fc2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
海戦年表をつくろうとして、ひとまずネット検索してみたところ、すでにそれを成し遂げておられるサイトがありました。

大日本帝国海軍 連合艦隊 WORLD WAR 2:太平洋戦争 海戦の記録《海戦・艦隊戦一覧》
http://xn--ww2-523es33s4hr4hk.jp/list-kantaisen.htm

ここから、年月日と海戦の名称を拾わせていただきました。
もとの年表には、海戦ごとにその特徴を表す一言が添えてあります。そして、この年表から、各海戦の詳細な説明のページにリンクしており、参加した艦艇もまとめられているというものすごさ。
おそらく、興味関心だけでつくられているらしいところにまたおののきます。

ネット上にはこういうものすごいところがすでにあるので、保存の会の展示は、やはり生の証言で勝負するしかないのだなと、改めて思いました。

前置きが長いですが、ここは引用していることをはっきり書いて、引用元サイトさんに最大限の敬意を払っておかねばなりませんので。

◆◆◆

太平洋戦争初期の海戦・艦隊戦
■1941年12月8日
真珠湾攻撃
■1941年12月10日
マレー沖海戦
■1941年12月8日~23日
ウェーク島沖海戦
■1942年1月24日
バリクパパン沖海戦
■1942年1月27日
エンドウ沖海戦
■1942年2月19日~20日
バリ島沖海戦
■1942年2月24日~9月29日
アメリカ本土攻撃
■1942年2月27日~3月1日
スラバヤ沖海戦
■1942年3月1日
バタビア沖海戦
■1942年4月5日~9日
セイロン沖海戦
■1942年5月7日~8日
珊瑚海海戦
■1942年6月5日~7日
ミッドウェー海戦

太平洋戦争中期の海戦・艦隊戦
■1942年8月8日~9日
第一次ソロモン海戦
■1942年8月24日~25日
第二次ソロモン海戦
■1942年10月11日
サボ島沖海戦
■1942年10月26日
南太平洋海戦
■1942年11月12日~14日
第三次ソロモン海戦
■1942年11月30日
ルンガ沖夜戦
■1943年1月29日~30日
レンネル島沖海戦
■1943年2月1日~7日
ケ号作戦(ガダルカナル島撤収作戦)
■1943年3月2日~3日
ビスマルク海海戦
■1943年3月5日~6日
ビラスタンモーア夜戦
■1943年3月27日
アッツ島沖海戦
■1943年4月7日~15日
フロリダ沖海戦
■1943年7月5日~6日
クラ湾夜戦
■1943年7月12日
コロンバンガラ島沖海戦
■1943年7月29日
ケ号作戦(キスカ島撤退作戦)
■1943年8月6日
ベラ湾夜戦
■1943年8月17日~18日
第一次ベララベラ海戦
■1943年10月6日
第二次ベララベラ海戦
■1943年11月2日
ブーゲンビル島沖海戦
■1943年11月25日
セントジョージ岬沖海戦

太平洋戦争末期の海戦・艦隊戦
■1944年6月19日~20日
マリアナ沖海戦
■1944年10月12日~16日
台湾沖航空戦
■1944年10月23日~25日
レイテ沖海戦
■1944年12月2日~3日
オルモック湾夜戦
■1944年12月26日
ミンドロ島沖海戦
■1945年4月7日
坊ノ岬沖海戦
■1945年5月16日
ペナン沖海戦
■1945年3月19日、7月24日~28日
呉軍港空襲

◆◆◆

本来、本などを見てまとめようと思っておりまして、そちらの線も引き続きやります。
このサイトさんに敬意を払いつつも、やはり複数の資料を参照して確認することが重要ですので。
各海戦の特徴を一言で表すという形も参考にしつつ、そこはあらためて自分で書くようにします。
スポンサーサイト



本日2月7日は北方領土の日ということで、終戦時期の樺太・千島・北方領土関連のタイムラインをまとめました。

作成手順
 樺太、占守島関連:人物往来社『太平洋戦争戦闘地図』→記述から日付と出来事を拾う
 千島・北方領土:外務省『われらの北方領土 資料編』→ソ連軍の動きの地図の説明文を時系列順に

◆◆◆

終戦時期の樺太・千島・北方領土タイムライン

1945年
8月9日 5:00、樺太の日本軍に、ソ連の対日参戦が伝わる
    7:30過ぎ、ソ連との国境で戦闘が始まる。
8月15日 玉音放送に続き、「終戦」の軍命令が届く。
8月16日 「自衛戦闘を行い、南樺太を死守せよ」の軍命令が届く。
8月17日 樺太真岡町から老人や婦女子の北海道への疎開が始まる。
8月18日 占守島にソ連軍の攻撃始まる。
8月20日 早朝、真岡町沖合にソ連の北太平洋艦隊が上陸。
      真岡郵便局の女子職員集団自決
8月21日 占守島の戦い収束。停戦合意。
8月22日 真岡町での戦闘終了(ソ連との停戦協定)
     「三船殉難事件」。樺太からの引揚者を乗せた「小笠原丸」「第二新興丸」「泰東丸」がソ連潜水艦の魚雷攻撃を受ける。「小笠原丸」「泰東丸」は沈没、「第二新興丸」は被弾しながら留萌港に着く。合わせて1700名以上が死亡。
8月23~24日 占守島の守備隊、武装解除。
8月25日 樺太、ソ連軍の大泊占領により、戦闘終了
8月26日 マツア島武装解除
8月28日 択捉島武装解除
8月31日 ウルップ島武装解除
9月1~4日 国後島、色丹島、歯舞群島武装解除
9月5日までに、千島列島・北方領土がソ連に占領される。
ガダルカナル島の戦い年表(暫定版)です。
書籍『太平洋戦争戦闘地図』の記述から日付と出来事を拾ったガダルカナル島での戦いの経過に、wikipediaから海戦の日程を加えたものです。

1942年
7月6日 第13設営隊、第11設営隊により、ガダルカナル島に飛行場建設開始
7月末 連合軍大型機(B17)によるガ島空襲が始まる。
8月5日 滑走路含む飛行場建設第1期工事完了。
8月7日 米軍、ガ島北部ルンガ岬に上陸。
    同時に、米軍ツラギ、ガブツ、タナンボコ各島への上陸作戦。
8月8日 ツラギ、ガブツ、タナンボコの日本軍部隊壊滅
    第1次ソロモン海戦
8月16日 一木支隊(第7師団の歩兵第28連隊を基幹とする)、トラック島を出発
8月18日 夜、一木支隊第1梯団、タイボ岬上陸
8月20日 一木支隊、イル川渡河
8月21日 未明、飛行場東イル川河口で一木支隊と米軍の戦闘。一木支隊ほぼ壊滅。一木清直大佐戦死とみられる。
8月24~24日 第2次ソロモン海戦
8月26日 川口支隊(第35旅団)歩兵第124連隊第2大隊600名、駆逐艦2隻でガ島へ出発
8月28日 夜、歩兵第124連隊第2大隊の駆逐艦、米軍機の攻撃で1隻沈没、1隻はショートランド島に避難
8月29日 川口支隊主力第1陣出発。
9月7日 川口支隊第1陣、タイボ岬上陸
9月12日 夜川口支隊、総攻撃決行(第1次総攻撃)。失敗
9月13日 川口支隊、総攻撃決行。失敗
9月14日 川口支隊、前線から撤退
10月上旬まで散発的戦闘を行うが飢餓状態に。
10月3~12日 ガ島西部タサファロング、エスペランサ岬、カミンボ湾などへ第2師団主力を輸送。迂回して飛行場を目指し始める。
10月11~12日 サボ島沖海戦
10月24日 第2師団主力、飛行場へ総攻撃(第2次総攻撃)。失敗
10月25日 第2師団主力、飛行場へ総攻撃。失敗
この時点で、組織的瀬野津は終了。以後、飢餓との戦い。
10月26日 南太平洋海戦
12月31日 御前会議にて、ガ島からの転進(撤退)決定
1943年
2月1日 第1次ガ島撤退作戦
2月4日 第2次ガ島撤退作戦
2月7日 第3次ガ島撤退作戦
2月9日 大本営発表で、ガ島転進報道
年表らしきものを当ブログでつくった際には、ここにまとめていこうと思います。
一応、「戦場体験史料館・電子版」の証言目次ページに沿って戦地の分類を立てておきますが、変更する可能性もあります。

○大戦前後の年表

本土

千島・沖縄
○より詳細な沖縄戦の経過
○終戦時期の樺太・千島・北方領土タイムライン

満州・朝鮮

中華民国

台湾

仏領インドシナ・タイ・英領マレー・蘭領東インド

ビルマ

フィリピン

ニューギニア・ソロモン
○ニューギニアの戦い年譜
○ガダルカナル島の戦い年表(暫定版)

太平洋
○南洋群島の歴史

シベリア