FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
大井町、浅草の茶話会につづき、忘年会にも富山から参加してくださった方が、富山でも茶話会ができないかと相談されています。
富山空襲を語り継ぐ会の唯一の若手メンバーとして、どうすれば活動を継続していけるのか悩んでいるとのこと。
唯一の若手メンバーということは、近くにはそれを話し合える仲間がいないということでもあるでしょう。
全国キャラバンの初期には、各地に支部のようなものができれば、と言っていたものですが、やはり1人だけでは続けていくのが難しいらしいことは、蓄積としてわかっています。
なので、何かしら一緒にやろうという方向で考えています。

富山空襲は8月1日。
来年のその時期はオリンピックだから、混み合う東京を脱出して地方でイベントをやるのはありなのでは?と、たぶん前向きな意見が出ました。
報道がオリンピック一色になるだろう中で、盛り上げるのは難しそうなのが課題です。
そして、別の課題としては、茶話会をやるのであれば、参加される体験者の方に前もって聞き取りをしておくのが基本、という点があります。
と言いつつ、鹿児島でもそうなっていないので、年明けに聞き取りに行こうとしているわけなのですが。
ともかく、どういう体験者の方がいらっしゃるのかを知るためにも、聞き取り必須です。

そういうわけで、まずは富山空襲を語り継ぐ会の方々に聞き取りを行うところからスタートすることになるでしょう。
そして、聞き取りをした成果をまとめて何らかの形にする。
その上で、茶話会なり展示なり両方なりもっとなり、現地で行うのがよいのでは?という話になってきました。
もしかしたら、来年8月1日までに聞き取りの成果を形にして、再来年本格的な茶話会を行う2段構えになるかもしれません。

ともかく、まずは体験者の方にお会いしてから。
時期未定ながら、年が明けたら、富山にも行くことになりそうです。
スポンサーサイト



一昨日の忘年会の傍らで、事務局メンバー中心に来年のことについて少し話をしました。
1月の会議をいつにするかで、3連休以降、というのを確認しているところで、「3連休はむしろ鹿児島に行くべきでは?」という意見が出ました。
鹿児島以外にも、聞き取りに来てほしいという声がかかった案件があったのですが、イベントの準備などに忙殺されている間に、亡くなってしまった方もあり。
聞き取りがズルズルずれこんでいくのを避けるべく、年明け早々に、遠方の聞き取りをまとめて入れたいところなのです。

もちろん、1月の3連休で聞き取りをしようと思うなら、今から調整しておく必要があります。
行けそうなメンバーがバタバタしているので、まだ手が回っていないようです。
鹿児島なら、雪の心配はあまりないでしょうが、行った先での交通手段は気にしなければならず。
体験者の方が複数いらっしゃるので、3日間で回りたいけれども、皆さんの都合がつくかどうかはわからないので、ダメだった場合は、2回に分けて、ということになるのでしょう。

具体的な調整の話が上がってくれば、キャラバンの予定としてお知らせします。
今は、そういう話をしたということさえ、忙しさの中に紛れかねないので、せめてここに書いておきます。
どうしようかと思ったのですが、キャラバンブログとしては記録しておくべきかと思いましたので、今更ですが保存の会公式twitterから、聞き取りの様子について転載しておきます。

◆◆◆

2019.11.2 18:53
速記者の93歳女性にお話を聞きました😃 初仕事が各務原で特攻兵の出発前の談話を記録。GHQ下のNHKでは放送予定の演芸の速記(それを元に放送許可が出る)。「平凡」の映画スター対談から、岩波「世界」の識者座談会まで。テープもない時代、まさに歴史を記録した女性のお話。茶話会にも参加頂けそう💕

◆◆◆

簡単なプロフィールは以下です。聞き取りのお知らせとして回っていました。
〇93歳 女性
【日時】11月2日(土)13時半開始
【場所】東京都港区
お父様がこの戦争は終わらないから女性も結婚できないので仕事を持てと導かれたそうで、戦中に速記者の資格を取られました。
この資格を活かして、戦中の日銀に就職、戦後はフリーでGHQ支配下のNHKでの仕事などをしておられます。

茶話会に参加いただくのであれば、お名前なども出ることになるでしょう。
証言一覧をまとめるときには、これもリンクしようと思います。
11月の3連休初日の11月2日(土)に、聞き取りが入りました。
同じ時間帯に、女性の方の聞き取りが2件あります。

〇93歳 女性
【日時】11月2日(土)13時半開始
【場所】東京都港区
お父様がこの戦争は終わらないから女性も結婚できないので仕事を持てと導かれたそうで、戦中に速記者の資格を取られました。
この資格を活かして、戦中の日銀に就職、戦後はフリーでGHQ支配下のNHKでの仕事などをしておられます。
職業婦人としての珍しい体験を伺えると思います。

〇女性
【日時】11月2日(土)13時半頃開始
【場所】東京都調布市
東京大空襲の語り部の方で、体験集の編集などもしておられます。
以前から会の催しに出来て下さっていたようですが、最近空襲体験者の方も茶話会で話されるようになったので、大井町の茶話会の折、「それなら私も」と声をかけて下さいました。

同行できる人数は限られますが、今後保存の会の聞き取りボランティアに参加したい方、興味がありましたら、保存の会事務局までお問い合わせください。
前回の拡大事務局会議で挙がってきた、聞き取りに伺う予定について、だいたいの場所をまとめておきます。
この後台風が来たので、交通機関の状況が心配なところもあります。

首都圏
〇東京都
港区・三鷹市
埼玉県
三郷市
神奈川県
足柄町

〇栃木県
鹿沼市

〇鹿児島県

〇長崎県

首都圏~鹿沼市を12月の茶話会までに、鹿児島を茶話会後に、ということで、今のところ考えています。
実際には、年始まで入るのではないかという状況です。
ある程度調整がついたら、日程が発表されるはずですので、また改めてお知らせします。
同行可能な案件とそうでない案件がありますので、その辺も書きたいと思います。