ、「荷物を捨てて乗りなさい」と言っても聞かずに殺気だってきた。
次に、日本人を乗せた列車がきて、負傷者、女性、子供が乗っていた。ハイラル方面からの避難者だった。
その日の終わりに、列車がまた来た。ロシアの武装兵が次々と降りてきた。ニコニコしながら近づいてくるが、言葉が分からない。内モンゴルの部隊らしい。服は汚らしく、正規の兵士という雰囲気ではなかった。手に刺青をしていた。
その列車に続いて、日本の武装兵が降りてきた。駅に降りるなり、先ほどのロシア兵に見守られながら、武器を並べている。
武装解除だった。このとき、「日本は戦争に負けたんだ。」と実感した。
8月19日、満鉄職員は追放。1000円の退職金をもらう(当時月給30円もらっていた)。
中国人の家に住み込みで帰国を待つ。
昭和21年9月18日引き上げ出発の報。残留の邦人は歓喜したが、高齢者、回復の見込みのない重傷者をどうするかで、邦人の代表で検討がされた。結局、長い帰国の道中は無理との判断で、安楽死の決断がされた。
老母と重症の夫人を伴った夫と幼子4人の家族の助っ人役として配属されたが、夫人が「帰る道で子供をお願いしますね」と言われた。本人も予感があったのだろうか。主人が「しばらく休みなさい、疲れも取れるよ」と優しい言葉をかけ、医者が安楽処置を施して、眠るように亡くなった。
共産軍に見送られ、垂れ幕に「長い間ご苦労様、無事に日本にお帰りください」と垂れ幕がかかり、バックでは蛍の光が流れていた。2,000名の帰国の始まりだった。
数日列車で移動、途中で電車が止まる。線路が壊されており、ここから歩くことに。20キロ近く歩くことになるのだが、途中で邦人が体力がなく、荷物を捨てていく。それを周囲の中国人が拾っていく光景が見られた。
線路のあるところまでいくと、今度は国民党軍の管轄地区だった。
そこで「18歳から20歳の女性は、兵士の慰安婦として残って欲しい」との依頼というより命令がくる。また、ここで立ち往生。どうしようかと思案していると、10数名の女性が「私たちは中国でも慰安婦で生活をしていたので、国内に戻っても周囲からいい顔されない。ここに残る」と志願され、国民党軍も納得して、列車が動き出した。
21日間かけて新京到着。港で船を待つあいだに、国民党軍の慰安婦に志願した女性達も解放されたとの連絡があり、喜ぶ。
21年10月帰国。