FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
「沖縄戦体験者と出会えるWEB茶話会」では、元なごらん学徒隊の上原米子さんにお話をしていただくことができました。
茶話会の最後のほうで、ご家族が講演をされた日の上原さんの様子を話されていました。
修学旅行生などへの講演を行った後、上原さんはかなり消耗され、3日ほどは疲れが抜けなくなっているとのことです。
今回、コロナで沖縄への修学旅行が軒並み中止となり、話をできる体力が残っていたおかげで、WEB茶話会を受けていただくことができたのでした。
WEBなら楽、といえるものではなく。もしかしたらこれで最後にするかもしれない、と思いながらお話されています。ご家族の心配はさらに大きいところ、ご協力いただいたのは、本当にありがたいことでした。

一方で、話はできるけれども、移動が難しい方の場合は、WEB形式ならば、という面が強くなります。
ご自宅や近所まで伺えば話していただけるという状況は、今後まだ続くでしょう。
体験を話すことには、かなりのエネルギーが必要で、それだけに、話している間は、エネルギーを集中しているため、お元気になられる体験者の方もいらっしゃいます。
後で疲れが出ることも多いので、聞き手側が注意を払う必要がありますが。
聞きたい人たちの存在で元気になるということもありそうです。

いつも浅草などに来てくださっている方も、コロナがなくてもそろそろ出てくるのは難しいとおっしゃるようになっていました。
WEB茶話会なら、もう少し、体験者の方と出会える期限が伸びると思われます。
出来る限り伝え続けたいと思われる方がそうできるように。
機会をつくっていきたいものです。

現状、WEB会議をつなぐことができて、体験者の方のサポートができる、かつそこへ行けるというスタッフは非常に限られています。ほぼ2~3人です。
お一人のところに年に何度も伺うことはおろか、一度も伺えない方も出てきます。
ギリギリまで声を届ける、というより、本当にギリギリと言えます。

ご家族、ご近所さんなど、強力してくださる方のすそ野を広げる必要があるのだろうなと思います。
もちろん、ボランティアスタッフはいつでも募集しております。
スポンサーサイト



今後もWEB茶話会を展開していく予定です。
技術的な面などは随時改善していくことになります。
茶話会の手順とウェビナー(ZOOM)に関するマニュアルを、申し込みサイトに表示することを考えています。

ここで気になったのが、参加者それぞれが使用する端末についてです。
ネット環境というのもありますが、使うのがパソコンかスマホかタブレットかで、表示や機能に違いがありますし、マイクロソフト系かアップル系かでもけっこう違うようです。
私は沖縄戦茶話会の時は、パソコンとタブレットを同時使用して参加しました。どちらも言えのwifi使用です。
タブレットのほうは、どうもパネリストの画面のサイズを変えることができないようでした。参加者一覧も表示されなかったのですが、これはタブレットだからなのか、パソコンのほうは共同ホスト権限がついていたから表示されていたのか、よくわかりません。
ZOOMのマニュアルを紐解けば、わかることかもしれませんので、調べてみようかとは思っています。

「会議室」に入れない、音が出ない、発言しても声が出ない(マイクが反応しない)、などのトラブルは、使用している端末の機種特有の問題の場合もあれば、設定の問題もあるようです。
イベント終了後のアンケートでまとめて取るのは、項目が多くややこしくなるため、アンケートの回答自体が少なくなりそうで得策ではないと思いますが。
任意で、茶話会参加中の状態がどうだったか答えてもらうアンケートをやってもいいのかもしれません。
使用した端末の種類(細かい機種名までは聞かないとして、パソコン・スマホ・タブレットのどれか、アンドロイドかiPhoneかぐらい)を選んでもらい、画面の状態はどうだったかも図解して選んでもらって、そのほか音声や映像の質など書いてもらうと、傾向がわかりそうな気がします。

実のところは、それをどこまで主催者がやるべきなのかはよくわかりません。
私などは、だいたいは、やりたいこと、欲しい情報のためなら、自分で調べるのを基本にして動いているので、本来はそういうものである気もします。
が、実際のところは、誰もが一人で問題を解決してWEB会議に参加できるわけではなく。私も、よくわからないところはあります。会議なら気にならなくても、イベントだとどうすればいいのかわからない場合もありますし。

なので、WEB茶話会に参加される方には、WEB茶話会というシステムを育てていくことにもいくらか参加していただけたらいいのだろうかと思った次第です。
途中でトラブルが起きたけれどもこうしたら直った、というような情報など、共有できるとよさそうです。

実際、そういうアンケートをするのかどうかは、「戦場体験史料館・電子版」の管理をしているメンバー、WEB会議のホストメンバーが、必要と思うかどうかによると思います。
それでもまあ、当ブログで、自分の数少ないWEB会議参加の経験からわかったことなどを書きつつ、聞いてみたいことを書くこともあるかもしれません。

積み重ねて、ゆくゆくはWEB聞き取りができるようになればいいなあ、などと思っています。
「沖縄戦体験者と出会えるWEB茶話会」をやってみて、アンケート結果と見比べつつ、先日の会議でも出た話です。
WEB茶話会への参加の仕方を分けるのがいいのではないかと、検討を始めました。
リアルタイムで質問・発言できるパネリスト枠での参加と、視聴するだけの参加と、2つに分けるということです。
この場合、質問・発言は、マイクを通して行います。(おそらくカメラは任意)
チャットやQ&Aでの質問は、パネリストから質問が出ない場合を除き、その場では拾わないことになります。
最初は視聴のみで参加していて、質問があれば挙手をしてパネリストに上がってくることは可能になるでしょうか。

先日の会議までの時点で最も有力な案です。
まだ、これでいくと決まったわけではありません。また、イベントごとに変わる可能性もあります。

沖縄戦WEB茶話会で、チャットやQ&Aを使う形は、質問・意見が出やすいことがわかりました。これが気軽な形なのだと思われます。
運営する側としても、たくさんの質問をこなすことができる面はあります。
が、本当に質問を読み上げることに終始することになり、とにかく質問をさばく、というかんじになっています。さばききれないこともあります。
また、WEB会議の画面上に参加者の姿が見えないと、話し手である体験者の方が話しにくいというのが大きな問題です。
司会者は画面上に映るとはいえ、体験者の方にしてみると、誰かに向かって話しているのをなかなか感じられないため、「語り掛ける」ということが難しいのです。
それで、スタッフを中心に、体験者の方の目線の先に顔が映るようにしていました。
体験者の方だけを見たいという向きもありますが、その場合は、それぞれの方のお手元で表示を調整していただくようにお願いしたいです。
質疑応答に参加したい方は、この映像をつくること自体に参加するということを前提にしていただく。
視聴のみの方は、パネリストまで含めた「茶話会」がこの企画であり、映像となっていることをご理解いただく。
という方向を考えています。

体験者の方と「出会える」茶話会ですので、体験者の方にも、参加者と出会っていただくことが大事なのです。
できるだけ、リアルで行う「茶話会」を再現したいところです。

事前申し込み制ということで、範囲の区切られた場を作っていますし、申し込みをする名前はハンドルネーム可とすることで、プライバシーに一定の配慮をしています。
今後も試行錯誤していく部分だと思いますが、今のところの方向性としてはこうなっているということをお伝えしておきます。
昨日の会議ではそれほど詳しく話が出ていませんでしたが、「沖縄戦体験者と出会えるWEB茶話会」の配信を担っていたメンバーは、かなり大変だったらしいです。
私はそこ以外の場所で、ネットのバックアップをする役割でした。(上原さんの側のネットが途切れなければWEB会議ルームを維持できるように、保険をかけてありました)

1日目の金城さんの茶話会のときは、金城さん宅に向かう間も、ZOOMの導入の仕方がわからないといったような問い合わせの電話が立て続けにかかってきていたそうです。
2日目も、東京会場で映像を流す準備をしている間まで、そういうことがあったとか。
幸か不幸か、配信するメンバーは、その方面の専門家に近いので、ZOOMのコールセンターかというほど丁寧に説明しており。
そばにいたメンバーは、かなりハラハラしていたということでした。
なお、そばにいたメンバーの電話の番号がイベントの問合せ窓口になっていたので、説明していた間、別の問い合わせの電話がつながらないということもあったかもしれません。

2日目は、東京会場で、お客さんの受付をするのに、コロナ対策で相当気を遣っていました。
取材が入ったので、その対応も加わり、配信自体の準備がギリギリになっていたということです。

本番中も、会議システムの操作をするのと質問をさばくのに必死で、司会はお話が頭に入ってこない状況になっていたようで、東京会場に集まった方々にも質問を振りつつも、かなり緊迫した空気が漂っていたと、そこにいたスタッフは感じていたそうでした。

別の場所で参加していると、そこまでの修羅場になっていたようには見えなかったのですが、実際に人の集まる会場を開けてそこから中継するのは、かなり負担がかかるのが身に染みることになりました。
ネットワークをどのように組むか、役割分担をどうするか、サポートをどうするか、などなど、多くの課題が見えました。
それもやってみてわかることです。

今後、そういった課題に向かい合いつつ、イベントを繰り返して前進していくことになります。
当ブログでは、その辺りの悪戦苦闘も実況する方向です。
3日間に体験者の方が40人ぐらい(のべではなく)お話をされるような茶話会ができないとなると、定期的にイベントを行う方に動かざるを得ず。
回数を重ねてよりよい形を作っていくという旅が、これから新たに始まるのだと思います。
本日7月5日(日)、拡大事務局会議を行いました。
アンケート結果を見ながら、先週の「沖縄戦体験者と出会えるWEB茶話会」の振り返り中心に。
アンケート結果はおおむね好評でした。途中音声が途切れたり、もともとの音質がよくなかったりといった辺りが、不満な点のほとんどを占めていました。
主催者側は、体験者の方、配信者両方の環境が整っている必要があります。また、視聴者側のネット環境や利用する機材の能力にもよります。
主催者側としては、できる限り通信を安定させる場所で配信できるように、会場を考えるなど試みることになりました。

ウェビナーに入れない、という問い合わせもそれなりにあったので、その方面のマニュアルは充実させていく方向です。
それ以前の、ZOOMのダウンロードなど、アプリ全般の入れ方などについてもわからない方が、どうにか参加しようとしてくださっていたので、問い合わせ内容を反映したマニュアルを、申し込みフォームの近辺に置いておくようにします。

東京会場を用意したのは、やはり相当の負担がかかったということですが、それでも、できるだけ用意したほうがよいのだろうという話になっています。
9月に浅草公会堂を押さえてあり、WEBと組み合わせてどのように使えばよりよいイベントになるか、考えていく必要があります。

いずれにしても、今後これまでのような1カ所に人を集めるイベントはできないだろうことを見越して、活動を考えていくことになります。

WEB茶話会の最初の対象と考えられる体験者の方がリストアップされていました。思いついただけ、といいつつ、かなりの人数で、これまでのような数テーブル同時展開ができない状況では、話す機会が巡ってこない体験者の方がほとんどになってしまいそうなのが危惧されます。
それで、1日1~2名の体験者の方のWEB茶話会を定期的に開催していくのが現実的だろうということになりました。
そうすると、告知する期間もあまりないので、イベント用のメルマガのようなものをつくり、イベントを行う場合それを通じて広報することになりそうです。

茶話会候補として挙がっている体験者の方々に、健康状態の他、WEB会議参加を手伝ってもらえそうなご家族や知人が近くにいらっしゃるかなど、確認してみるところから始めます。
8~9月に、沖縄戦に限らず、大戦全般の茶話会を行う予定で、これから動きます。
同じ期間に、新規の聞き取りも入れていきます。

今月中にもう一度会議を行い、分担など決めつつ、次のイベントを検討します。