あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
※2015年ゴールデンウイーク中、4月30日(木)、5月3日(日)は臨時休館します。
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
沖縄キャラバン2017、4日目、3月26日(日)の日程です。

◆◆3月26日(日)◆◆

●メンバーB
 メンバーF
 メンバーG
午後
訪問地:那覇市
体験:沖縄戦

●メンバーC

午後
訪問地:浦添市
体験:南洋戦

●メンバーD
午前
訪問地:南城市
体験:沖縄戦

午後
訪問地:那覇市
体験:沖縄戦

今日も宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

沖縄キャラバン2017、3日目3月25日(土)の様子です。
例によって、メンバーBことブログ係の様子になります。

今日は午前中から金武町での聞き取りというので、朝早くからバス停に向かったのですが、乗るはずのバスの記載が見つからず、別の乗り場に行ったりしている間に乗り損ねるというトラブルからスタート。
別ルートをとってたどり着くと、メンバーdチームを送った世話人の方も回って来られて、へこむことしばし。
沖縄特有らしく、まずご飯を勧められ。
午前中ら行った意味が何か違う状況となり頭を抱えることまたしばし。聞き取りに入りました。

南洋戦の訴訟に参加されている方ですが、ご本人の体験は、沖縄北部での体験でした。
フィリピンで生まれて、小さいころにお父さんの友人に連れられて一足先に沖縄に帰って、金武町のお祖母さんと暮らしていて、沖縄戦に。
山や壕で避難生活を経て、米軍に収容され、宜野座へ。
終戦となり、親戚づてに、フィリピンの両親も兄弟も亡くなったことを知り、それからは親戚の家で働くことに。
お父さんの名義だった財産はなくなっており、苦しい生活。
何より、小さいときから成長して結婚出産などのときも、相談できる家族がいなかったのが辛かったとのことです。
フィリピンで亡くなったご家族のことで、民間人被害者の会に参加されています。

今は干した大根を売ったり、近くの基地で働かれたり、元気に動いていらっしゃるようです。

写真は帰りのバスを途中下車して寄った、屋嘉収容所跡の碑です。
民間人の収容所とともに、兵士の収容所もあったエリアなのです。
沖縄キャラバン2017、3日目、3月25日(土)の日程です。

◆◆3月25日(土)◆◆

●メンバーA
 メンバーG
午後
訪問地:那覇市
体験:沖縄戦

●メンバーB
午前
訪問地:金武町
体験:南洋戦

●メンバーC
午前
訪問地:豊見城市
体験:沖縄戦

午後
訪問地:沖縄市

●メンバーD
 メンバーE
午前
訪問地:恩納村
体験:南洋戦

午後
訪問地:嘉手納町
体験:南洋戦

決定版から少々変更ありました。
今日も宜しくお願いいたします。

沖縄キャラバン2017、2日目3月24日(金)の様子です。
メンバーBとGです。

午前の方はサイパンでの体験。
両親を亡くされ、弟さんとも帰国が分かれ、一人で沖縄の遠い親戚に預けられた孤児の方。
只働きで学校にも十分通えず、並々ならぬ努力で就職したり商売をしたりで生きてこられた体験でした。
サイパンで病気になったため遅れて病院船で帰った弟さんは、孤児院に入り、高校まで出ることができたのと対照的でした。
そうしたことも知らず、選べないのが、また、孤児の立場の弱さであるようです。

午後の方は沖縄戦の体験者の方。
首里で祖父母と暮らしていて、南部へ避難するのがその地域で最後となり。
摩文仁にたどり着いたところで、戦車の攻撃に遇いおばあさんが即死。ご自身とお祖父さんもケガをして、その場で米軍に収容され、宜野座のほうへ。
そこでお祖父さんと分かれてから、お祖父さんは行方不明に。
首里のほう出身の女子学徒と一緒に1年ほど暮らしていると、南洋にいた顔も知らなかったお父さんが迎えに来て、義母やその子供と一緒に暮らすことになって、普通の生活を取り戻したそうです。
年の近い叔父さんと、お祖母さんが亡くなったところを訪ねると、そのときのまま骨が残っており、空き缶に拾って帰れたとのこと。
戦時のことは怖かったので、内に秘めて語りたくなかったそうで、民間人被害者の訴訟が始まってから、ようやく話し始めたとのことでした。
孤児になった人は大変だったはず、と話されたところで、午前の方を思い出しました。

幼くして保護者を失った方々の苦難を改めて感じる一日でした。

写真は、取材を終えて今いるメンバー全員で食事の後、夜中に訪れた波之上宮です。
いいかげんちょっとは沖縄らしい写真を、と思ったのですが、イマイチわかりませんね…
沖縄キャラバン2日目、3月24日(金)の日程です。

◆◆3月24日(金)◆◆

●メンバーA
午前
訪問地:沖縄市
体験:沖縄戦
午後
訪問地:うるま市
体験:沖縄戦

●メンバーB
午前
訪問地:那覇市
体験:南洋戦
午後
訪問地:那覇市
体験:沖縄戦

●メンバーC
午前
訪問地:那覇市
体験:沖縄戦

午後
訪問地:那覇市
体験:沖縄戦

●メンバーG
メンバーBまたはCと一緒に行動

今日も宜しくお願いいたします。