FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
本日、2月拡大事務局会議を行いました。
来月行う総会の議案書の案をもとに、来年度の活動について改めて確認しました。
案の文面について、というかんじではなく、内容についての話です。
7名参加と、ここ数回で一番少ない人数で行いましたが、その分なのか、かなり入り込んだ話になった気がします。

キャラバンについては、以前のような数名で数日間滞在して、というのは沖縄ぐらいかな、というところで、とにかく話してくださる方がいらっしゃるとわかったら即動こう、という方向です。
連絡があってから、行くまでの間に、状況は変化します。機会を逃さず、フットワーク軽く行こう、ということになりました。

いつものスタイルの茶話会に関しては、ある程度交通費を予算化して、どうにかタクシーなどで来ていただくということを考えています。
それと並行して、来年度は、体験者の方のいらっしゃる地域での小規模茶話会開催を考えます。
2か所ぐらいをスカイプなどでつないで、どちらかの会場に参加できるように、という案なども出ました。
来年度夏ごろをめどに、とにかく一度、そういう小規模茶話会をやってみることを目指します。
6月の沖縄戦展では、「そもそも沖縄戦というのはどういうものなのか」というぐらいのところまで知らない人がいることを意識して行うべきでは?という話が出ました。

ものの収集にしても、体験者の方を紹介していただくにしても、呼びかけられているのが自分であるというのに、もっと気づきやすいチラシをつくろうか、という意見が出ました。
体験者の方を紹介したら、その後どういう流れで聞き取りが行われるのかも掲載しては、という話になり、5月の茶話会までには、そういうチラシをつくる方向になりました。

史料館・電子版の整備については、2020年いっぱいには、500人分以上の証言概要を掲載するというのが目標です。
並行して、ミニDVテープで撮っていた証言映像をデジタル化し、映像もネット上に公開していくことを進めていきます。
映像のタグ付けも進め、検索しやすい形をつくります。
また、各地の平和資料館などと連携して、関連する証言のQRコードを設置していただけるよう、働きかけていく方向です。

それぞれの内容については、また随時詳しく書いていこうと思います。
スポンサーサイト
2月11日の聞き取りは、介護施設中心にお話ししてくださる方の紹介を呼び掛けているメンバーが送ったチラシへの反応でした。
体験者の方自ら、軍歴ハガキを送ってきてくださったということです。

この方面への働きかけは、これまで成果が少なかったので、応えていただけたことに、だいぶ勇気づけられるものがありました。
特に、今力を入れたい、北関東の方だったのでなおさらです。
担当しているメンバーも、これでまたがんばってみようと思ったのではないでしょうか。
今度の会議でも、成果の1つとして報告されるだろうと思います。

昨日の会議告知の前にちらっと出てきますが、最寄は無人駅だったようです。
お話をしてくださる体験者の方がいらっしゃるとなれば、どこへでも伺いますので、ぜひご紹介ください。
チラシを見かけられましたら、身近な体験者の方にお渡しいただければと思います。
今日の聞き取りについてはまだ報告が出ていません。
昨日延期になった聞き取りよりさらに、雪の予報が出ている場所への聞き取りのはずですが、天候はどうだったのでしょうか。

さて、聞き取りと並行して、『戦場体験史料館つうしん』の編集が行われているようです。
その進行具合によって、今日の聞き取りに誰が行くのかが決まるような話でした。
速報版というのか、抜粋のようなものは、1月の拡大事務局会議のときに見ていましたが、そこからどう変わったのか、気になります。
次の週末の拡大事務局会議のときには、すでに発送されていて、それについての話題もある、という方向だと思いますが、どうなっていることやら。

なんとなく、前回の「つうしん」がどの話まで出ていたのか、私も記憶が曖昧になってきています。
できあがったら、ちゃんと復習しなければと思います。
本日、1月拡大事務局会議を行いました。
体験者の方1名を含む9名参加。

議題は茶話会中心としたイベントのことをメインに、介護施設への聞き取りの件、史料館電子版の充実の件でした。

5月の連休の浅草公会堂での茶話会が不可能になったことを受けて、ゴールデンウイークはどうするか、また、2019年度上半期のイベントをどうするかという話になりました。
結論としては、以下のとおりです。
〇5月の連休中、別の会場で茶話会のみ(展示はなし)開催。
〇6月に沖縄関連のイベントを行う。これは茶話会ではなく、展示+講演会の形の予定。
〇10月に浅草で茶話会を開催。こちらは展示にも力を入れる。
〇可能であれば、体験者の方のご自宅に近いところで、小規模な茶話会を2ヶ月に1度ぐらい行う。

5月の茶話会では、これまでに撮影してきた証言映像を使った枠を設けて、一度やってみるということになりました。
1日3コマの通常の茶話会が終わった後の、16時ごろからの時間を使って行う方向です。
証言映像を流し、それに対して質問を受けて、担当のボランティアが答える形を想定しています。
具体的な方法はこれから考えることになりますが、ともかくできるだけ早い時期にこの形をやってみておきたいということで、5月の茶話会で1コマやることになりました。

介護施設での聞き取りについては、茨城、栃木を中心にアプローチを続けていきます。
北関東での聞き取りを強化したいところなので、ぜひともこの地域で成果を上げたいという考えです。

史料館・電子版の充実については、ともかく、現在メーリングリストなどには上がっている証言概要をどんどんアップし、8月15日までには400名分は達成したいという目標を立てました。
映像についても、できるだけ証言の全体をアップし始めたいと考えています。
現在、ミニDVテープで存在する証言映像のデジタル化を外注で行えるよう予算をつける方向です。
それを見たうえで、空回ししているところなどを抜いて10分~15分程度に分割し、小見出しをつけて史料館・電子版にアップしていこうということですが、まずはどの程度の費用がかかるのかを試算するところからスタートです。

どうやら、2019年度上半期の動きが具体化してきました。
次回の会議は、今回の内容をさらに詰めていく形になると思います。
総会が3月の上旬なので、次回が総会前最後の会議になるかもしれません。
本日、5月の浅草公会堂利用の抽選日だったということで、保存の会メンバーが赴いたのですが。
残念ながら、落選したという報告が来ました。

ということで、5月に浅草公会堂で茶話会を行うことはかなわなくなりました。
6月分の抽選ににもう一度挑戦するか、5月に別の会場を考えるのか。それとも、やはり年1回となるのか。
改めて練り直しとなります。

現実的なのは、
1.5月にできる別の会場を探してみる
2.6月分の抽選にチャレンジする
3.6月にできる別の会場を探す
4.年1回にする
というかんじの順番ではないかと思われますが。

これまで保存の会のイベントを支えてきた何らかのご利益に陰りが?という話もありますが。
もしかしたら、別の方向を考えろと言うことなのかもしれません。
まあ、確かに、場所が変わると、お客さんが多すぎて茶話会にならない問題は、多少解消される可能性がありますが。

とりあえずは、次の会議までに、別の会場がないかどうかを探しておくべし、ということでしょうか。