FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
明日から沖縄に行くメンバーがいるので、沖縄戦の戦跡をタクシーで巡ることについて少々。

沖縄は基本的にタクシー料金が安いです。
免許を持っていない人や完全なペーパードライバーは、バスかタクシーでしか移動できないので、タクシーは必要な足ということになるのでしょう。

観光タクシーの中には、南部・中部・北部などに分けて、戦跡を含めた観光コースを設定しているところがあります。
三和交通グループ 南部戦跡めぐりプラン
http://www.sanwa100-084.com/sp-08nanbu.html

しかし、沖縄の文化にも触れたい観光目的対応が多く、戦跡だけを回りたいというのに向くプランは、ネットで見る限り少ない気がします。
戦跡をめぐるプランも、大きな施設のみで、案内板にはあまり出会えない気がします。

なので、フリープランを利用して、一日タクシーを借り切る、というのがよさそうです。
例えば、以下のタクシーだと、8時間利用で21800円です。
http://www.mori-taxi.net/0304nanbu.html
修学旅行の積み立てを考えると、そんなに高いものではないといえます。

数年前、気になるタクシーがあったと思うのですが、今ちょっと検索した限りではわかりません。
後でまた調べてみます。

行くまでに時間があるなら、以下のツアーを利用するのも1つかもしれません。
28日前までに申し込みです。

◎沖縄戦、その始まりから終わりまでを見るツアー
http://his-cul.okinawa-naturewalk.com/?page_id=1869
スポンサーサイト
沖縄戦のバーコード付き案内板は、すでに設置が完了して運用されています。

一方、他の形の碑を建てることを望む声もありました。
県の案内板と対立するものではありませんが、どうしてもこれを建ててほしいという願いがあったようです。
全ての学徒隊の記銘碑です。
沖縄戦で亡くなった全ての学徒の名前を刻む碑がほしい、という願いが、元梯梧学徒隊の方々から県に出されていたというのも、戦後70年の記事にありました。

学徒隊ごとの記銘碑は、ゆかりの地に建てられていますが、これと別に、全学徒隊の記銘碑を建ててほしいということです。
あまり詳細にはわかりませんが、やはり亡くなった学徒全てを調査してほしい、ということなのでしょうか。
体験者たち自身では、全ての戦没者の足取りを調査しきれない、ということなのかもしれません。
平和の礎と学徒隊それぞれの記銘碑のほかにそれを建てたいという事情について、もう少し情報がほしいと思います。

戦後70年の2015年からすでに3年が経ち、学徒隊の方々もそれだけ年を取られています。
その願いについて、ちゃんと知りたいところです。
脱線しましたが、沖縄戦のバーコード付き案内板について少々。

沖縄県が戦後70年の事業として進めた事業です。
一括交付金をもとに、4400万円の予算を組んでスタート。
21校全ての学徒隊を網羅するように、沖縄戦における学徒隊ゆかりの地に案内板を設置。
バーコードがあり、それをスマホで読み込むと、元学徒隊の方の証言映像が流れる。
証言は10分ほどのもののようです。
背景がわかる説明も流れるということです。

なるほど、と思うのですが、証言が自動的に流れるのだとすると、どなたか1人の体験者の方の証言が選ばれて、ということなのでしょうか?
それとも、テレビ局の映像アーカイブのように、いくつかの中から選べるようになっているのでしょうか。
新規に撮られた映像なのか、1人1人のもともとあった証言からきりとったものなのか。
その辺、実際に体験してみないとわかりませんね。もちろん、県に質問すれば答えてもらえるのでしょうけれど。
県に問い合わせをしたメンバーから、そこまで詳しく聞いていないので、認識にずれがあるかもしれません。

体験してみるのであれば、1つの学徒隊に絞って足取りを追ってみると、映像の全体像がわかるのでしょう。
しかし、個人ではなかなか行けない、摩文仁の学徒隊の最期の地などを、タクシーを使ってめぐるのも捨てがたいと思います。
来週、12月18日(火)に、南洋戦国賠訴訟の高裁審が結審します。
福岡高裁沖縄支部にて。
11月にお話をされなかった方がお一人、口頭陳述に立たれます。

保存の会メンバーも沖縄入りして、傍聴します。
せっかく沖縄に行くので、先月できなかった聞き取りを改めて入れるなどしているようです。

高裁判決が出ると、裁判に関しては行く先が見えてきます。
沖縄・民間戦争被害者の会としては、次のステップとなる活動を考えることになることでしょう。
外部イベント情報です。保存の会公式twitterが繰り返しリツイートしているので、こちらにも掲載します。

東京空襲の体験を聞き、交流する会

【日時】
2018年12月9日(日)
13:00~15:00

【場所】
東京空襲犠牲者遺族会 事務所
 東京都墨田区押上1丁目33-4

【参加申し込み方法】
参加にはお申し込みが必要です。以下のリンクからフォームを開きお申込みください。
http://bit.ly/tokyo-air-raid-12-9

詳細は以下のページに出ています。
http://historyforpeace.org/event-tokyo-air-raid-2018-dec-9

【お問い合わせ】
history for peace
メール
info@historyjapan.org
ホームページ
http://historyforpeace.org/