あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
2014年12月に行った聞き取りを、2014年末キャラバンとしてまとめます。

◆◆12月7日(日)◆◆
東京都葛飾区
体験者の方
◎パラオの女学生。空襲、野戦病院での手伝い等。

◆◆12月12日(金)◆◆
福島県伊達市
体験者の方
◎ビルマ

◆◆12月13日(土)◆◆
山形県東根市
体験者の方
◎占守島の少年戦車兵

◆◆12月27日(土)◆◆
福島県白河市
体験者の方
◎ミンダナオ島

静岡県
体験者の方
◎中国

◆◆12月29日(月)◆◆
埼玉県さいたま市
体験者の方
◎障害者としての戦中体験
スポンサーサイト

ゴールデンウイークのキャラバン、5月3日(土・祝)の様子です。

キャラバンと言いつつ、体験者の方に史料館に来ていただいての収録会でした。
実は、もう一組の聞き取りが流れてしまい、そちらに向かったメンバーも合流しました。

陸軍特別幹部候補生で、特殊舟艇の訓練というので、マルレかと思っていたら、輸送艦でした。
海軍の二式輸送艦を譲り受けたSB艇です。戦車も数台運べるもの、と、小さなプラモデルを持ってきてくださいました。
前側が開いて橋のような形になるとか、底が平らであるとか、このプラモデルと写真を使いつつのご説明。
訓練の内容や、軍隊に染まらなかった学徒兵の状況等、詳細でした。
実は、日々小説を書かれていて、実体験をもとにした戦争の話もまとめられているのです。

大佐として沖縄に赴かれていたお父上のこと、終戦直後の占領下の日本でのこと等も興味深く伺いました。およそ5時間の濃厚な時間でした。

ゴールデンウイークのキャラバン、4月29日(火・祝)の1班の様子です。

東京都葛飾区にて取材。
この飯ごうをいただいたそうですが、証言についての話は届いていません。

聞き取りを行ったメンバーとしては、ご近所さん、といったかんじだったようです。
個人レベルでは、一番近場のキャラバンだったのかもしれません。