あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
4日間にわたって開催しました沖縄戦展in大阪、本日をもって終了しました。
ブログ係、今日は日常に戻っていましたが、昼頃、「賑わっています」というメールが現場から届きました。
平日、むしろお客さんが多かったようです。
盛況なのはうれしいですが、証言会にもっと大勢来ていただきたかったなあというのはあります。

その後続報は来ていませんが、片づけを済ませて、メンバー数名東京に戻ったころでしょう。明日荷出しをするためにもう1泊するメンバーもいます。
仕事が休めず、主要メンバーが開催期間中に東京に1日帰ってまたやってくるといったことも実はありました。
ゴールデンウイークの「松村幸子さんの戦争展」とは違った距離感の、日常の中に戦争展があるという状況を、それぞれ体験しているわけです。
今後に向けて思うところは多々あるはずです。

ともかく、講師の川満彰さん、中山きくさん、来場者の方々、広報にご協力くださった方々、沖縄戦展in大阪を一緒につくってくださった皆様に心から感謝します。ありがとうございました。
スポンサーサイト
沖縄戦展in大阪、本日6月20日(月)が最終日です。

連日、17時入場までOKと言いつつ、開けておいてほしいという声があれば時間を延長したり、夕方からの証言と映像上映の間にまた開けたりと、柔軟対応でやってきました。
しかし、本日は最終日。片付けて、みんな東京に帰らねばなりません。

本日は本当に10時~17時の展示です。
17時まで入場可能ですが、17時過ぎると、見たそばから展示品が片付けられていくかんじになると思います。
平日なので仕事帰りに、という方も多いかもしれませんが、すみません。

なお、展示パネルは貸し出し可能ですので、大阪で開催したいという方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談ください。
本日ちらっとご覧になってご検討いただければと思います。

ともかく、沖縄戦展in大阪、最後までよろしくお願いいたします。
沖縄戦展in大阪、3日目6月19日(日)の日程です。

本日も、午前10時より、9階ギャラリー2展示会場を開けています。17:00まで入場可能です。

14:00より、7階703会議室にて証言会。
元白梅学徒隊の中山きくさんにお話いただきます。

その前の時間、13:00より、同じ703会議室で沖縄戦の映像上映を予定しています。

沖縄での県民大会と同じ時間、本当はそちらで証言されるはずのところを来ていただくことになりました。(3ヶ月ちょっと前から約束していたところに事件が割り込んだのですが)
沖縄の今のお話もしていただけるはずです。

本当に貴重な機会です。
皆様、ぜひお越しください。
沖縄戦展in大阪2日目、6月18日(土)の様子です。

今日は10時に展示会場をオープンして20時過ぎまでという長丁場。
と思ったら、9時前にスタッフが会場入りするのと同じエレベーターに乗ってこられたお客さんが!
早くから、ありがとうございます。
長丁場のときは、さらに長くなったりするものですね。今回についてはよいことです。

ブログ係他1名、開場早々、近辺で行われていた「GAMA―月桃の花」上映会にお邪魔して、チラシを交換していただきました。
今日のイベントなので、私は急いで沖縄戦展会場に戻り、チラシを置いて映画を観に戻りました。
それから13:30ごろまでは状況がわかりません。(イベントのことについてはまた後日。)

イベントが終わって戻ってくると、たまたまお客さんが少ないときで、昨日と比べて「あれ?」というかんじでした。
しかし、しばらくするとお客さんが増えました。親子連れや高校生のグループとその先生も。昨日より平均年齢がだいぶ若いかんじです。
そのうち、証言会の講師川満彰さんもいらっしゃって、展示をご覧になりました。
川満さんの目で見ると、証言どうしがつながっているものがいろいろあったようで、そういう内容をその場で伺って新たな感動が湧いてきました。

moblog_f30991a0.jpg

そして証言会へ。
今日は会議室の関係で夕方からの証言会となったためか、空席が目立ちました。
お話は、明日の県民大会の主題である米軍による女性の死体遺棄(暴行・殺人)の事件のことから、米軍がある現状、それに対する沖縄の運動のことから入り、そもそもなぜ沖縄に米軍基地があるのかという視点で沖縄戦からの歴史にせまっていく内容でした。
沖縄戦の始まる以前から米軍が沖縄を隅々まで調べて基地にする計画を立てていたこと、戦闘と並行して基地建設が進められたこと、それと沖縄県民の収容とが密接につながっているということを、大変わかりやすく説明していただきました。
講演のテーマをもっと早く打ち出して広報できれば、もっとたくさんの人に聞いていただけたかなあと、大変惜しいです。
名護の戦争記録を書くためには那覇や南部に聞き取りにいかなければならないのだという話も納得です。
会場にいたみなさん、とてもうなずきながら耳を傾けていました。
本当に!たくさんの方に聞いていただきたい!

そういうかんじで、長い一日でしたが、最初から最後まで濃い一日でもありました。
川満さん、ご来場の皆様、ありがとうございました。
沖縄戦展in大阪、2日目6月18日(土)の日程です。

本日も、午前10時より、9階ギャラリー2展示会場を開けています。17:00まで入場可能です。

18時より、7階701会議室にて証言会。
川満彰さん(名護市史編さん係)にお話いただきます。

その後、同じ701会議室で沖縄戦の映像上映を行う予定です。

土曜日ということもあり、朝から晩までやります。
覗いて見やすい日程です。お気軽にお越しください。