FC2ブログ
あの大戦から65年。その時兵士だった方々の体験をビデオに残そう。保存の会発全国キャラバン隊の歩み。
TOPフリーエリア
65年前の私たちの戦場体験を放映保存する
元兵士の連絡所


元兵士から孫世代まで、ご連絡をお待ちしています
※質問、疑問などもお気軽にお問い合わせください
電話 03-3916-2664
※戦場体験史料館開館時間=火・木・土・日・祝日の10時~17時
FAX 03-3916-2676
e-Mail senjyou@notnet.jp
※FAX、Mailは24時間受付
住所 〒114-0023 東京都北区滝野川6-82-2
     戦場体験史料館内・元兵士の連絡所

戦場体験史料館までの道順
本日、山の手空襲から74年です。
1945(昭和20)5月25日夜間、B29 502機が東京の山の手地域に来襲し、うち470機が無差別に焼夷弾を投弾する絨毯爆撃を行いました。投下された焼夷弾は3月10日の東京大空襲の倍近い3258トン。「東京空襲の総仕上げ」とも言われるこの空襲での死者は3651人。東京大空襲よりだいぶ犠牲者が少なくなったのは、疎開が進んだためと、空襲時の行動指針が避難優先に変わったためだったようです。
赤坂・青山・中野などが標的になり、特に表参道には死体の山ができる状況となりました。
皇居も半蔵門に被弾し、延焼により建物の半分以上が焼けました。これは、誤爆だったということです。
首相官邸もこのとき焼失。
食糧不足にあえぐ大戦末期、国会議事堂周辺にも畑がつくられていたという話を見かけたことがありますが、空襲でこのあたりの建物が焼けていたため、それが可能だったのでしょうか。

日本のほうも、空襲に対して迎撃態勢を整えて臨み、この空襲の際、B29が26機、撃墜または行方不明となりました。
その損害を問題視し、空襲の際のB29の護衛が強化されたということです。

5月のこの時期には、名古屋などでも大規模な空襲が行われています。
4月1日以降、B29の攻撃が、特攻機の出撃基地であった九州に集中していたため、都市への爆撃は一時中断されていました。
その間に、米軍の配備も変わり、改めて都市空襲を行うに十分な態勢が整えられていたようです。
5月27日には、沖縄の第32軍が首里から南部への撤退を決めることになり、沖縄の日本軍は、戦闘も場当たり的に行わざるをえなくなっていきます。
本土決戦の準備のための防波堤と位置づけられる沖縄戦が、避難民を巻き込んでの南部の戦いに進んだ時期でもありますが、本土への攻撃自体を食い止めることにはなりませんでした。
スポンサーサイト
6月22日、23日に八重洲ブックセンターで開催の沖縄戦展、これまでも何度か簡単に触れてきましたが、映像パートについては、とりあえず3つテーマが立っています。
〇沖縄戦を戦った兵士
〇女子学徒隊
〇民間人の戦争被害

それぞれ、一応の担当を決めて、どういうものにするのかを考えているところです。
だいたいは、実際に聞き取りを行ったメンバーが中心になっています。

女子学徒隊については、私が担当で、昨日のようにいろいろとリアルタイムで考えています。
複数の学徒隊の体験をつかったものになる予定です。
実は、私は女子学徒隊の方の聞き取りはやったことがありません。
イベントなどでお話を聞いたことはあるぐらいで、証言映像フルバージョンは、ほとんど初見です。
それが、今回の作業をいっそう困難にしているところでもあるのですが。
一方で、映像を使った茶話会の形を一番最初にはっきりさせたのは私でした。
これは、他のメンバーとの作業量の違いによるもので、まあ、私が一番、イベント運営そのものに対する作業は少なかったので、早く形にできたということですね。
と、ちょっとぐらいアピールしておかないとやっていけないのですが、横道にそれました。

沖縄戦を戦った兵士については、体験者の方お一人の映像を扱います。
62師団の近藤一さんです。
5月の拡大事務局会議の時点では、基本的には、先日の映像を使った茶話会と同じような形になりそうでした。
担当者が司会進行役となってリクエストに応じて映像を流すというものです。
その後の経過は聞いていないので、変更もあるかもしれません。

民間人の戦争被害については、障害、孤児、PTSDなどテーマごとに体験者の方を1人ずつ選んで、それに関する部分の証言をピックアップして全体で1時間~1時間半ぐらいにまとめるかんじのようでした。
戦時中のみならず、戦後の話も入ってくることになると思われます。
これは、その1時間~1時間半映像を流しっぱなしにする形になりそうでした。

それらをどういう時間割で流すのかがまだはっきりしないので、なんとなく漠然としていますが、証言映像のいろいろな使い方が見られることになると思います。
悪戦苦闘を表面化させつつ、沖縄戦展の映像パートを考えています。
沖縄戦のタイムラインと、それぞれの方の体験証言を結びつけることができないかな、という方向で、ひとまず考えてみています。
昨日は、通勤途中で、テーマとして「学徒隊からみた沖縄戦」というかんじだろうか、と考えたのですが、あまり具体化はしていません。

先日の映像を使った茶話会で使った資料は、
1.宮城巳知子さんのパネルの縮小版
2.宮城さんの配属場所の変遷を簡単にまとめたものと映像ラインナップ
3.沖縄戦の米軍侵攻地図に宮城さんの配属場所などを示したもの
4.沖縄戦年表
の4ページ構成でした。

米軍侵攻とポイントとなる戦闘のあった場所と、宮城さんの移動経路がどうつながっているのかが伝わればというので考えた構成でした。
年表は、32軍が沖縄に創設されてから、正式な戦闘終結の調印がされるまでに起こった沖縄戦関連のことをびっしり並べて、やたら字が小さくなりました。
こちらは、戦闘と移動の状況に加えて、学徒たちが軍に配属されることになる背景を、制定された法令と結びつけて見られればということで、あえていっぱいいっぱいまで詰め込んでいます。
といいつつ、サイパン玉砕を入れなかったので、次回、同様のものをつくるのであれば、これは入れておこうと思います。

そういうわけで、沖縄戦の経過に沿った形で、女子学徒隊の証言を配置できないだろうかということを考えたのですが、どうもうまいこと結びついていないところです。

この間の会議の時点では、看護活動、学友の死、南部への撤退、解散命令などの共通テーマごとに証言を切り取って並べようかと考えたのですが、同じテーマばっかりまとまった時間見るより、1人の証言の全体がわかったほうがいいのだろうか、などとも考えて、ぶれています。
複数の学徒隊が出るのなら、同じような局面で並べるというのは普通の流れではあるのですが、1人分10分ぐらいずつだとして、最大4人ぐらいまで。となると、できるだけ違う部隊に配属された学徒を並べるのがいいのか、となります。
しかし、宮城さんの証言とのつながりを考えると、どうしても62師団配属の2つの学徒隊をそろえる必要があり。
だったら、元兵士枠がやはり62師団の方になる予定だから、いっそ62師団しばりでいくのはどうか、とも考え。
それだと、中部の戦闘とのつながりがわかりやすくはなりそうです。
今回に限ったテーマとしてはありなのだろうか、とも少し考えるところですが。

むしろ、民間人被害者枠のように、だいたいのテーマや局面で1人ずつの証言を紹介するほうが、全体としてはわかりやすいし、広がりもあるだろうか、ということで、沖縄戦のタイムラインごとに証言を配置するという方向が出てきたわけです。
正直、それが一番、今回やる作業は少ない気がします。どの局面でどの学徒隊の証言を使うのかを決めれば、その部分だけ、映像全体の何分から何分までにあるのかを調べればいいということなので。
今後何度もその映像に作業が発生するということにはなりますが、今回を乗り切りつつなんだかんだ一番わかりやすいのは、それのような気がします。
パネルにまとめたものとは違う部分を使うことになる場合もありそうですが、そのほうがお得感もある?のかもしれません。いやどうだろう?

ひとまず、そういう方向で、もう一度、パネルになった女子学徒隊全員の証言をひととおり見てわりふってみるか、というところです。
今、書いていて、多少整理がついてきたような気もします。
しかし、これでいくと、間に説明を入れた講座のような形にしたほうがいいのだろうか?とも感じてきました。
私はあんまりそういう講師役は得意ではないのですが。
ともかく、そういうかんじで、この際、映像をどう使うか悩んでいる状況を、当ブログで実況することにします。

実のところ、昨日の愚痴を書くのに、普段より時間がかかっておりまして。
日々の発信と、本番に向けての作業を両方やると生活が圧迫されるので、いっぺんにやれるようにしてみようかと、今思いました。
旅の準備を書いていくのとそう変わらないはず。
ということで、公式発表的な動きがあれば優先してお伝えしますが、この手の投稿もしばらく多くなると思われます。
すみません、本日、愚痴です。
旅は楽しいことばかりではなく、自分の意思でやっていても弱音を吐きたくなるときがあるものでして。
個人ブログなのをいいことに、ぼやきます。

沖縄戦展の証言映像パートについて、頭を悩ませています。
事務局からの要請としては、先日の茶話会で宮城巳知子さんの証言でやったようなものを、他の女子学徒隊に広げてほしいということでして。
他に、沖縄戦を戦った兵士、民間人被害者についても、何かしら映像をまとめて紹介することになっているようです。

これをやるとなると、映像を見直さなければならないのが大変でして。
特に、私はテープ起こし的なことが極端に苦手です。イベントのたびに必要に迫られてやるのですが、正直具合悪くなるレベルです。
お話を伺うの自体は、かなりエグい話でも大丈夫でして、映像を起こすのがきついのは、そういう問題ではなく。
10年ほど前、仕事の一部で、かなり耳に悪い環境で騒音と一緒にテープ起こしをしたため、実際に騒音をくらった左耳も悪くなったし、テープ起こしをしているとその状況がフラッシュバックして具合が悪くなるようになりました。
耳の方は、やや聞こえにくくなった+音に対する反応は過敏になったという状況で、摩擦音や列車の中のイヤホンの音漏れが左から聞こえると、具合と機嫌が悪くなります。(表には出しませんが)
それで、テープ起こしは、自宅でヘッドホンなしでどうにかやっています。
起こすところまでやれば、まとめるのはそれなりになんとかなっている、と思っています。実際のところ、パネルや証言映像のできは、それに初めて触れる方の評価によるので、いいのか悪いのか、自分では判断しづらいところです。

女子学徒隊の証言は、2015年の沖縄戦展のときに、分担してひととおり起こしてあるのですが、映像そのままではなく、ある程度時系列に並べられたりというものもあるようで、聞き直してどの部分が何分ごろに出てくるのかを確認する必要があります。
どこをどう使うかめどを立ててからやるのが効率的ではあるのだろうと思いつつ、実際どういう形で上映するのがいいのかで悩んでいます。
どちらにしても、映像を編集するなり、その場で利用するなりするには、一度聞きなおして、もとの形に並べなおして、NG部分(空白だったり、本当に関係ない話をしていたり)をメモしたりしておくことになります。
話しているとおりに起こされた文章があったとしても、使うにあたっては、声の大きさ、間、映像に映っているものを把握するために、一度は見直しますが。
自分がその映像を活用して1テーブル持つというのは、人前で場を仕切るのが得意ではないという以前の課題がいろいろとあるものです。
そこには、私の主観のようなものが入ってくるのも確かで、そういう面でのプレッシャーもあります。

というわけで、年々、スタッフに求められることが増えてきている保存の会ですが、得意な人がやっているというわけでもなく、かなり背伸びしまくっているというのを、ネタばらししたくなったのでした。
「できるかできないかじゃない、やるかやらないかだ」というのが、リアルにあり、できるという前提で新しいこと、大きなことをどうにかやっているのです。

保存の会のボランティアは、それぞれ得意分野と苦手分野はあって、ある程度はそれに合わせて分担しています。
もうちょっと、得意分野に特化していけたらいいんだけどもなあ、と思います。
映像パートの方向性など、今日ちょっと浮かんだことを書こうと思ったのに、なぜこんなことに。
得意分野であるはずの、情報発信を継続的に続けるという部分も、少々陰った気がします。
明日になったら、もう少し案がまとまることを願いつつ。
今度の土曜日に、東京大空襲・戦災資料センターで、山の手空襲に関するイベントが行われます。
5月25日、74年前、山の手空襲のあった当日の開催です。

5月に聞いてみよう山の手空襲と戦争の時代

【日時】5月25日(土)10:30~12:30
【場所】東京大空襲・戦災資料センター
【参加費】通常の入館料(大人300円、中高生200円、小学生以下無料)
【内容】
◆山の手空襲について(ガイダンス)
◆被弾したピアノでのコンサート(ピアニスト滝澤三枝子さん)
◆戦時中に海軍の気象技官だった増田善信さんのお話

お問い合わせ
東京大空襲・戦災資料センター
03-5857-5631
http://tokyo-sensai.net/