FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
青春18切符の旅2011夏、9月3日(土)に伺った証言の概要です。
今年の長泉町のイベント「戦争の悲劇伝えたい展」でもお話しされた方です。
去年のメーリングリストから転載します。

◎前田 喜六さん(93)
取材日:平成二十三年九月三日
所属:二十六師団独立歩兵第十三連隊(泉5316)第三機関銃中隊
兵科:歩兵(重機関銃)
戦地:蒙古~中支
―――――――――――――

○大正六年十二月十七日、静岡県生まれ。

・農家出身。
・二年間、東京の中央電新局に勤めた。

○昭和十六年四月十一日、結婚。

○昭和十九年六月一日、召集。

・二十八歳で、二人の子供とお腹にもう一人いた。
・汽車で下関に行き、船に乗り釜山へ。ここから部隊のある蒙古へ。
・北支十三連隊第三大隊第三機関銃中隊に入隊。
・機関銃中隊で小銃中隊より後方で戦うので運が良かった。
・馬の背に銃身を付けて引っ張って歩く。
・現役の兵隊も多かったので教育は厳しかった。
・農家出身だったので行軍でもなんでも恐くなかったが、ペンより重たいものを持ったことがなくて兵隊に来た人は大変だったと思う。
・八路軍から鉄道沿線を守る警備任務につく。
・八路軍が出た時に撃ち合いをした記憶がある。
・撃ち合いをしてる時に近くに弾が飛んできた時が一番恐かった。
・中国の警察官も一緒に共産軍と撃ち合った。
・分遣隊のいた所の村長が自分たちを呼んでごちそうしてくれたことがあった。
・敵が来なければのんびりしていた。
・食事には豚肉が多く出た。
・はじめて中国に入った時、黒い豚がいたので可愛がっていたが、外にあるトイレの排泄物を豚が食べているのを見てびっくりした。「いやあ豚肉食えないかなあ」と思ったけれど、まあ食べていた。

〇昭和十九年八月、二十六師団はレイテ島へ。

・本隊がフィリピンに移動する時に「自分も行きます」と小隊長に直訴したが、以前肺の写真を撮った時に影が映っていたことがあって「結核患者はだめだ」と断られてしまった。
・その後上海に移動して陣地構築作業に。
・米軍のM4戦車に小銃や軽機を撃っても跳ね返ってしまうので、ビール瓶に爆薬を詰めて身体ごとキャタピに突っ込む訓練をしていた。
・ソ連参戦に伴って張家口に部隊が移動することになった。

〇昭和二十年八月十五日、部隊の移動で揚子江を渡り、昼飯を食べているときに玉音放送を聞く。

・「命拾いした」と思って安心した。
・それから糧秣庫に入った。そのためうんと給与が良かった。
・天津が近かったのですぐ帰れるかと思っていたが、大陸の奥地から引き揚げてくる日本兵を復員船に乗せるのを手伝うことになって帰るのが遅れてしまった。
・本部にいたので直接は行かなかったが、終戦で一回返納した帯剣などをまた持ち出して、鉄道沿線の警備に二、三回行っていた。共産軍はハエのようにうるさくて、たちが悪かった。
・復員船は米軍の上陸用舟艇。天津か乗船して佐世保に上陸。
・佐世保から汽車に乗る。すし詰めでいっぱい乗っていた。
・静岡に来て富士山を見た時に、田舎に帰ってこれた実感がわいた。

○昭和二十一年三月三十一日、復員。

・戦争に負けてしまったので肩身が狭いような感じで帰って来た覚えがある。
青春18切符の旅2011年夏、2011年8月7日(日)に行った聞き取りの証言概要です。
昨年の終戦の日にメーリングリストに流れていました。

◆◆◆

◎出口忠一さん(96)
取材日:平成二十三年八月七日
所属:独立混成第二旅団(北支派遣軍常岡部隊)独立歩兵第三大隊第三中隊三小隊~旅団本部~海軍軍属
兵科:歩兵(擲弾筒)
戦地:北支
―――――――――――――

○大正五年一月、静岡県生まれ。

・小学校を出てから東京にあった造り酒屋さんに勤める。

○昭和十二年十一月、召集。静岡三十四連隊に独立混成第二旅団要員として入営。

・四中隊。
・冬に不審番をしていると、石炭がなくなって中隊の准尉に「お前、風呂場に行って石炭かっぱらってこい」と言われた。おっかなくてしょうがないが石炭をバケツ一杯とってきたら「お前なかなか良い」と褒めてくれた。
・案外軍隊には恵まれた。

○昭和十三年、塘沽へ上陸。

・独立歩兵第三大隊第三中隊三小隊。
・天津から北京へ行軍。
・途中で調子が悪くなって北京の兵站病院へ入院。
・病院には慰問団が来てにぎやかにいろいろやっていた。
・ある程度良くなったので退院。唐山で一カ月療養してから中隊を追求。
・支那人が乗れというので、支那語もわからないままとりあえず人力車に乗って連れてってもらったが、よくわからない所についた。困っていたら友軍の兵隊が来たので、道を教えてもらった。
・宣化から大同へ移動。
・大同の糧秣廠に一週間くらいいて、輸送隊の車で中隊のいた”うっけん”へ向かった。
・その時に襲撃を受ける。むこうからパリパリ撃って来た。初めて鉄砲に弾を込めて戦った。なんとか追い払って”うっけん”について中隊に合流。

・「大隊本部に行け」と言われたので二・三カ月行っていた。それから中隊に戻ると今度は「旅団本部に行け」と言われた。
・旅団本部は張家口。
・蒙古自治政府に書類を持って行ったりしていた。
・サイドカーに乗って届けに行く。運転は上等兵。自分は一等兵。
・サイドカーに乗っていると、将校が偉い人が来たと思って刀を抜いて敬礼してきた。
・そうこうするうちにどういうわけか参謀の当番兵になった。そのまま大行山脈に作戦に出た。
・近隣の民家を焼き払えという命令が出されて行ってみたら、目の悪い婆さんが一人いて、「まさか火を付けて燃やすわけにはいかねえからなあ」と思ってそのままにした。
・その晩、八路軍に包囲されて元いた中隊の一個分隊が全滅してしまった。
・長野県出身の初年兵が手榴弾で足をやられた。手当てができる場所がないので穴を掘ってそのままに。
・あくる日、山を下って行ったところ、「三中隊、和田上等兵が負傷した!」という声が聞こえたが、部隊はどんどん先に行ってしまった。後で戦死したときいた。

・”うっけん”には城壁があり、北門、西門、東門と門があって、それぞれ歩哨が立っていた。
・夜になると、ずーっとむこうの山のふもとに明かりが見えて、そこで戦っていることがわかった。
・作戦中に負傷して捕虜になって八路軍に手当てを受けた兵隊が部隊に帰って来たことがあった。みんなで集まって何かしようという時にその兵隊がやって来ると、意地の悪い曹長が「お前は捕虜になったから」と言って話の中に入れなかった。

・居留民がいて宣化では一緒に野球をやったりしていた。平和な所ではそういうことが出来た。

○昭和十五年(?)八月、高崎連隊に帰ってきて除隊。

・海軍軍属に志願。
・月島の五号地にいた隊に所属。海軍省や海軍工廠の防空壕を作ったり使役していた。
・夜、将校が回ってきて点呼をとる。「総員何名、現在員何名」と報告する。
・班長をしていたが、班員は北海道の炭坑にいたとか、やくざみたいな者ばかり。夜は博打をやっていて、「班長!」と呼ぶので行ってみると「お前そこで見張っててくれや」という調子。
・しばらくしてどこかへ移動することになり船に乗った。ところが伝染病が発生して移動が取り消しになった。
・海軍軍属にいてもつまらないし、こんなところにいるなら戦争に行ったほうがいいと思って、村の自治会長に手紙を出して海軍軍属を解除してもらった。家に帰れば召集が来るだろうと思っていたがちっとも来なかった。
・青年学校の手伝いをしたりしていて、会社に勤めることに。。
・静岡で空襲と艦砲射撃に遭う。
・豆腐屋のお婆さんが負傷してみんなで担いで運んだ。その時にみんながやさしい言葉をかけるので怒った。負傷したときは厳しく励ますものだと思っていた。

○昭和二十年八月、大曲で終戦を聞く。

・「これでよかったなあ」と思った。


●除隊時、陸軍一等兵。
保存の会の大学生メンバーが、2012年の夏休みを使って1人キャラバンを行っていました。
どうまとめたものかと思ったのですが、あまり放っておくと証言概要が行方不明になってしまうので、ここでひとまとめにすることにしました。
時期によって、静岡・愛知、長野等ありますが、夏休みの旅としてくくって一覧にします。

◆◆8月19日(日)◆◆

静岡県長泉町
◎土屋喜一郎さん
戦地等:騎兵。北支(洛陽攻略戦~老河口作戦)

◆◆8月20日(月)◆◆

静岡県長泉町
◎渡辺四郎さん
戦地等:見習士官。憲兵。

◆◆8月21日(火)◆◆

静岡県長泉町
◎宮代武雄さん
戦地等:満州~北朝鮮~シベリア抑留

◆◆8月22日(水)◆◆

静岡県静岡市
◎宮崎善弥さん
戦地等:グライダーの部隊。内地~朝鮮。

◆◆8月23日(木)◆◆

静岡県浜松市
◎神谷房之輔さん
戦地等:ニューギニアの飛行場設営隊の判任官

◆◆8月24日(金)◆◆

愛知県瀬戸市
◎山岸丈吉さん
戦地等:砲兵。中国、湘桂作戦等。

◆◆8月29日(水)◆◆

長野県上田市
◎飯島勇三さん
戦地等:陸軍軍医。フィリピン、ミンダナオ島。

◆◆9月15日(土)◆◆

石川県
◎杉本正雄さん
戦地等:ノモンハン。
ひきつづき、静岡・愛知方面に出かけていた一人キャラバンからの取材報告を掲載します。
8月19日(日)に伺った証言の概要です。

◎土屋喜一郎さん(91)
取材日:平成二十四年八月十九日
大正九年生まれ
所属:騎兵第四旅団騎砲兵第四連隊(成5356)第二中隊
兵科:砲兵(騎砲兵)
戦地:北支(洛陽攻略戦~老河口作戦)
――――――――――――

○大正九年十一月二十七日、静岡県生まれ。

・鉄道員だった。

○昭和十五年春、徴兵検査。

・今の三島の市役所で受けた。
・甲種合格。
・騎砲兵になる人は全然いなかった。

○昭和十五年十二月二日、入営。名古屋に集合。

○昭和十五年十二月五日ごろ、大阪港から輸送船に乗船。

・貨物船だから遅かった。
・中国の連雲港に夕方着く。翌日の夕方まで船にいて、上陸。
・夜、貨物列車に乗って出発。朝、徐州に到着。そのまま帰徳に行って降りた。

○騎砲兵第四連隊到着。

・第二中隊。
・帰徳で初年兵教育を受ける。
・電燈も水道もなく、夜は石油ランプで過ごした。
・同年兵は静岡、愛知、岐阜出身。その上は長野、栃木、群馬出身。下は、大阪、奈良、和歌山出身。
・一個中隊に四門
・一緒に行動するけれども騎兵と騎砲兵は別。騎兵は軍刀を持っている。
・四一騎砲を使っていた。
・馬には全部名前がついている。
・五十頭くらいの馬の名前を覚えなければならなかった。覚えないとビンタ。
・「北昌(きたまさ)」という馬に乗っていた。くせの悪い馬だった。しかし、一癖あるような馬が作戦に出ると強かった。
・教育で一番嫌だったのは内務。戦陣訓を読まされたり、洗濯物がどうだこうだと言われたり。
・三年兵が「初年兵はおとなしいなあ」とか言うと、二年兵が初年兵に集合をかけて気合を入れられる。
・床の上にアンペラがあって、毛布を2枚重ねて、寝袋のようにして寝ていた。
・観測だった。今言うと測量みたいなことをやっていた。
・厩の使役でクーリーを使っていた。何を持っていくかわからないので、出て行くときは身体検査をする。
・中国人はあきらめもいいのかなあと思った。
・中国は一夫多妻。

○昭和十六年四月十五日か十六日ごろ、一期の検閲。

・検閲が終わると”たくじょう”や”わんよう”などの前線警備に1年程配属される。
・”わんよう”に行った。ここは水が塩水のようで、うんと悪い。飲んじゃいけないと言われても暑くて飲んでいた。このためか、腸チフスにかかって、すぐ入院することになった。

○昭和十六年末か十七年正月ごろ、退院。

・原隊に戻ってきてから大東亜戦争の開戦を知った。

○昭和十七年・十八年、中国軍の正月攻勢でそれぞれ討伐に行った。

・周りは敵、情報が入ると襲撃を受けないうちに討伐に出ていた。
・輜重隊のフォードの自動車は性能が良く、長いので騎砲が積める。
・一台に砲、もう一台に弾薬・食糧を積んで討伐に出た。
・朝、日が上がったか、上がらないかのうちに敵襲を受けた。車から降りてはいけないと言われていたが、降りた兵士がいて、やられて亡くなってしまった。
・白兵戦はなかなかやらない。
・秋の討伐はおっかない。高粱の背が高く、どこから撃たれるかわからないので怖かった。
・満期が近い人が討伐に行くとよく死んだ。「どういう加減だかなあ」と皆言った。
・戦死者は討伐くらいだと、部隊へ運んで焼く。作戦中は引っ張って行くわけにもいかない。腕を切って、体を捨てる。せいぜい埋めてこれればいいほう。
・作戦中は食糧がないので探しに行く。大阪出身のある兵士が、敵の集落に迷い込み、焼き打ちを受けて、生きたまま焼かれてしまった。翌朝、腕をとってきて体を埋めた。
・捕虜は歩兵が度胸試しに初年兵に突かせていた。
・くしゃみや涙が出るガス弾を使っていた。国際法では禁止されていたが、実際には使っていた。
・夜襲を受けた時、敵兵がクリークに梯子をかけてのぼってきたことがあった。手榴弾もなくなって来たので、梯子を敵兵ごと落としたことがある。

○昭和十九年二月十一日~、京漢作戦。洛陽攻略戦。

・鉄道六連隊が架けた橋で黄河を渡って、洛陽攻略に行った。
・騎兵旅団が一番乗りするということだった。
・洛陽の近くの山の上で、夕方襲撃を受けた。
・言葉では言わなかったが、夜を待って退却して、後続の師団が来るまで待った。一番のりはできなかった。
・洛陽の飛行場はきれい。
・来たとき使った橋は落とされてしまっていたが、浅い河だったので渡れた。
・対岸から砲撃。
・敵地で食糧を探す。たけのこ汁をつくったり、さつま芋をたべたり、小豆をゆでて食べたり。
・寒い時は家財道具を壊して燃やしたりしていた。

○昭和十九年九月の末頃、作戦が終わって”ぶよう”で四カ月ほど警備。

・馬の運動をやったり、兵器の手入れをしたり、保養。
・被服もボロボロだったので新しいものに交換。
・冬出て行けば中に裏地がある。夏になると暑くて裏地をとる。それが嫌ならば中国人の服をかっぱらってくる。被服の補給はない。
・馬のえさを収集に行く。駐屯地から二里ぐらいのところが中心。これには主計も行く。
・収集に行ったある日、夕方になって土匪と取っ組み合いの戦闘になった。夜、部隊へ伝令に行く事になった。夜中に二里もあるところを一人で戻るのは怖かった。
・関東軍の一部が警備にやってきた。関東軍の将校が欠礼したという話があり、「なにいってんだ?欠礼した?弾は前ばっかりこねえぞ、後ろっからもいくぞ」と脅かしていた。
・作戦間は敬礼しない。中隊長も寝床は一緒。食事も兵に作ってもらう。
・将校が兵隊に嫌われるとろくな食事をくれなくなる。「あいつにはこれだけくれときゃいいや」となる。
・古参兵から評判の悪い少尉が長靴と軍刀に醤油をつがれていた。
・もう一人嫌われていた将校がいて、作戦間に馬ごと堀に落っこちた。兵隊は「ざまあみろ」といって通って行った。嫌われているとそんなもの。

○昭和二十年四月~、老河口作戦。

・約ひと月半、夜間ばっかり歩いた。部隊についていくのがやっと。
・中隊長もどこに行くのか知らない。
・中隊から行方不明になった者もいた。「誰だれがいません」と報告しても、そのまま出発してしまう。そうしないと前の部隊についていけない。
・老河口につくと薄暮攻撃を行った。師団命令で二十門くらいの砲が釣り弾の照明弾を撃った。それがものすごくきれいだった。それから騎兵の援護射撃。どんどん撃つ。
・弾は何発か残して置かなければならないがそれまで撃った。
・攻撃は成功したが、突入した騎兵は大分やられていた。
・この作戦のあと、また戻った。
・この頃から飛行機が空襲に来るようになった。

○昭和二十年八月十五日、”なんよう”の郊外で終戦。

・無線で各部隊へ通知していた。
・「日本もやっぱり負けたなあ」と思った。
・内地にいる女も男も金抜きされてしまうと噂された。
・「どうなるだろう」ということが心配。復員しても元いた職に就けるのかわからない。
・なぜ講和しなかったのかと兵隊はみんな言っていた。
・一週間ほど”なんよう”にいて、それから帰徳に戻った。
・毎日何もしない。馬の運動をやったり。兵器も何もない。帰る身の支度。
・軍足をチョッキにして持っていた。
・貨車で帰徳から上海に行った。
・上海から乗船し、復員。


●終戦時、騎兵伍長。
ひきつづき、静岡・愛知方面に出かけていた一人キャラバンからの取材報告を掲載します。
8月22日(水)に伺った証言の概要です。

◎宮崎善弥さん(88)
取材日:平成二十四年八月二十二日
所属:滑空飛行第一戦隊第二中隊
兵種:航空兵(グライダー操縦)
戦地:内地~朝鮮
――――――――――――――

○大正十二年十月三十日、静岡県生まれ。

・実家はお米屋さん。
・静岡商業学校卒業後、中央大学入学。予科の後に法学部に進んだ。
・同級生の中に飛行機に乗りたいという人がいて、予科の時に三人で航空部を作った。
・航空部は当初、朝日新聞が後援していて、後に軍が各大学の航空部を支援するようになった。
・最初はグライダーで、しばらくして海軍の横浜の訓練所に行って赤トンボの水上機に乗った。

○昭和十六年十二月八日、神田の三省堂で開戦のニュースを聞いて、すぐ大学に行った。

・日本が優勢で、こりゃいいと思っていた。

○昭和十七年四月、横浜で飛行機を見た。

・最初は日本にああいう飛行機が出来たのかと感心して見ていた。後で米軍機だと知った。

○昭和十八年十二月十日ごろ、入営。浜松の飛行整備学校【?】に入った。

・ここで十日間くらい教育を受けた。
・飛行機に乗っていたことを何かで知られたのか、いきなり幹部候補生に抜擢され、東京集まることになった。【※特別操縦見習士官?】
・ここから筑波の滑空飛行第一戦隊に配属になった。
・三中隊くらいあった。あんまり数は多くなかった。
・だいたい大学で飛行機に乗っていた人。顔なじみも結構いた。
・ドイツのグライダー部隊にならって作られた部隊。
・曳航するのは九七式重爆撃機。
・飛行機の操縦とグライダーの操縦をやった。
・兵隊を何名かのせて、夜間に敵の戦線の裏に降りて挟み撃ちにするということだった。
・はらっぱや畑の中はよかったが、林の中に降りると、木がばさーっとなった。
・グライダーというのはスポーティーなものを想像していたが、胴体がずんぐりしていて、大きくて驚いた。兵隊を二十人くらいのせられて、山砲も積めた。
・事故はずいぶんあった。
・訓練生が並んでいる時に、曳航機が着陸進路を間違えて事故を起こした。片翼が並んでいている所に飛んで来た。双眼鏡で見ていると、わーっと声がして、翼が突進してきた。あわてて地面に伏せると、帽子のところを翼が擦っていった。頭をはねられたり、足をやられる者が出た。

○昭和十九年、フィリピンのクラークフィールドに集結することになった。

・飛行機で行くグループ、輸送船で行くグループ、満州で配属替えになったグループの三つに分かれて向かった。
・飛行機で新田原に行くグループをみんなで見送った。すると、隊長の飛行機が上昇が急すぎて失速して落ちてしまった。驚いた。みんな亡くなってしまった。遺体を集めることになったが、「部隊長に報告して来る」と言って逃げた。
・宇品から輸送船に乗る。船の中はひどいものだった。
・台北か台南に到着し、部隊で神社へお参り行った。帰ってくると空襲で輸送船がフィリピンへ行ってしまった。フィリピン行きは取りやめになった。
・しばらく台湾にいて、また輸送船で内地に帰った。

○昭和二十年、内地にいると米軍にやられるということで、部隊は北朝鮮の咸興に移動して温存されることになった。

○昭和二十年八月十五日、突然天皇陛下の話があるということで集められた。

・小学校の一室に集まって話を聞いたが、よく聞き取れなかった。もっとがんばれと言っているんだろうと思った。
・すぐに通信関係の連絡が来て、敗戦を知った。家に帰れると思って喜んだ。
・それから移動命令がでて、平壌までさがった。
・”しゃりーん”で部隊が解散。民家に残って列車を待つグループ、本道を直進してまっすぐ帰るグループ、山の中をとおって京城まで行くグループの三つにわかれた。京城までいくグループに入った。民家に残ったグループは後にシベリアに抑留された。
・将校一人と下士官一人、兵隊七、八人。
・軍服を着ていたらつかまるということで、行李なんかを売ってしまった。そのお金で朝鮮服を買って着ていた。
・軍刀は山の中に埋めた。古刀よりも軍から支給される軍刀の方が切れた。ピストルだけはもっていた。
・ソ連兵が悪いことをするので、朝鮮の人に優待された。山の中ではご飯も食べさせてくれた。村長さんに、嫁さんも世話するからここに残れと言われたが、なんとか断って帰って来た。
・大きな川をみんな褌一枚になって渡ったことがある。ある程度流れがあるので斜めに渡った。
・京城で歯医者さんの家に泊った。
・どこで一緒になったか、満州から引き揚げてきた元気のいい人がいた。家族と二号さんも一緒に荷物を持って来ていた。
・京城から鉄道が動いていて、列車で釜山に行った。
・釜山から引き揚げ船で門司のあたりに着いて、引揚者と一緒に列車に乗って帰った。
・引揚者に荷物は持つからお金は出してくれといって切符を買ってもらった。
・切符を買ったので座席のあるところに座った。

○昭和二十年十月十日ごろ、静岡につく。

・帰ってきたら静岡は全部燃えていた。自宅も焼けていて、家族は疎開していた。
・疎開先で父親と再会した。

●終戦時、陸軍少尉。