あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
1回目の前にお知らせしていました城戸久枝さんの新潮講座、8月21日が2回目です。
2回目だけでも参加可能ですので、1回目出られなかった方も申し込んでみられてはいかがでしょう?
昨年の講座も、2回目のみ参加の方がいらっしゃいましたが、かなり満足されていたようでした。

新潮講座
「戦争の記憶を継承する方法
 ~あの戦争を知らない世代による「記録」の仕方~」
講師:城戸久枝(ノンフィクションライター)

【日程】
8月7日(月)、8月21日(月)(全2回)
19:00~20:40(開場は30分前)

【場所】
新潮講座神楽坂教室
 新宿区矢来町109-2 神楽坂ローズビルディング3階

【受講料】
6,480円(税込)  3,240円×2回

【講座内容】
各回の内容】

・取材対象との関係づくり
・自分の立ち位置を考える
・「素材」の集め方
・「素材」の取捨選択
・大事な「年表づくり」
・「身内」を書くということ──『あの戦争から遠く離れて』の場合
・『祖国の選択』や『黒島の女たち』の方法
・TV番組「黒島を忘れない」に見るドキュメンタリーの手法
・「書く」「記録する」「伝える」具体的なやり方

詳細・申し込みは、下記新潮講座のページをご覧ください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01qex7yt5ye4.html
スポンサーサイト
シベリア抑留証言を集めたドキュメンタリー映画『帰還証言 ラーゲリから帰ったオールドボーイたち』の新作 その3前編(終戦編)が、シベリアデー(8月23日)前後に上映されます。

主婦が聞き取りをした映像作品、ということで、2009年の日比谷証言集会に若手の活動としてご登壇いただいて約8年。
上映も増え、いしとびたまさん、すっかり「監督」ですね。

保存の会の「戦場体験者と出会える茶話会」in大阪にも、映画に登場される方がいらっしゃるかも?

2017年シベリア抑留慰霊上映会
『帰還証言 ラーゲリから帰ったオールドボーイたち』その3 前編(終戦編)

京都
【日時】
8月23日(水)14時~
【場所】
ひと・まち交流館京都第4、5会議室
【入場無料】

大阪
【日時】
8月20日(日)、21日(月)
1回目 10時半~
2回目 14時~
【場所】
シアターセブン
【料金】
1000円
※各回上映後いしとびたま監督舞台挨拶あり
開催中の外部イベント、「原田要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの時代」のロキシー上映(長野)、当初8月12日までの予定だったのが、約2週間の延長が決まったようです。
満員御礼が連続したための延長とのこと。

それに伴って、信州戦争資料センターの「戦時下ノ空気展 第1期 ゼロ戦パイロットの時代」も、期間が延長されます。

ロキシー創業100周年記念上映
『原田要 平和への祈り』

【上映日時】
 7月29日~8月4日 (1)10:40 (2)15:50
 8月5日~8月11日 (1)10:40 (2)15:10
 8月12日 (1)10:50 (2)17:00
 8月13日~18日 (1)9:00 (2)17:00
 8月19日~25日 (1)9:00 (2)19:00

【映画館】
長野相生座・ロキシー
 長野市権堂町2255

【料金】
大人 1,800円、大学生 1,400円、 高校生 1,400円、小 人 (3歳~中学生) 1,000円

相生座ロビーにて、信州戦争資料センターの協力企画
○戦時紙芝居の実演 7/29・30、8/5・6(各回上映時間前)
○戦争資料の展示(上映期間中)
http://sensou184.naganoblog.jp/

お問い合わせは、公式HPから主催者へお願いします。

公式HP
http://sensou.suzaka.jp/
明日から開催の外部イベントです。
お世話になっている写真家の安島太佳由さんの個展です。

同名の写真集の出版記念写真展です。

安島 太佳由写真展「インドネシア戦跡巡礼」

【日時】
8月3日(木)〜10日(木) 午前10時〜午後6時 (最終日は午後3時まで)
 ※日曜休館

【会場】
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
 東京都新宿区1−4−10 アイデム本社ビル2F
 東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」下車2分

【入場無料】

お問い合わせは、下記HPからメールでお願いします。

安島太佳由さんHP
http://www.yasujima-takayoshi.com/
今年も、ノンフィクションライター城戸久枝さんの新潮講座があります。
城戸さんには、昨年の中之島証言集会第2部シンポジウムのパネリストを務めていただくなど、保存の会も大変お世話になっています。

中国残留孤児だったお父様の体験を取材し、『あの戦争から遠く離れて』などの本にまとめられた城戸さんが、これから戦争の話に向かい合おうとする人へ向けて送られるアドバイス。
昨年より、もう少し体系的で実践的なところに踏み込んだ内容のようです。

新潮講座
「戦争の記憶を継承する方法
 ~あの戦争を知らない世代による「記録」の仕方~」
講師:城戸久枝(ノンフィクションライター)

【日程】
8月7日(月)、8月21日(月)(全2回)
19:00~20:40(開場は30分前)

【場所】
新潮講座神楽坂教室
 新宿区矢来町109-2 神楽坂ローズビルディング3階

【受講料】
6,480円(税込)  3,240円×2回

【講座内容】
各回の内容】

・取材対象との関係づくり
・自分の立ち位置を考える
・「素材」の集め方
・「素材」の取捨選択
・大事な「年表づくり」
・「身内」を書くということ──『あの戦争から遠く離れて』の場合
・『祖国の選択』や『黒島の女たち』の方法
・TV番組「黒島を忘れない」に見るドキュメンタリーの手法
・「書く」「記録する」「伝える」具体的なやり方

詳細・申し込みは、下記新潮講座のページをご覧ください。
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01qex7yt5ye4.html