あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
非常に遅ればせながら、11月5日0:40ごろ(4日深夜)、拍手からメッセージを下さった方ありがとうございます。
どの記事に拍手いただいたのか表示されておらず、今までにないパターンで管理画面に出ていたため、反応が遅れました。大変申し訳ありません。
96歳の方の件、もしよろしければ当ブログの左サイドにあるメールフォームか、保存の会事務局に、詳細ご連絡いただければ幸いです。
スポンサーサイト
鈴木様より、拍手を通してメッセージをいただきました。
ご来場、メッセージありがとうございました。
弟さんには、保存の会が何かとお世話になっております。
併せて、ありがとうございます。
メッセージありがとうございます。
ご意向は事務局に伝えておきます。

たしかに12日は説明員の方が少々少ないかもしれませんね。みなさん戦地等が全然違うので、バランスはいいのですが。
初日は半日ですが、取材や平日がいいお客さんがけっこうあるのではないかと少々期待しています。
その辺もご参考に、説明自由参加の日は来ていただければと思います。
いろいろ考えていただき、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。
メッセージありがとうございます。

8ミリフィルムだと、専用の再生機械がいりますよね。
ミニDVテープの大きいような形状であれば、8ミリの保存形式でも史料館に置いてあるビデオカメラで再生してみることができるかもしれませんが。
当日だけなら来られる若手含めて、いい方法がないか聞いてみるというのはあるかもしれません。
イルクーツクに抑留されていた方は他にもいらっしゃると思います。まだ生々しいかんじの残るシベリアの映像でしょうから、DVD等に落としてみることができればいいですね。
メッセージありがとうございます。
絵葉書勢ぞろいですね。
記念章もいろいろお持ちとのことですが、明治の従軍記章というのは、ご家族のものなのでしょうか。なんだか、お家がタイムカプセルのように感じてきました。

明日は私も史料館に行くことにしています。
もしかしたら、お持ちいただいたものについての解説を伺えるかもしれません。

当時の雰囲気が伝わる展示を準備できるように頑張りたいと思います。