あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
昨年の中之島証言集会につづき「戦場体験者と出会える茶話会」in大阪にもご参加いただく、吉村章さんの証言概要が、少し前にメーリングリストに上がっていましたので、転載します。

◆◆◆

―――――――――――――――――――
◎吉村章(よしむら・あきら)さん(97)
収録日:平成28年7月15日
所属:歩兵第38連隊~独立速射砲第5大隊(青木部隊・波6250)第1中隊~独立混成第45旅団独立歩兵第273大隊(球14170・楠瀬部隊)本部指揮班
戦地:南支(広東)~香港~ジャワ島(バンドンなど)~満州(北孫呉)~沖縄
―――――――――――――――――――

[大阪での聞き取り2016年7月15日の様子(吉村章さん)]の続きを読む
スポンサーサイト
キャラバン番外編というかんじですが、昨日、保存の会メンバーが一人、満蒙開拓記念館へ言っていました。
写真も送ってきていたのですが、ケータイ宛だったので、ちょっと今回内容のみ少々書く程度で。

常設展は、団体客でにぎわっており、説明員の説明が入っているのを、途中から半分ぐらい聞けたということです。
満蒙開拓義勇団を送る前の視察団の報告、写真集、分村関係の資料など、役場から提供を受けた資料が出ていて、さすが地元密着の感じが伝わってきたようでした。

この会場で「戦時下ノ空気展」第2期を開催中の信州戦争資料センターの様子を見るのも今回の目的でした。
「分村計画の樹て方」(長野県更生協会発行)という冊子や、昭和12年の日万連絡船定期便の時刻表といった、この記念館でも持っていないような資料が展示されていて、さすがと思ったとのこと。
紙芝居も、内容に合ったものを2本上演。
こういうのは、収集の能力と運+日頃の整理のたまものなのでしょう。

記念館は、数時間単位でバスに揺られて行くことになるところらしいですが、その分のどかな田舎の風景があり、こういうところからあえて満州へ出ていくというのはどういうことなのか、と考えさせられたということです。
戦地そのものでなくても、感じ入るものがあるものなのですね。

ともかく、行ってよかった、との感想でした。
行ける方はぜひ足をお運びください。
「戦場体験者と出会える茶話会」in福岡が昨日で終了し、その日のうちに帰るメンバーもいれば、1泊するメンバーもいました。
1泊の1人は、そのまま北九州のほうに聞き取りに行きました。
102歳の方。ふつうに生活していていきなり召集が来たという話は、保存の会で聞いた中では意外と少なく、そういう辺りにも関心を持ちつつ出発。

様子は、保存の会公式twitterに少しつぶやかれています。
そのうち、証言概要が上がってくるのではないかと思います。

茶話会キャラバンの展示パート「戦場体験キャラバン展」で、キャラバンの歩みを並べた年譜のようなものも展示していましたが、その最後は「最近は暇さえあればキャラバン」となっています。
今回は、茶話会のほうでチームを組んで動いた後で単独キャラバンという形になり、「ついでにキャラバン」というかんじでした。
他にも、もし親戚筋の体験者の方に会えるようなら旅程を1日延ばそうかとしていたメンバーもいました。相手の方の体調であきらめたそうです。
私も、途中で時間があれば、近くの方にご挨拶に行きたいと思っていましたが、そこは「暇さえあれば」とはいきませんでした。
そんなこんなで、茶話会でせっかく遠くに来たら聞き取りも、と常に企んでおります。

来月は大阪です。
昨日5月13日(土)からの沖縄ミニキャラバンについては、昨夜23時頃にメールが来ました。

結局14時過ぎに沖縄に到着。(本当は9時半には着いている予定だった)
世話役をしてくださっている大城さんと、訴訟団の野里さんは、飛行機の到着をずっと待っていてくださったそうで、4時間半遅れはだいぶ大変だっただろうと思います。
16時ごろに体験者の方のお宅に到着し、渡嘉敷島集団自決の体験を聞き取り。19時ごろまで。
それから20時半から夕食をとりつつ、「沖縄の戦争展」に向けての打ち合わせ。
3名ほど、「戦場体験者と出会える茶話会」に参加いただく体験者の方が候補として挙がったのですが、これからご本人と調整となるようです。

もう1名のメンバーの様子はまだ届いていません。
順調なら昼ごろに那覇到着していたはずですが。

今日も聞き取りの調整を試みていただいたものの、実現に至らず、メンバーは昼過ぎの飛行機で那覇を立ち、東京に戻ったようです。

聞き取りについては、保存の会公式twitterに少しつぶやかれていますので、併せてご覧ください。
今日明日でボランティアメンバー2人が沖縄に行って、聞き取りと「沖縄の戦争展」の打ち合わせをしてくることになっており。
朝6時過ぎに、間もなく離陸の連絡が来ました。
と思ったら、昼前に、「鹿児島にいます」というメールが来ました。荒天のため、那覇に着陸できなかったそうです。九州も大雨だったはずですが、東京まで引き返さなかったのをよしとするべきでしょうか。
お話をしてくださる方の都合上、どうしても今日行く必要があるので、沖縄に向かうのを待っているようでしたが、その後は連絡が来ていません。

予定通りなら、今日は1名が渡嘉敷島集団自決の体験者の方のお話を伺い、もう1名が南洋戦の体験者の方の聞き取り、夕方から「沖縄の戦争展」の打ち合わせ、ということになっているところですが。
連絡がないということは、現在(20:20頃)打ち合わせ中ということなのか。
最終的にどうなったのか、続報を待ちたいと思います。