fc2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
本日5月19日(日)、戦場体験の証言動画を見る会を行いました。
テーマは「インパール作戦」。
31人の参加がありました。ご遺族の方もいらっしゃったようです。

無謀な作戦の代名詞のような有名な作戦です。白骨街道とも呼ばれます。
この「白骨街道」というのは、インパール攻略作戦の中では、撤退のときの状況にあたります。
攻略戦では、英印軍との間で激しい戦闘が行われ、それで全滅した部隊もありました。
今回は、インパール作戦がどういうものであったのかについての説明、また、各部隊がどういう戦闘に参加し、どのように撤退することになったのか、というところから、解説と証言でまとめられていました。

戦闘になる前の時点で、生きた糧秣として連れて行った牛の扱いに苦労したけれども、牛は山に入るとすぐに死んでしまったという話がありました。
攻略戦では、橋を落とされて動きが取れなくなるなど、現場ではどうすることもできない事態が発生。相手は潤沢な物資や応援部隊をそろえて戦っていることもあり、戦闘での犠牲も多く出ました。
師団長が独断で撤退を指示した場面もあり。
そして、撤退の途中での出来事。
屋根の下で寝たことは一度もなく、木の下で、どうにか体を冷やさないように、鉄兜に座ったり、わずかなご飯を炊くときに一緒に温めた水筒を湯たんぽにしたりと工夫していたとのこと。
ご飯は、米はわずかしかないので、そのあたりの草をたくさん入れて炊き、1食は炊いたお湯だけを飲んで、2食目で中身を食べる。
自分で歩けなくなった兵士は、戦友の肩を借りることが申し訳なくて、大勢自決。
やっと目的地が見えてきたところで、気が緩んで力尽きる。
実際に、通り道には白骨化した死体、腐りかけの死体、生きてはいるかもしれないけれども動けない者などが転がっており、地獄というのはこういうものだろうかと思った、との証言も。

時間いっぱいまで証言映像を見せる構成でした。
戦闘のことなどは、図解した地図のようなものと併せて映していましたが、それでもわかりにくいところが、個人的にはありました。
飢えているところ、逃亡兵の話など、1つ1つのエピソードとしては、悲惨さが伝わりました。
聞き取りをするのが自分だったら、話についていけただろうか、と思いながら聞いていました。

たくさんの証言が集まったからこそ、こういう動画を見る会ができるようになったわけですが。
聞き取りをたくさんしている時期にも、こうやって主だった戦地についていっしょに見ていく機会があったらよかったのかもなあ、と、動画を見る会の内容と違うことを考えたりもしてしまいました。

こういう感想でなく、参加された方の感想をぜひ伺いたいです。アンケートへのご回答、また感想メールなどお待ちしています。
スポンサーサイト



直前告知です。
明日5月19日(日)、戦場体験の証言動画を見る会を開催します。
テーマは「インパール作戦」。
保存の会メーリングリストに案内が流れていましたので、転載します。

◆◆◆

5月の証言動画を見る会が明日に近づきましたのでご案内を再送します。
今月は「インパール作戦」です。(※再送ですが証言一つ別な部分にしています)

【日時】5月19日(日) 19時半~21時
【申込み】https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_AgUrYS8UTCe2Ed1SMz0_Mg#/registration

インパール作戦は、1944(昭和19)年3月から7月初旬に、ビルマから、
当時イギリス領のインド北東部の都市・インパールの攻略を目的に行われました。
イギリス軍の拠点を叩く事、連合国から中華民国への補給路(援蒋ルート)の遮断などを
目的としていました。
その後の撤退の悲惨さでよく知られていますが、牟田口廉也15軍司令官により、
隷下の3師団の師団長がいずれも更迭される(しかも31師団は独断で撤退という初の抗命事件)
という異例の経過をたどります。

動画を見る会では、インパール作戦に参加した3師団それぞれ、計4名の方の証言と、
同じく体験者の方が残された絵画を紹介します。
雨季の、食糧のない撤退の悲惨さと同時に、師団長更迭に至る作戦の無理を、
一兵士の視点から伝えたいと思います。

「占領したら煙草があったりミルクがあったり喜ぶけど、あくる日から砲撃がボンボンボンボン」
山田富雄さん(第15師団歩兵第60連隊)

「随分無茶な攻撃を繰り返した。もう早く死んだほうがいいやと何度 思ったか。雨の降る壕中で
びしょびしょになりながら、食物も食べないで、毎日過ごす。早く死にたいと思うようになる」
増茂武三郎さん(第33師団野砲兵第33連隊)

「W軍曹は亡くなる大隊長から、この状況を連隊本部へ報告しろと重大な任務で帰ってきたわけなんだ。
そうしたら、なんで貴様帰ってきたんだ、なんで死んでこないんだと参謀はそういう乱暴な口をきいたんだよ」
高雄市郎さん(第33師団歩兵第214連隊)

「担架で運んだり肩を貸したり。患者がいなくなれば気の毒だが助かるから、
死んでもらいたくてしょうがない。患者はそれを察して、手榴弾を抱いちゃあ自爆する」
望月耕一さん(第31師団衛生隊)
6月の沖縄戦展について、つらつらと考えているわけですが。
平和の礎の名簿調査についての展示もしたいという話があったな、と思い出しました。
総会前後にも沖縄戦展についてまとめようとしたことはあって、そのときにその件も入っていたと思いますが、時間が経つと抜けていくものです。
一旦、今上がっている「これをやろうか」という内容をすべて書き出すべきなのでしょうね。

さて、名簿調査についての展示、というのはどういう方向でやることになるのか。
やるのかというのもよくわかりませんが、一応やる前提で考えましょう。
順当にいくと、フリガナ振りの過程の報告からでしょう。
平和の礎の読み上げをやろうとなったときから、フリガナが名字しかないことが判明し、名前のほうのフリガナはどうするのかという問題に直面したところから。
EXCELの自動フリガナ機能を使ってみた結果、あまりに名前とかけ離れたものになりすぎたので、調整を加えたことについて。
最初の頃は、実行委員会の後に、一部の名簿について試しにそこにいる沖縄のメンバーに、一般的にはどう読むのか聞いてフリガナをふってみたこと。
ひとまずは、仮にフリガナを入れた名簿を読み手に渡して、本番前に見てもらい、明らかに名前としておかしいフリガナについては直してもらうようにお願いをしたこと。
その後、沖縄県外都道府県に名簿について問い合わせをしたこと。
名簿グループのそれぞれの方に、いろいろ試みてもらったこと。
沖縄県内の各自治体にアンケートをしたこと。

そういう経過とともに、どのくらいのフリガナが判明したのかを添えていくかんじでしょうか。
プラス、今後できそうなことについて案を書くなど。

淡々と経緯を報告するのであればいけそうな気がしてきました。
ただ、その辺をまとめるのは、名簿グループを主催している保存の会事務局メンバーになるので、私が考えてもあまり意味がないかもしれません。
それでも、こうやってまとめておくのは多少は足しになるでしょうか。

さて、沖縄戦展、どのくらい、平和の礎要素を入れることになるでしょうか。
柱の要素になり得るのかどうかは、やはり、証言の中の戦没者の名前が探せるかによります。
コロナ禍が一応静かになったご時世ですが、ZOOM、ウェビナーで開催される会議やイベントは続いており、よいことだと思います。
参加定員がないことが多いので、わりと直前まで申し込み可能ですが、参加しようと心が決まっているのであれば、早めに申し込みをするほうがよいでしょう。
具体的には、24時間前までには、でしょうか。
理由は、参加者向けに、資料が送付されることがあるからです。
ギリギリに申し込むと、資料がない状態で本番をむかえることになります。
本番が始まってからでも、資料がないことに気づいたら、主催者や司会者にチャットを送ると対応してもらえる場合が多いようですが、司会者の手をしばし止めることになりますし、資料を確認するまで話についていきにくかったりします。
事前に資料を受け取れるよう、早めの申し込みをお勧めします。

というのは、私自身が先日まさにその状況になったからの話です。
私の場合は、なぜかだんだん自宅のパソコンからZOOM接続がうまくいかなくなってきており、入場できるまでに時間を要するため、そこまでギリギリに申し込むわけにもいかないのですが。
その辺の対応を考えても、やはり早めの申し込みがよいと思われます。

保存の会の会議は、資料が出来上がるのが開始1時間前とかのこともありますが、事前に受け取っておくのがよいです。
こちらは、WEB講演会主催に慣れている方と比べて、明らかに司会者の手が止まります。
外部イベントのおしらせです。
団体「戦争の歴史を平和への道しるべに」主催のWEB講演会が開催されます。
前回参加者あてに、代表からの案内メールが届きましたので、そちらを転載させていただきます。

◆◆◆

みなさま

こんばんは。
「戦争の歴史を平和への道しるべに」の福島宏希です。

あらためてのお知らせとなりますが、
5/26(日)10時より、アジア太平洋戦争における日本人犠牲者の遺骨収容について
20年以上取材を続けてこられ、書籍の執筆もある
毎日新聞専門記者の栗原俊雄さんをお招きし、

・戦争犠牲者の方たちの遺骨はどこに、どの程度あるのか?
・遺骨収容の意味とは何か?
・日本の遺骨収容はどの程度進んだのか?
・外国ではどのように収容を進めているのか?
・さらに収容を進めるために何をすべきなのか?

などについて、考えたいと思います。
栗原さんは長期間にわたる地道な取材に加え、
自身も硫黄島の遺骨収容に参加した経験もあるため、
収容の現場での体験もお話し頂きます。

遺骨の問題についてあまり知らないという方から
これから取り組むべき方策について考えてみたい方まで、
満足いただける内容だと思いますので、
この機会にぜひご参加ください。

これまでと同じように2週間視聴可能なアーカイブ参加もありますので、
当日ご参加が難しいという方も安心です。

▼企画詳細・お申込みはこちらから
https://kurihara-20240526.peatix.com/view

▼栗原さん執筆の書籍『遺骨――戦没者三一〇万人の戦後史 (岩波新書) 』
https://amzn.to/4ak1zjp

どうぞよろしくお願いします(^^)