あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
土日で広島~大阪を回って聞き取りを行ったメンバーから、少し報告が入ってきました。
大阪の方のほうが詳細なところまで記憶されていたということで、印象に残った部分がメールで届きました。

自動車部隊で、中国での作戦中、線路をはずして上海に運んだり、敗戦後倉庫の被服を車で運んで新京で衣服をはぎ取られた避難民にとどけたりという、めずらしい体験だったそうです。
その後シベリア抑留されてご苦労されるのですが、それまでの活躍はある意味痛快といえるかもしれません。(戦争の話でこういうと、とんでもない話ということになりそうですが・・・)

戦場体験はどれだけ聞いても、びっくりするような新しい話が出てくるものだというのを感じます。
スポンサーサイト
昨日広島で聞き取りをしたメンバーが、本日は帰り道の大阪で聞き取りを行います。

2月15日(日)
訪問地:大阪府泉南市
15:00~ご自宅で聞き取り
体験者の方
◎満州~シベリア抑留

聞き取りの前、13:00ごろから、今回間に入ってくださっている方とお会いする予定です。
昨日1月10日(土)の聞き取りの速報です。

体験者の方は18歳で志願して海軍に入られた方。
南京事件の目撃証言も、その後の海軍での話も大変はっきり記憶されていたとのこと。現地合流したメンバーが細かい質問をして、いっそう詳細な収録になっています。
飛龍に乗っておられたときの話で登場する整備兵仲間の話が聞き覚えがある内容で、そちらはその後トラック諸島へ行かれたということだったので、2013年の大阪キャラバンでお話を伺った方のことかもと思って確認したところそうだったということです。

収録の場所を提供してくださった近所の方に大変お世話になったそうです。
年明けて間もない時期に、ありがとうございました。

なお、帰省メンバーのお父さんの聞き取りは本日11日(日)のようです。
本日、保存の会メンバーの帰省ついでの関西キャラバンです。
帰省メンバーの他、話を聞きたいメンバーが現地で合流することになったようです。

1月10日(土)
大阪府大阪市
体験者の方
◎海軍。南京事件を目撃。

兵庫県
メンバーのお父さんの聞き取り。当時12歳。
今週末、保存の会メンバーの一人が帰省ついでに行う関西方面でのキャラバンですが、いろいろと変化がありました。
当初聞き取りを予定していた体験者の方は体調を崩されたということで延期になりました。
その後、2名の体験者の方から飛び込みで話を聞きに来てほしいというご連絡をいただき、そのうちの1名の方と日程が合ったので、その方の聞き取りを行うことになりました。

1月10日(土)
大阪府大阪市
体験者の方
◎海軍。南京の話もしたいとのこと。

兵庫県
メンバーのお父さんの聞き取り。当時12歳。