FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
保存の会のメンバーで、沖縄の遺骨収集に参加できないかということを考えています。
沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表の具志堅隆松さんには、昨年の沖縄でのイベントの際にいろいろとお世話になっており、東京でもお話しいただけないかと考えているところです。

以前の沖縄キャラバンの際、遺骨収集の現場を少し見せていただいたことはあります。
行ったメンバーは、原野に眠る遺骨に衝撃を受けていました。
南の島では、遺骨も劣化が進むため、特に早期の収集が求められるところです。
戦場の話を聞いていると、現地で命を落とされた方のお話が出てくることも多いです。
多くが、遺骨を持ち帰ることができず、なんとか小指を切ってそこだけ火葬して、というのもよく聞きます。
そういう場合も含めて、亡くなった状況を本当に理解するという点でも、一緒に遺骨収集をするべきではないかという意見が、保存の会事務局から出ています。

いろいろと、心構えや注意すべき点などもあることですので、まずはその辺りから理解したいと思います。
スポンサーサイト
来週の聞き取りリマインドです。
場所が未定だった2月10日の聞き取りは、ホテルのレストランでということが決まりました。
あまりないパターンなので、同行希望の方は、状況等、保存の会事務局に詳しくお尋ねください。

●2月10日(日)午後
場所:神奈川県川崎市(ホテルのレストラン)
女性 91歳
 軍属 陸軍東部軍司令部 女子通信隊
 ※昨年の茶話会にいらしてくれた方にお話を伺うこととなりました

●2月14日(木)午前10時~
場所:東京都北区
女性  昭和5年生まれ
 満州大連、奉天にいたが終戦前に清原に、ここが馬賊の巣窟だった(本人談)
 義兄が憲兵、牢に入れられダルマさんにされた 収容されている所から見えた
 近所の家族のお母さんが亡くなり子どもを預かった
保存の会の2019年度の予定として、6月に沖縄関連のイベントを行うというのがあります。
これは、展示をメインに、講演会をつける形で考えています。
講演会にお呼びするのは、今回は沖縄戦の体験者の方ではなく、沖縄戦の記録や遺骨収集等に携わっておられる方になる予定です。
沖縄戦を巡って、現在どういう動きがあるのか、具体的なところを、現場の方に語っていただくということです。

場所は、いつもの浅草ではなく、東京駅に近い辺りになると思われます。
できれば、長い期間にわたって展示をしたいのですが、今のところはそういう会場に出会っておらず、2日間のイベントになる見込みです。

沖縄戦関連の証言パネルは70枚前後はあるので、どのテーマにするのか、あるいは全て出すのか、はたまた別のテーマのものをくわえるのか、会場と講師次第で変わりそうです。
ひとまずは、2月の拡大事務局会議でだいたいのところを詰め、3月には講師になっていただく方に直接お会いすることになると思います。

沖縄キャラバンと併せて、今後動きがある案件ですので、続報をおまちください。
厚生労働省が23年ぶりに行う、アッツ島慰霊巡拝が発表され、保存の会所有のアッツ島の写真が読売新聞に出たことを、1月14日に書きました。
アッツ島にはなかなか行けるものではない、というのは確かなのでしょうが、2013年に、民間の方が独自にアッツ島の慰霊巡拝をされた例があるようです。

千鳥ヶ淵戦没者墓苑のホームページに、そのことが書かれていました。
中野区在住のご夫妻が現地ガイド、僧侶と4人で、セスナ機をチャーターして慰霊巡拝されたということです。
このご夫妻は、それ以前にも、サイパン、グアム、ペリリュ島、フィリピン、インパール、ニューギニア、ガダルカナル、ビルマ、インドネシア、中国、シベリア等に慰霊巡拝されてきたのだそうです。
頭が下がると共に、本気でやろうと思えば方法はあるものなのだなと思いました。

保存の会は、生きて帰ってこられた方のお話を伺うのが本分ですが、お話の中に登場する、亡くなった方々にも思いをはせることになります。
できるなら、慰霊にも参加したいものです。

アッツ島慰霊については、千鳥ヶ淵戦没者墓苑ホームページの一番下に出ています。
明日、年明け最初の拡大事務局会議です。
事務局から改めてメールが流れましたので、転載します。

◆◆◆

皆様へ

会議が週末に近付きましたので、あらためてご案内います。

年始にあった5月の浅草公会堂の抽選に落ちたので
年2回の茶話会開催に暗雲が漂っています。
やるなら他の会場案を考えるか、あるいは浅草で時期はどう設定するか。
茶話会がないなら10日連休はいかに過ごすのか?
そのあたりもご相談したく思います。

【日時】1月12日(土)13時半~
【場所】戦場体験放映保存の会事務所
【議題】2019年度活動方針について
 今回は議案書に入れるべき項目のご相談です
 具体的には
 ・茶話会の回数や時期、茶話会に盛り込むべき新たな取り組み(東京のみ?)
 ・同時開催の展示について
 ・介護施設の開拓/遠隔地の聞き取りキャラバン
 ・電子版充実のタイムスケジュールと役割分担(←ちょっと見通しがたちました)

久しぶりに天気が下り坂のゆですが、ふるってお集りください。