あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
昨日速報でお知らせしましたが、6月23日(金)~25日(日)開催の「沖縄の戦争展」、初日の夕方には、「ナイトセミナー」を行います。
この「ナイトセミナー」というネーミングには、チラシ原案をつくったメンバーのこだわりがあるようで。
「“ナイトセミナー”って、いいよね」と、非常に目をキラキラさせて説明していました。
夜の勉強会のイメージと、言葉の響きがよいということらしく。・・・まあ、同意はします。
大人の学びの場、というかんじでもあり、未成年としてはちょっとそういうのを覗けるような雰囲気にワクワク感があるようでもあり。
そういうのもあって、まだ瑞慶山先生ご本人にも連絡していなかったときから、盛り上がっていたのでした。

平日の夜、仕事帰りにちょっと寄って、展示を見つつ話を聞いていける場をつくりたい、ということで設定された企画です。
そういえば、昨年の大阪での沖縄戦展でも、夕方からの講演会をやったのでした。
名護市史誌編纂室の川満彰さんをお呼びしての講演会でした。
あれも、なかなかいい企画で、いいお話でした。土曜日だったので、仕事帰りの人たち向けに、とはいきませんでしたけど。

日比谷証言集会のシンポジウムのころから、ときどき勉強会をしたいという話はあり、年間計画を考える際にはいつも持ち上がっています。
定期開催というのはまだ見通しが立ちませんが、「沖縄の戦争展」で行うのが1回目というかんじで、ナイトセミナーもシリーズ化していけばいいなあと思います。
まあ、まだまだ体験者の方中心のイベントがメインでやっていくはずなので、おいおい、というところですが。

日常の中に戦場体験記録と触れる機会があれば、というのは、やっぱりこれからのテーマだと思います。
「ナイトセミナー」から、新しい可能性が広がることを期待しています。
スポンサーサイト
昨日まで3日連続で、大戦関連の公的な展示資料館のイベントを紹介しましたが。
実は、最近のこれらの施設について感じたことがあってのことです。

最初に挙げた新宿の平和祈念展示資料館については、上映の内容を見て、気になることがありました。
ヒロシマ・ナガサキの原爆の映画が含まれていることです。
戦争の映画上映としては普通のように感じますが、平和祈念展示資料館は、「恩給欠格者、シベリア抑留、引き揚げ」の3つをテーマにしていて、けっこう特化しているものでした。
昨年は特攻も扱ったようですが、沖縄戦などは範囲外になるという話も聞こえていました。
恩給欠格者は別として、基本的には終戦の後の苦難がテーマになっているという話だったような。
この辺、保存の会がイベントでチラシを置かせていただきに行って受ける説明です。

だったのですが、こうしてみると、今回の上映は、だいぶ対象が広がっているように感じるわけです。
どういう流れでそうなっているのでしょうか。
昨年12月の「茶話会」、猪熊得郎さんをしのぶ会には、平和祈念展示資料館のスタッフもいらっしゃっていました。
保存の会は、大戦のことを伝えていくという目的のもと、お互い協力できるのであればそうしたいという方向なので、公的施設のテーマが広がるのはいいことなのかもしれないと思います。
保存の会自体、もともとは戦地に赴いた将兵の方々を対象としていましたが、近年は空襲や民間人の体験も伺って記録しています。
戦後72年目に入り、分けている場合ではない、という面もある気がします。どうにかして、零れ落ちるものを少なくしたい、というのが共通しているとしたら、希望が持てるようにも思います。
本日、当ブログ7周年です。
なんだかんだ言いながら、毎日書いて、また1年が経過しました。

おとといあたりから、ちまちま改装したりまとめたりしているのは、今日を意識してのことでした。
半年なら、で始めたもので、ここまで長くなるといろいろと見づらいところも目立ってくるものでして。
しかし、毎日更新を最優先すると、あんまり形にこだわっていられないのも事実なわけで。
最終的にキーワード検索できればいいか、ということで、結局微調整程度にとどまっています。
いや、意外とキーワード検索、使えるんですよ。
まあ、私の場合は、書いた記憶と、今日は何の日の記憶がそこそこあるので手がかりが多いというのはありますが。

体裁そっちのけの当ブログを、ごひいきにしてくださる皆さま、ありがとうございます。

さてさて、全国キャラバンから、百人展全国展開、日比谷級証言集会の東京以外での開催ときて、今度は「戦場体験者と出会える茶話会」の全国展開を控えてのこの日であります。
本当にいろいろと全国キャラバンです。

そして、最近は、保存の会の公式twitterも更新頻度が上がっているようです。
来年もこの調子なのかわかりませんし、当ブログも次の1年たつまでには挫折しているかもしれないので、今特筆しておくべきことでしょう。(笑)

保存の会の活動そのものは、半永久的に続けてこそのもので、できればより若い世代につながっていけば、と思うところです。
当ブログについては、個人プレイですので、相変わらず、私が行けるところまで行こう、という方向でやっていきます。

今後もよろしくお願いいたします。
おととい2017年度の総会報告を転載したところで、ブログを少しばかり2017年度版に直しました。
サイドバーの「まずは注目」を今年度の予定に変えました。
例年、イベントの内容が決まってとりあえずの告知記事が出るまで、前の年のを残していたのですが、今年はふつうにとっとと日程だけ出すことにしてみます。
なんか、入口付近が黒々としています・・・

ついでに、ブログ開設時からセンターに掲げていた「元兵士の連絡所」の案内部分も変えようかと思ったのですが・・・どうするのがいいのか浮かばなかったので、ゴールデンウイークの休館情報を削るにとどまりました。
戦後65年からスタートしたときからずっと、タイトルにもフリースペースにも「65年前の大戦」の文字があって、3年目ぐらいからいい加減気になりだしたのですが、対応を決めかねています。
ここがそのままだと、その年から更新していないように見えそうなのが気になるもので。
しかし、「65年前の」は消さずに何かリアルタイムな部分を付け加える方向でいきたいところなのです。

というか、ちゃんと保存の会のプロフィールが、携帯電話でも表示されるようにするべきなんでしょう。
自分と主なネタ元がガラケー使いであるにもかかわらず、この辺手つかずになっています。いや、自分たちにはプロフィール必要ないからともいえますけど。
何で見てもちゃんと保存の会の連絡先が表示されるようにする必要があるのは重々承知しており、長年の課題です。

なんてことを言っているのは、試験前になるといつもはやらない掃除をしたくなる心理なのだと思います。
気になるところはいろいろあるのですが、今は本来それどころではないので、当面微調整さえ最低限になる見込みです。
第3回むさしの平和のための戦争展を、展示のところだけ見てきました。
他の用事で出かけていた帰りに寄ってみたかんじです。

村瀬守保写真展は、日中戦争の始まりごろからノモンハン事件のころまでの従軍時の写真で、かなり生々しいものがありました。
虐殺、度胸試しによる死体の写真などもありました。
一方では、所属した部隊の全員の写真を撮って、家族に送るためにあげていたということなので、そういう軍隊の日常の写真もあります。戦友のことを撮った写真のほうが多いのかもしれません。
こういうのが全て残っているのは、この方が15年戦争の初期に戦場にいて帰ってきたからなんだろうなと思いました。
「記録」というのはこういうものをいうのだろうなあ、とも。
事実がそのまま写されていて、それを見ただけで、戦争の姿が見える、というもの。

併せて、朝鮮出身者の戦後関係のパネル、戦時のモノの展示もあり、その時代が感じられました。
陶器の手りゅう弾に花を挿してあるのを見て、こういうのはわりと普及していたのだろうか、と思ったのですが、登戸研究所のろ過機と並んでいるということは、長野のあたりの本土決戦用のものだったのかもしれません。
などと、大部分「おお、これは・・・」という目で見てしまっているのはどうなんだろう、と思いつつ、今日がエイプリルフールだということで全て不問にしようと決めました。

一通り見て、アンケートを書いて出したタイミングで、後ろから肩をたたかれました。
振り向くと、映画『陸軍登戸研究所』の楠山監督が。
ちょうど映画が終わって、これから風船爆弾の紙張りをしていた方とトークなのだということでした。
映画を観た人向けのものなので、私はそのまま帰りましたが、なかなかのタイミングでした。

この展示は、明後日4月3日(月)までです。わりと遅い時間までやっていますので、帰りにちょっと寄ってみる、というのもよいのではないでしょうか。