FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
昨日掲載した9月の浅草茶話会のふり返りについて少々。
「体験談を聞いた後参加者同士が話しをし合って深める時間が欲しい」という意見について、テーブルを限定してそういう場を持つ方向というのが出ています。
全てのテーブルで行うのは無理なので、できるところから始めてみるということです。

今でも、約1時間で一度締めて、あとはしばらくフリーで、ということになっています。
次の茶話会が始まるまで、体験者の方とお話を続けるという場合がほとんどです。最後の回は、閉めるギリギリまで続いているテーブルもあります。
そういうことも、各日2回目の時間は、最後の回との間の時間が少ないので、現実的に難しいです。
その辺は織り込み済みで、全てのテーブルでやるのは不可能というのは、そういう事情も含みます。
それを除いても、いきなり全体でそういう時間を持ちましょうというのは難しいと思われます。

ということで、何度も茶話会を経験して慣れていらっしゃる体験者の方のテーブルを、メインの茶話会タイムの後で実験的にお互いの意見を言い合える場として開いてみようという話になったわけです。
通常通りの茶話会を行った後の時間。
慣れた体験者の方のテーブルなのは、お話の内容もだいたい安定していて、よくわかっているからというのがあります。
メインの茶話会の時間も、慣れていない方の場合は場の組み立てなどもスタッフが行っています。ときには、思想信条的な部分でぶつかりそうな状況を押さえるということも必要になります。
その辺をうまく流せることが必要となってくるともいえます。
もちろん、多様な考え方があり、それが出てくるのを排除するものではないのですが、どのくらいそれが出てくるものかなどわからない状況で、いきなり初めての方の回で行うというのはさすがに無謀と考えます。
保存の会のこともよくご存じの方なら、様々な状況を余裕をもって受け止めることができるだろうと信頼しています。

そういうわけで、お世話になっている体験者の方には、さらにお世話になってしまうということになりがちなのですが。
しょうがないなあ、と言いながら状況を楽しんでいただけるのも確かです。
そういうところは、やっぱり体験者の方あっての保存の会です。
スポンサーサイト
今週末の拡大事務局会議に向けて、9月の浅草茶話会の振り返りのまとめが、保存の会事務局から改めてメーリングリストに流されました。
基本的に会議参加者向けですが、特に機密事項はないと思われるので、掲載したいと思います。

◆◆◆

皆様へ

ご報告が大変遅れていましたが、次週の会議の叩き台とする上でも
先月の浅草茶話会の振り返りの内容からご紹介をしておきます。

〇参加者 延べ約700名
 前回よりさらに来場者が若くなっているのでは? とは言われています
 リピーター率は大変高く、初日は59%がこれまでに会と何らかの関りがあった方
 マスコミなどに出た2日目以降は3分の1がリピーターでした
 新規の方は、30代まではSNSで、50代以降は新聞で
 チラシは予想以上に若い方も含め全世代に効果がありました

〇茶話会の課題
ベースとしてリピーター率の高さにも見えるとおり、大変喜ばれ満足されている
という前提の上でですが

・運営としては、質問中心の進行になるケースや 質問がマニアックな内容に
 偏っているケース、進行スタッフの質問量へのご意見がアンケートにありました。
 また話し手の戦争体験以外の話への脱線をもっと容認するべきではとの
 アンケートもありました。
・これは感じ方が色々なので変えたら変えたで異論はありそうですが、
 スタッフ不足でスタッフが本当に付きっ切りになれていないことによって
 生じている場合も多く、いかにスタッフを増やすかという事が主要課題とも言えます。

・またスタッフ不足は、お客さんの中にいる体験者を拾い切れていない
 自分の活動や表現媒体を持っているお客さんと会話が出来ていない
 といった勿体ないことにもなっています。 
・特に運転のできるスタッフをいかに増やすかはポイントで
 今回も移動手段さえあれば出席出来た体験者の方がおられ、
 今後ますます必要性が高まるだろうことから、ペーパードライバーの
 スタッフが運転訓練をするような可能性まで話題としては出ました。

〇戦場体験者が遺す「モノ」の展示会
・今回は約190点を展示しました。特に絵画は高い反響がありました
・体験のない戦死者の遺品や、モノだけ増えても伝わるのかという
 不安視はあり、説明を増やすと益々読む量が増えて難しいところですが
 モノの量でもの珍しさを脱して時代を実感させる圧も高まるだろうと
 とにかくモノは積極的にどんどん集めようということに

〇次回に向けての提案から
・外国人や家族の話も聞きたい、体験談を聞いた後参加者同士が話しを
 し合って深める時間が欲しいとのアンケートがありました。後者については
 第3回目の後、体験者を選んでそういうテーブルを作ってみてはとなりました
・同様に他の来場者の感じ方を知る仕組みとなるよう、感想を書くノートだとか
 小さな紙を貼っていくボード、あるいは七夕の短冊的なものを用意しようと
 いうことに
・以前の様なペースや詳細さで話せなくなっておられる体験者の方々も
 おられるのですが、以前の証言映像と生のお話を組み合わせた進行の
 提案があり、お話し手を選んで試してみようかと。
・戦後世代による展示発表コーナーを作ってはとのアンケートがありました
 書いた方は若い方に関心を持ってもらうために参加出来る展示をという
 主旨の様でした。
 実際に展示できるレベルや量のものがどれだけあるかはともかく
 祖父の戦争体験を調べる、慰霊の旅の報告などはあってもいいし
 今回「利根資料館」「フィリピン日系人リーガルサポートセンター」による
 展示は反響も多く、つうしんに書いてみるなど今後の検討事項となりました

四国キャラバンを組み立てながら、事務局メンバーが、もっと早く当たっておけば、と言っていました。
体験者の方を探すのに、新聞記事などを当たっているのですが、話を聞きたいと思っていた方が、昨年亡くなっているのを知った、というようなことが、一度ならずあったようです。
最近のものからさかのぼってみているのでしょうが、3年前なら新聞に投稿できた方が、今はもういらっしゃらない、というのを突き付けられるとやはりショックを受けるもので。
とはいえ、この3年程のイベントとその準備の合間をぬって、どこかに時間を空けることができたのかというと、なかなか難しいです。
どのイベントも、全力を尽くさなければならないものだったので。

スタッフがいればいいのかといえば、結局いたらいたでイベントを手伝ってもらうのでいっぱいいっぱいだと思います。
現在、スタッフが足りないままでイベントを強行(といってもよさそうです)している状況なので。
結局は、どこに全力を尽くすのか、ということになるのかもしれません。
今年から、再びキャラバンに全力を尽くそうということになっていますが、モノ集めにも本腰を入れることになったし、体験者の方に集まっていただくイベントも待ったはかけられない状況です。
一度やってみて感触のつかめたことに関しては、ある程度前のままでいく、などという選択肢があるのかどうか。

いずれにしても、聞き取りは保存の会の本分ですので、これからまた力を入れていくことになると思います。
後悔はしてもしきれない以上、これからを見るしかないのです。
これからの出会いを生かしていくことに全力を尽くす、ということなのでしょうね。
保存の会メーリングリストに、事務局からの告知が流れましたので、転載します。

◆◆◆

皆様へ

来週の週末は拡大事務局会議なのでご案内いたします。
今回はイベントなど差し迫った議題が無い分
年内の聞き取り予定の相談のほかは
来年(度)や今後の活動について、すぐに実現できるものから
少し広めなアイデアまでざっくばらんにご相談してみたいと思います。

特に来年GW、平成が終わる前後の10日間に及ぶと言われる連休の
使い方や、次回の茶話会はいつ頃に設定するのかなど
アイデアをお待ちしています。

【日時】11月18日(日)13時半~ 2時間強
【会場】戦場体験放映保存の会 事務所
【議題】浅草茶話会の振り返りなど
11月3連休の四国キャラバン、昨日書いたらさっそく事務局から追加情報が来ました。
香川県の体験者の方がいらっしゃったので、22日の入りを早めて聞き取りを入れることにしたということです。

11月22日(木)
訪問地:香川県山豊市
午後
体験者の方
◎善通寺の部隊に入隊。1943年春 ニューギニアの野戦病院へ。

11月23日(金)
訪問地:高知県高知市
午前
体験者の方
◎昭和17年入隊、第20軍司令部で中国に。

11月24日(土)
訪問地:徳島県阿波市
体験者の方
午前
◎女性。大阪市電の運転手として大阪空襲を経験
午後
◎南満州鉄道勤務、現地召集~シベリア抑留

25日はこれから新たな体験者の方が見つかれば聞き取りを考えますが、そうでなければ、24日の夜に夜行バスで帰京の予定。