あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
ゴールデンウイークの全国キャラバン南九州チームが聞き取りを行った方の一覧表です。
お名前から、それぞれの方の証言にリンクしています。

基本的には公表の可否を判断するため、戦場体験放映保存の会メーリングリスト等に証言レポートが上がった方についてのみお名前を載せます。
ゴールデンウイークのキャラバンについては、昨年夏と同じように、当面、証言概要をブログに転載する都度、お名前を掲載し、リンクをしていく形にします。
南九州チームについては、ほぼ全員の証言が上がっています。

南九州チーム
訪問都道府県:宮崎県、鹿児島県
日程:2011年5月3日(火・祝)~5月8日(日)

◆◆5月3日(火・祝)◆◆

鹿児島県知覧町

知覧特攻会館訪問

◆◆5月4日(水・祝)◆◆

鹿児島県さつま町

◎田中茂さん
戦地等:海軍。通信技術者。マーシャル諸島・ヤルート環礁。

◎堀敏郎さん
戦地等:陸軍。衛生兵。中国。

◎久保成夫さん
戦地等:陸軍。中国。

◎外囿哲実さん
戦地等:中国・ハイラル。

◆◆5月5日(木・祝)◆◆

宮崎県宮崎市

◎中西学さん
戦地等:海軍。駆逐艦「初霜」乗員。アッツ島、キスカ島、マリアナ沖海戦等。

◆◆5月6日(金)◆◆

宮崎県宮崎市

◎井ノ久保武義さん
戦地等:海軍。軽巡洋艦「阿武隈」主計~航空偵察。真珠湾攻撃、フィリピン・レイテ島等。

◎金丸幸輔さん
戦地等:満州鉄道職員。

◆◆5月7日(土)◆◆

「宮崎空襲を語り継ぐ映画、交流、集い」参加

◆◆5月8日(日)◆◆

宮崎空港慰霊祭参加
宮崎公立大学の広瀬訓教授の研究室訪問
スポンサーサイト
南九州チームが、5月6日(金)に宮崎で伺った証言の概要です。
この日のお2人目のこの方は、兵隊ではなく、満鉄職員です。

◎金丸幸輔さん
昭和5年1月17日生

昭和19年4月
満鉄職員に就職。
11ヶ月の訓練。

昭和20年3月
チチハル鉄道局へ。
3ヶ月駅関係の訓練。
5月 現地で旅客案内係りに従事。

昭和20年8月終戦
昭和21年9月18日チチハル最後の引き上げ開始。
昭和21年10月帰国。

【概要】
戦争後期に満鉄職員に。昭和20年の8月18日からの内地に帰るための奮闘が始まります。
8月18日、終戦で列車は動かないが、職員は駅で出勤をしていた。朝の8時に日本人の使用人として働いていた中国人が郷里に帰るために列車がきていた。ホームに中国人が溢れ、「荷物を捨てて乗りなさい」と言っても聞かずに殺気だってきた。
次に、日本人を乗せた列車がきて、負傷者、女性、子供が乗っていた。ハイラル方面からの避難者だった。
その日の終わりに、列車がまた来た。ロシアの武装兵が次々と降りてきた。ニコニコしながら近づいてくるが、言葉が分からない。内モンゴルの部隊らしい。服は汚らしく、正規の兵士という雰囲気ではなかった。手に刺青をしていた。
その列車に続いて、日本の武装兵が降りてきた。駅に降りるなり、先ほどのロシア兵に見守られながら、武器を並べている。
武装解除だった。このとき、「日本は戦争に負けたんだ。」と実感した。
8月19日、満鉄職員は追放。1000円の退職金をもらう(当時月給30円もらっていた)。
中国人の家に住み込みで帰国を待つ。
昭和21年9月18日引き上げ出発の報。残留の邦人は歓喜したが、高齢者、回復の見込みのない重傷者をどうするかで、邦人の代表で検討がされた。結局、長い帰国の道中は無理との判断で、安楽死の決断がされた。
老母と重症の夫人を伴った夫と幼子4人の家族の助っ人役として配属されたが、夫人が「帰る道で子供をお願いしますね」と言われた。本人も予感があったのだろうか。主人が「しばらく休みなさい、疲れも取れるよ」と優しい言葉をかけ、医者が安楽処置を施して、眠るように亡くなった。
共産軍に見送られ、垂れ幕に「長い間ご苦労様、無事に日本にお帰りください」と垂れ幕がかかり、バックでは蛍の光が流れていた。2,000名の帰国の始まりだった。
数日列車で移動、途中で電車が止まる。線路が壊されており、ここから歩くことに。20キロ近く歩くことになるのだが、途中で邦人が体力がなく、荷物を捨てていく。それを周囲の中国人が拾っていく光景が見られた。
線路のあるところまでいくと、今度は国民党軍の管轄地区だった。
そこで「18歳から20歳の女性は、兵士の慰安婦として残って欲しい」との依頼というより命令がくる。また、ここで立ち往生。どうしようかと思案していると、10数名の女性が「私たちは中国でも慰安婦で生活をしていたので、国内に戻っても周囲からいい顔されない。ここに残る」と志願され、国民党軍も納得して、列車が動き出した。
21日間かけて新京到着。港で船を待つあいだに、国民党軍の慰安婦に志願した女性達も解放されたとの連絡があり、喜ぶ。
21年10月帰国。
南九州チームが、5月6日(金)に宮崎で伺った証言の概要です。

◎井ノ久保武義さん
大正10年10月18日生

昭和15年6月1日 志願。
横須賀海兵団入団。 
軽巡洋艦「阿武隈」主計に配属。

昭和16年
真珠湾攻撃に参加。 

昭和17年半ば
阿武隈を退艦。土浦航空隊で訓練。
佐世保航空隊へ(操縦)。

昭和19年3月下旬
フィリピンレイテ島の水上機基地配属。
零式水上偵察機を愛機に偵察活動に従事。
634航空隊配備。

6月
マリアナ沖海戦の偵察従事。

8月
偵301飛行隊配属。
内地へ向かう途中九州で台風に遭遇。

10月18日
部隊ごとフィリピンへ偵察活動に従事される予定だったが、即日762空偵飛行隊へ転属。最新の偵察機「彩雲」
の搭乗員へ

昭和20年3月15日
岩国航空隊教官に(特攻要員養成)。
艦載機の空襲から霞ヶ浦航空隊へ生徒とともに移動。

8月15日終戦
8月16日 特攻命令をやり遂げたい生徒に押され北海道に移動。

【概要】
少年航空兵にあこがれて願書を出すが、父親の知り合いが役所におり、そこから話が父親に漏れて却下される。
父親から「主計ならゆるしてやる」とのことで試験、合格。
軽巡洋艦「阿武隈」の主計に。昭和16年の真珠湾攻撃には「阿武隈」も機動部隊と行動をともにする。ただし、はるか前方に配置され、「機動部隊を守る囮艦隊だな」と仲間内で話していた。
「阿武隈」に乗船しても飛行機への夢は捨てられず、かつ九四式水上偵察機の航空兵(当時の呼び方)にやたら進められて、船を下りて再び試験を受ける。操縦をしたかったので、数学の試験はわざと1問間違えた。(数学を全問正解すると偵察にまわされるといううわさが当時あった)無事合格。基礎訓練後、実戦配備。
パラオ上空で、前方に機影を発見。機影から日本軍機と判断して、近づいたら米軍機で、急降下で回避、「あたらんでもいいから機銃をぶっ放せ」と回避行動をとりながら、逃げる。横滑りのテクニックを使って敵機の機銃を回避し、なんとか逃げることができた。
マリアナ沖海戦では、敵機動部隊の補足のために担当区域を偵察。
井ノ久保さんの担当地域で敵機動部隊を発見することできず、かつ敵の艦載機に遭遇することもなく無事帰還。
伝え聞いた話では、ミンダナオから飛び立った偵察隊は未帰還だった。
昭和19年8月にフィリピンから本国へ帰還命令。途中台風に巻き込まれ、肝属川(きもつきがわ)に着水し、難を逃れる。
昭和19年10月に634航空隊はフィリピン進出を命じられ、「2度目のフィリピンで、激戦地。もう生きて帰れない」と覚悟を決めたが、即日、最新偵察機の「彩雲」搭乗員としてフィリピン行きを免れる。(634航空隊は、ほとんど
フィリピンで消耗された)
古い搭乗員で、腕がいいのは水上機乗りしかいないとの判断が働いたのではないかと思った。
「彩雲」はスピードが速く、米軍の艦載機も軽々振り切れた。ただし、フラップが2段階の機体で、揚力が着くのに時間がかかり、揚力まだ十分で無いときにフラップを他の機体のように格納してしまうと、失速する。
実際、配備後20日で3機墜落している。
昭和20年3月15日、それまでに耳がはれているの無理して操縦していたが無理がたたり、岩国飛行隊の教官に。特攻機に搭乗する若者に操縦を教えていた。艦載機の攻撃から霞ヶ浦航空隊へ生徒ごと移動。終戦。
生徒があくまで特攻命令を守りたいとのことで、北海道に機体があるとの話を聞いて移動したが、プロペラがはずされていて飛ばすことはできなかった。
概ね特攻をあきらめて、戦争は終わった。
南九州チームが、5月5日(木・祝)に伺った証言の概要です。
宮崎市で3名の方の聞き取りを行っており、そのうちのお一人のお話です。

◆◆◆

本日(5月5日)、午後に宮崎入りをしました。
駅近くの木が南国風で、鹿児島とはまた違った雰囲気を持つ宮崎です。


◆◆◆

◎中西学さん
大正13年6月5日生

昭和17年5月1日
佐世保第二海兵団入団(志願)
8月 
駆逐艦「初霜」に乗船。一番砲塔担当。
10月26日 
アッツ島再占領作戦参加。
昭和18年3月27日
アッツ島沖海戦に参加。
7月7日
第一次キスカ撤収作戦参加。
7月22日
第二次キスカ撤収作戦参加。
昭和19年6月6日
「あ」号作戦 マリアナ沖海戦参加。
10月31日
第二次「多」号作戦に参加 レイテ島増援輸送作戦。
昭和20年2月10日
「北」号作戦に参加 南方から本国への撤退作戦。
4月6日
「天」号作戦に参加 大和特攻作戦。
7月30日
宮津湾で機雷に接触して沈没。
9月1日
退団。

【概要】
昭和17年から昭和20年の駆逐艦「初霜」が沈没するまで砲塔担当として乗船していた体験です。奇跡の作戦といわれるキスカ島撤退、「北」号作戦に参加、また大和の最後も目撃しています。

同郷の友人が先に海軍に志願しており、かっこよかったのと、国のために早く尽くさないと思い17歳で志願。佐世保第二海兵団に入団。
本来6ヶ月の訓練を3ヶ月でこなし、駆逐艦「初霜」の第一砲塔担当になります。
アッツ島に向かう途中、甲板に大波が来て中西さんを含み10名ほどが波に飲まれます。幸い中西さんは甲板の錨を格納する出っ張りにつかまって海に投げ込まれることはなかったのですが、残りは海に放り出されてしまい「戦死」となりました。
その後、アッツ島沖海戦に参加、重巡洋艦同士の砲撃であったため砲担当の中西さんはほとんど働くことはできなかったそうです。すぐ傍で重巡那智の砲塔に直撃弾を受けたのを目撃しています。
キスカ島の撤退作戦では、駆逐艦は直接湾で人員を収容したわけではなく、湾の外で警備だったそうです。途中、濃霧で「若葉」と接触をするハプニングはあったものの作戦を完遂。30分で5,000人の収容に成功しました。
昭和19年6月のマリアナ沖海戦は作戦に参加していますが、後方の補給艦の護衛だったので直接航空機の攻撃、砲撃は受けていません。
大和特攻にも同行しています。呉で急に「いなかに一日帰れ」と言われ、これは何かあると思ったのですが、親に会い、酒を飲み交わしてすぐに戻り、出港してから艦長から「沖縄までの特攻作戦」と言われたそうです。
大和が米軍の艦載機に集中攻撃を受けている間、外をみることができない砲塔の中でじっとしていたそうです。対空戦闘が主なので、砲塔は待機状態。艦橋から艦載機が去った連絡を受け、砲塔を出ると、目の前に傾いた大和があり、突然前方が爆発して、沈んでいったところを目撃したそうです。
その後、米軍艦載機からの攻撃はなく、無事帰還。練習艦として宮津湾航行中に機雷に接触して沈みました。

砲を撃ったことはないのか?との質問に、一度だけ昭和19年2月ごろに浮上した潜水艦に向けて発砲したことがあるとのことです。ほとんど、砲を撃つことは無かったそうです。
本日、わりと早い時間に、南九州チームは東京に戻ってきたという連絡が入りました。

今朝になってもメンバーから連絡が入っていませんでしたが、今日は聞き取りがなかったためであるようです。

今日は午前中は宮崎空襲の慰霊祭に参加。
沖縄から来られていた空襲体験者の方とお会いできました。
午後は、宮崎公立大学の広瀬訓教授の研究室にお邪魔しました。昨日のイベントで名刺交換させていただいていたとのこと。
子供のころから戦争体験を聞きに行かれており、現在も国際平和系の学生に戦場体験を聴く機会をつくられている方なのだそうです。

最終日まで、現地の方々と交流ができ、有意義な旅になりました。

これで南九州チームの旅、及び、ゴールデンウイークのキャラバンは無事終了です。
お疲れさまでした。
鹿児島・宮崎の皆様、ありがとうございました。