FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
保存の会メンバー1名、3連休は鹿児島に行っています。
昨日の状況などはまだ報告が入ってきていません。
3月20日(金・祝)の聞き取りの内容が、保存の会公式twitterにつぶやかれていましたので、まとめておきます。

◆◆◆

2020.3.21 17:43
連休は鹿児島に来ています!聞き取りと、5/30〜31の鹿児島県姶良市の茶話会イベントの準備のため。昨日はマルレ艇の特攻を志願した特幹二期の方にお話を伺いました。怖いもの知らずの17歳が半ば勢いで志願して、教官や上官のおじさん達をガチ泣かせているお話。。若さって怖い

2020.3.21 18:52
17歳マルレ特攻志願兵のお話その2。昭和20年、広島の船舶整備教育隊の兵舎におじさん集団がやってきた。2回目の応召を受けた人達だったが、毛布を引っ被って蹲り意気消沈。あまりのたるんだ様子にビックリした。翌日は普通の様子で、兵舎前を通る女の子を中国語交じりに冷かすので上官が困っていた(続

2020.3.21 18:52 19:10
続き)軍隊内では日中戦争を経験したおじさん達よりも特別幹部候補生である17歳の自分の階級が上。でも自分から挨拶をするようにしていた。休日の公園でおじさんの1人と遭遇し、郷里の話になった。よく魚釣りをしていたらしい。満期除隊で内地に帰還して所帯を持ち娘がいる。赤紙がきて(続

2020.3.21 18:52 19:31
続き)入営する時、幼い娘が一緒に行く!ときかなくて、と言っておじさんが押し黙った。武士の情けで見ないふり。所帯を持つと中国で暴れ回ったみたいな戦争はもうできないですよ、これからはあなたみたいな人達に頑張ってもらわないといけませんね、というおじさんの言葉が特攻を志願した動機の一つ。
スポンサーサイト



昨日3月20日(金・祝)、鹿児島で聞き取りがありました。
メンバー1名前日入りし、朝からお邪魔していました。

事務局から速報で状況メールが届きましたが、なかなかいい聞き取りだったようです。
お話が盛り上がって、4時間に及んだということです。
体験者の方は、船舶特別幹部候補生で、マルレの訓練をされていた方。
昨年の鹿児島での茶話会にお客さんとして参加し、飛び入りでお話をしてくださった方です。
マルレの志願の経緯や周囲の反応などが中心のお話でした。
大変詳細に記憶されており、入隊してからの日常の中のエピソードもいろいろと出てきたそうです。

5月末に予定している鹿児島県姶良市での茶話会にも来ていただけるよう、相談しているところです。

本日3月21日(土)は、姶良公民館の下見、坂上さん他地元の方との打ち合わせの後、もう1件聞き取りとなっています。
一昨日、3月の連休に鹿児島での聞き取りを行う方向と言うことで書きました。
5月末に鹿児島茶話会で、聞き取りを5月というのはギリギリすぎる(すでにアウトかも)ということもありますが、5月の連休には別の聞き取りを入れることを考えているためでもあります。

5月の連休に聞き取りに行きたいのは富山周辺です。
富山空襲を語り継ぐ会の方と一緒に茶話会開催の可能性を考えて動いているところで、今のところ相談を持ってこられた方が、語り継ぐ会に持ち帰って相談していこうとされている段階です。
が、8月1日の富山空襲の日に向けて、ともかくまずは地元の方と接点をもち、お話を伺うところからやっていきたいので、5月の連休に富山での聞き取りをやる方向で動くことになります。
連休中なので、本格的なキャラバンの形で北陸全体を視野に、お話をしていただける方を探すことも併せて考えています。


体験者の方、体験者の方をご紹介いただける方、ぜひ保存の会にご一報お願いいたします。
5月末に鹿児島県姶良市で茶話会を行うこともあり、鹿児島での聞き取りを急ごうとしています。
基本的には、昨年9月の鹿児島市での茶話会に来てくださった体験者の方々に改めて本格的な聞き取りを行うことになります。
本来は、聞き取りをさせていただいた方々を茶話会にお呼びするものなのですが、鹿児島茶話会では、そういう余裕があまりありませんでした。
近隣県の方にお手紙を送った結果来てくださった方はいらっしゃいます。
が、だいたいは、坂上さん、今吉さんが直接声をかけてくださった方々にともかく参加していただいたため、ちゃんとした聞き取りはまだできていないのです。
それで、次の茶話会前に聞き取りを、となりました。

何しろ遠方なので、行けるメンバーが限られており、休みの日を使って集中的に行うことになります。
加えて、その日程の中で5月の会場の下見をしようとしているので、そういうことができるメンバーが行く必要があります。
諸々の条件を考えたところ、3月の連休が一番現実的ではないかと思われます。
総会直前で大丈夫なのかというのが、だいぶ大きな問題です。
2月の3連休という可能性は考えていないようだったので、おそらくその辺は難しいのでしょう。
5月末開催で、5月の連休に聞きとりは厳しいですし、そこは別の聞き取りを入れる可能性が高いです。

ということで、順調なら3月の3連休に、鹿児島キャラバンが行われる見込みです。
久しぶりの遠方でのまとまった人数の聞き取りです。
状況に変化があればまた随時書いていきます。
大井町、浅草の茶話会につづき、忘年会にも富山から参加してくださった方が、富山でも茶話会ができないかと相談されています。
富山空襲を語り継ぐ会の唯一の若手メンバーとして、どうすれば活動を継続していけるのか悩んでいるとのこと。
唯一の若手メンバーということは、近くにはそれを話し合える仲間がいないということでもあるでしょう。
全国キャラバンの初期には、各地に支部のようなものができれば、と言っていたものですが、やはり1人だけでは続けていくのが難しいらしいことは、蓄積としてわかっています。
なので、何かしら一緒にやろうという方向で考えています。

富山空襲は8月1日。
来年のその時期はオリンピックだから、混み合う東京を脱出して地方でイベントをやるのはありなのでは?と、たぶん前向きな意見が出ました。
報道がオリンピック一色になるだろう中で、盛り上げるのは難しそうなのが課題です。
そして、別の課題としては、茶話会をやるのであれば、参加される体験者の方に前もって聞き取りをしておくのが基本、という点があります。
と言いつつ、鹿児島でもそうなっていないので、年明けに聞き取りに行こうとしているわけなのですが。
ともかく、どういう体験者の方がいらっしゃるのかを知るためにも、聞き取り必須です。

そういうわけで、まずは富山空襲を語り継ぐ会の方々に聞き取りを行うところからスタートすることになるでしょう。
そして、聞き取りをした成果をまとめて何らかの形にする。
その上で、茶話会なり展示なり両方なりもっとなり、現地で行うのがよいのでは?という話になってきました。
もしかしたら、来年8月1日までに聞き取りの成果を形にして、再来年本格的な茶話会を行う2段構えになるかもしれません。

ともかく、まずは体験者の方にお会いしてから。
時期未定ながら、年が明けたら、富山にも行くことになりそうです。